ドストエフスキー資料データベース

ドストエフスキー論

クドリャフツェフ『革命か神か―ドストエフスキーの世界観―』ソ連的ドストエフスキー像を知るならこの1冊

ソ連的ドストエフスキー像を知るならこの1冊!佐藤清郎訳クドリャフツェフ『革命か神か―ドストエフスキーの世界観―』 今回ご紹介する新潮社、クドリャフツェフ『革命か神か―ドストエフスキーの世界観―』は私のブログでもお馴染みに…

ドストエフスキーとキリスト教

ドストエフスキーは無神論者で革命家?ドストエフスキーへの誤解について考える『ロシア正教古儀式派の歴史と文化』を読んで

はじめに ロシア正教の教義や歴史を学ぶ上で避けて通れないのが古儀式派(分離派)と呼ばれる存在です。この分離派はロシア語で「ラスコーリニキ」といいます。 「ラスコーリニキ」といえばもしかするとピンとくる方もおられるかもしれ…

ドストエフスキー作品

『カラマーゾフの兄弟』あらすじ解説―ドストエフスキーの最高傑作!人は何を糧にして生きるのか!神とは?人生とは?

ドストエフスキー最後の大作『カラマーゾフの兄弟』概要とあらすじ 『カラマーゾフの兄弟』は1879年から1880年に連載されたドストエフスキー最後の長編小説です。 私が読んだのは新潮社出版の原卓也訳の『カラマーゾフの兄弟』…

ドストエフスキー作品

『未成年』あらすじ解説―ドストエフスキーの隠れた名作!「私はロスチャイルドになりたいのだ」

ドストエフスキーの隠れた名作『未成年』概要とあらすじ 『未成年』は1875年に発表された長編小説です。 私が読んだのは新潮社出版の工藤精一郎訳の『未成年』です。 早速裏表紙のあらすじを見ていきましょう。 「知識人の貴族ヴ…

ドストエフスキー作品

『永遠の夫』美人妻と寝取られ亭主、不倫男の奇妙な三角関係 後期ドストエフスキーの名作中編小説

後期ドストエフスキーの名作中編小説『永遠の夫』概要とあらすじ 『永遠の夫』は1870年に発表された長編小説です。 私が読んだのは新潮社出版の千種堅訳の『永遠の夫』です。 早速裏表紙のあらすじを見ていきましょう。 生涯ただ…