ドストエフスキーとフランス

ドストエフスキーとフランス

バルザックが描く、強烈な守銭奴の父と素朴な愛を貫く高潔な娘の物語『ウージェニー・グランデ』

バルザック『ウージェニー・グランデ』の概要とあらすじ 『ウージェニー・グランデ』は1833年にフランスの文豪バルザックによって発表された小説です。 私が読んだのは講談社の高山鉄男訳の『豪華版 世界文学全集―4 バルザック…

ドストエフスキーとフランス

読んでわかった面白さ!『レ・ミゼラブル』の作者ユゴーとおすすめ作品、考察記事まとめ

『レ・ミゼラブル』の作者ユゴーとおすすめ作品、考察記事まとめ ドストエフスキーとのつながり 日本においてユゴーは『レ・ミゼラブル』で有名でありますが、フランスでは大詩人としてのユゴーの存在があり、激動のフランスを生き抜い…

ドストエフスキーとフランス

『九十三年』人間愛はすべてに勝るのか!フランス革命期の混乱を描いたユゴー渾身の名作!

人間愛はすべてに勝るのか!フランス革命期の混乱を描いたユゴー渾身の名作『九十三年』の概要、あらすじ ユゴーの『九十三年』は1874年に出版された作品です。 私が読んだのは潮出版社の辻昶訳の『九十三年』です。 早速あらすじ…

ドストエフスキーとフランス

ディズニー映画『ノートルダムの鐘』の原作 ユゴー『ノートル=ダム・ド・パリ』

ディズニー映画『ノートルダムの鐘』と劇団四季のミュージカルの原作 ユゴー『ノートル=ダム・ド・パリ』 この作品はディズニー映画やミュージカルで知っている方も多いかと思います。 ディズニー映画の『ノートルダムの鐘』はユゴー…

ドストエフスキーとフランス

長編小説を読む3つのメリット~いざ読書マッチョへ!―『レ・ミゼラブル』を読んで感じたこと

長編小説を読むメリット―レミゼを読んで感じたこと 皆さんは長編小説と言えばどのようなイメージが浮かんできますか? 古典。難しい。長い。つまらない。読むのが大変・・・などなど、あまりいいイメージが湧いてこないかもしれません…