チェーホフとドストエフスキー

チェーホフとドストエフスキー

本当にいい本とは何かー時代を経ても生き残る名作が古典になる~チェーホフとエミール・ゾラのすごみ

今こそチェーホフとゾラを読もう!―時代と世の中の仕組みを冷静に見る視点 これまで当ブログではおよそ1カ月にわたってチェーホフについてご紹介してきました。 ドストエフスキーを学ぶ上では必須という作家ではないチェーホフをここ…

チェーホフとドストエフスキー

チェーホフ『僧正』あらすじ解説―幼い頃の幸福な思い出~僧正と母の再会・死別を描いた感動作

チェーホフ『僧正』あらすじ解説―幼い頃の幸福な思い出~僧正と母の再会・死別を描いた感動作 『僧正』は1901年にチェーホフによって発表された作品です。 私が読んだのは中央公論社、神西清、池田健太郎、原卓也訳『チェーホフ全…