チェーホフとドストエフスキー

チェーホフとドストエフスキー

本当にいい本とは何かー時代を経ても生き残る名作が古典になる~チェーホフとエミール・ゾラのすごみ

今こそチェーホフとゾラを読もう!―時代と世の中の仕組みを冷静に見る視点 これまで当ブログではおよそ1カ月にわたってチェーホフについてご紹介してきました。 ドストエフスキーを学ぶ上では必須という作家ではないチェーホフをここ…

チェーホフとドストエフスキー

チェーホフ『桜の園』あらすじ解説―チェーホフ最晩年の名作劇

個人的な感想ですが『桜の園』は四大劇の中では一番読みやすく、印象に残った作品でした。

時代に取り残されていくのんきな田舎貴族と、現実的な商人ロパーヒンの対比はチェーホフの力量がまさに遺憾なく発揮されています。

本を読んでいても独特な間と余韻が感じられます。もしこれを劇で観れたとしたらどれほどのインパクトを受けるだろうかと思ってしまいました。

チェーホフとドストエフスキー

チェーホフ『ワーニャ伯父さん』あらすじ解説―ゴーリキーが号泣した劇作品

この劇は『かもめ』というロシア演劇界に革命を起こした作品を経てさらに円熟した作劇が光る作品となっています。

この作品の大きなテーマは「絶望から忍耐へ」です。

この作品を見たゴーリキーは感動して号泣してしまったと言われています。

この記事ではそんな『ワーニャ伯父さん』についてお話ししていきます。

チェーホフとドストエフスキー

チェーホフ『僧正』あらすじ解説―幼い頃の幸福な思い出~僧正と母の再会・死別を描いた感動作

チェーホフ『僧正』あらすじ解説―幼い頃の幸福な思い出~僧正と母の再会・死別を描いた感動作 『僧正』は1901年にチェーホフによって発表された作品です。 私が読んだのは中央公論社、神西清、池田健太郎、原卓也訳『チェーホフ全…