ゾラ『獲物の分け前』土地投機に熱狂する1850年代パリ。金と権力を求める人間劇!

エミール・ゾラとドストエフスキー

「ルーゴン・マッカール叢書」第2巻『獲物の分け前』の概要とあらすじ

『獲物の分け前』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第2巻目にあたり、1872年に出版されました。

私が読んだのは論創社出版の伊藤桂子訳の『獲物の分け前』です。

訳者あとがきにはこの小説について次のように書かれています。

第一巻『ルーゴン家の誕生』においてお互い貪りあう狩猟民族とされた一族が、あらゆる社会階層へ進出していく第一番目のエピソードである。マッカール家を踏み台にして勝利を収めたルーゴン家の三男アリステイッドがクーデタ後、故郷を飛び出し、古い街から光り輝く新しい街へ大変貌をとげるパリで暗躍するさまが語られ、大臣にまで出世する長男を描く第六巻『ウージェーヌ・ルーゴン閣下』と対をなす作である。

論創社出版 伊藤桂子訳『獲物の分け前』P353

この小説では主に第二帝政期におけるパリ大改造とそれに関わる土地投機、金融操作が小説の主題になっています。パリ大改造についてはナポレオン3世とフランス第二帝政の特徴6つをざっくりとの記事でも少し触れましたが、第二帝政期の時代を知る上で大きな出来事でありました。

では、あらすじを見ていきましょう。

物語は一八六二年晩秋、ブーローニュの森をルネと義理の息子マクシムが家路につくシーンで始まる。ルネの疼くような欲望がはっきりとした形をとり、マクシムとの道ならぬ関係へと進む。二人はオスマン計画で新しく生まれ変わったバリで常軌を逸した生活を楽しみ、片やルネの夫であり、マクシムの父親であるアリスティッドは姓をルーゴンから金の響きのするサッカールと変え、不動産の不正取引、金融操作に手を染め、妻の財産を騙しとることに無上の喜びを見出している。自らの性の選択に悩む怠惰なマクシムとおしゃれに入れあげたルネは金策に追われ、ついに夫とマクシムに共有され、捨てられる。打ちのめされたルネは実家を訪れ、セーヌ川を眺め、よきブルジョワの生活を回顧し、その一八六四年の冬、病に倒れて終わる。ゾラは回想を含め第二帝制期のパリの変貌をこの期間に圧縮し、誇張、風刺、擬人化を用いて、力強く、大胆に描ききった。光りの都を舞台としたこの「金と女」の物語は、カタストロフィックな結末を迎えるものの、男なら一度はマクシムのように、女ならルネのようにと思わせるような華やかさがある。人物、事物の造形も生き生きとしていて、光り、色、匂い、音など感覚を付与された描写は、新鮮である。

サッカールが掠め取るパリ、ルネとマクシムが遊行するパリはゾラが故郷エクス=アン=プロヴァンスから出てきたときに目にしたパリ、新しくなったパリの姿に他ならない。」

論創社出版 伊藤桂子訳『獲物の分け前』P353-354

ルーゴン家の三男アリスティッドは地方都市プラッサンから華の都パリへやって来て名前をサッカールへと変えます。金の響きのするこの名のおかげか、彼はパリ大改造の建設ブームを利用し土地の転売で莫大な金を手にします。

https://shakuryukou.com/wp-content/uploads/2020/06/Rougonmacquart.pdf

家系図では彼は左側に位置しています。

そして彼は「金」を追い求め、それを無限に増やすべく戦い続けるのです。

訳者解説によれば、この書は「ルーゴン・マッカール叢書」の中でも特に現代的なテーマを扱っていると述べています。

パリ大改造による土地投機、金融操作、新旧の時代の狭間で乱れる風紀、性、家庭の問題、これらは経済的大躍進を遂げる過程でどこにでも見られる現象であろう。バブル処理に追われる金融機関、不動産の投売り、企業の倒産は記憶に新しく、海外に目を向けると、例えば上海ではゾラが描いた大改造が目の当たりに出現する。古い建物がなぎ倒され、土煙を上げながら道路が建設され、摩天楼が聳え立ち、国際都市に変貌していく。フランス租界はイルミネーションの観光スポットと化し、街は人込みであふれ、深夜まで騒々しく活気がある。その一方で貧しい人々はわずかに残された片隅で生活を余儀なくされ、そこにも開発の波は押し寄せつつある。古い街並みを懐かしむ人も多く、開発が国家主導で行われ、企業が集中し、投機熱が市民をも巻き込むといった構図が、ゾラの描く第二帝制期を彷彿とさせる。

論創社出版 伊藤桂子訳『獲物の分け前』P354

この小説では訳者が述べますように「金」とそれにまつわる問題が描かれています。

この小説では「金」と「投機熱」、「贅沢」、「色欲」の悲惨が描かれているのです。

感想―ドストエフスキー的見地から

『獲物の分け前』では「金と権力」に飢えたルーゴン家の3男アリスティッドがパリ大改造という獲物を嗅ぎ付け、分け前を俺にも寄こせとパリで奮闘する物語です。

露骨なまでの金儲けです。しかもそれはギャンブルのごとく、あっという間に巨額の金が動きます。

そしてそのように金を稼ぎ続けるには、金が無尽蔵にあるように見せなければならないというのがまた興味深いところでした。はったりと言いますか、金回りがいい人物だと周りに思わせておかないと信用が失われてしまい、結局失脚してしまうのです。

つまり、金はたくさん持っているのにいつも貧乏しているという奇妙な状況に陥っているのです。

そしてサッカールは勝ち続けるために自分の妻も息子も利用します。金になるのなら妻も息子も利用し売り払ってしまうような男なのです。

私がこの小説で最も印象に残ったシーンはまさしく絶世の美女である妻ルネ(下の引用ではサッカール夫人)を利用し、自らの繁栄を知らしめようとしていた場面でした。少し長いですが引用します。

翌日閣僚の舞踏会で麗しのサッカール夫人はすばらしかった。(中略)豪勢なばら色のファイユのドレスをまとい、白い高級レースで縁取りをしたルイ一四世様式の長い引き裾で広間を通ると、ため息がもれ、男性たちは彼女を見ようと押し寄せた。そうして親友たちは示し合わせたように控え目な笑みを浮かべてお辞儀をし、公式のパリ名士連の覚えめでたく、かつ帝国の大黒柱でもある美しい肩を褒め称えた。彼女は人々の眼差しをものともせず胸や肩を露わにして、裸同然ながらかくも落ち着いて優雅に進んだので、もはやほとんど淫らな感じはしなかった。ウージェーヌ・ルーゴンは偉大な政治家で、このようにはだけた胸元こそものを言うのだ、自分の立法院議会における発言など足許にも及ばぬ、はるかに甘美で説得力があり、疑い深い連中に統治の醍醐味を満喫させ、考え方を改めさせるに、これに勝るものなしと考えていたので、自ら義妹を出迎え、指二本の幅だけ余分に胴衣の胸あきを深くくったこの場にふさわしい大胆な裁断を称賛した。

論創社出版 伊藤桂子訳『獲物の分け前』P194

なぜ強い者の横には美人がいるのか。これほどシンプルに解き明かした説明に私は未だお目にかかったことはありません。

ウージェーヌ・ルーゴンはサッカールの兄です。彼はルーゴン家の長男でこの頃にはすでにパリで政治家として頭角を現し、一番の出世頭でした。

その政治能力に長けたウージェーヌが絶世の美女の存在を「 自分の立法院議会における発言など足許にも及ばぬ、はるかに甘美で説得力があり、疑い深い連中に統治の醍醐味を満喫させ、考え方を改めさせるに、これに勝るものなし 」と言うのです。

反対勢力にいくら言葉を尽くしても相手は納得しません。

だからこそ「私に従えばあなたも同じものを手に入れられるのですよ」と、絶世の美女を見せつけるのです。

なんて露骨な手段だろうと嫌悪を覚える方もおられるかもしれません。

ですが思い出してください。ゾラはこうして私たちに現実の悲惨をありのままに思い知らせるのです。

現実がいかにひどいものであるか、そしてそれをあなたはどう思うのか。ゾラが描く世界はそれを私たちに突き付けるのです。

サッカールは莫大な金を得るために妻を利用し、自分がそれに見合う男であることをこうして周囲に示したのです。「私には美人の妻がいる。羨ましいだろう?私に従えばあなたもそうなれるのだよ」と彼は暗黙のメッセージを送るのです。

金と欲望を中心にしたフランス第二帝政期を象徴するようなエピソードでした。

ドストエフスキーはこのような拝金主義を批判しています。金ですべてを計算し、金さえあればすべてが許される。そういった世界に彼は嫌悪の念を示しています。

第二帝政期のお金や男女の欲望の姿を知るにはとても良い参考書になりました。

以上、「ゾラ『獲物の分け前』土地投機に熱狂する1850年代パリ。金と権力を求める人間劇!」でした。

次の記事はこちら↓

関連記事

HOME