ドストエフスキーとフランス文学

ドストエフスキーとフランス文学

ヴォルテール『寛容論』今こそ読みたい名著!狂信に対するヴォルテールの告発

ヴォルテール『寛容論』今こそ読みたい名著!狂信に対するヴォルテールの告発 前回の記事 今回ご紹介するのは1863年にヴォルテールによって発表された『寛容論』です。 私が読んだのは中公公論新社より2011年に発行された中川…

ドストエフスキーとフランス文学

ヴォルテール『カンディード』あらすじ解説~最善説への反論、ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』とのつながりも

フランス啓蒙思想家ヴォルテールの傑作!ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』とつながりも!ヴォルテール『カンディード』 前回の記事 今回ご紹介するのは1759年にヴォルテールによって発表された『カンディード』です。 私が…

ドストエフスキーとフランス文学

保苅瑞穂『ヴォルテールの世紀 精神の自由の世紀』おすすめ伝記!ヴォルテールの生涯をわかりやすく解説!

おすすめ伝記!保苅瑞穂『ヴォルテールの世紀 精神の自由の世紀』 前回の記事 今回ご紹介するのは岩波書店より2009年に発行された保苅瑞穂著『ヴォルテールの世紀 精神の自由の世紀』です。 早速この本について見ていきましょう…

ドストエフスキーとフランス文学

ジョルジュ・サンド『スピリディオン』あらすじ解説『カラマーゾフの兄弟』に決定的影響!?サンドの修道院小説

ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』に決定的影響!?ジョルジュ・サンドが描く修道院小説『スピリディオン』 私がこの本を読むことになったのは、前回紹介したジョルジュ・サンドの『ジャンヌ』がきっかけでした。 ドストエフス…

ドストエフスキーとフランス文学

バルザック『あら皮』あらすじ解説―欲望は実現するとつまらない?まるで仏教説話!

バルザック『あら皮』の概要とあらすじ 『あら皮』は1831年にフランスの文豪バルザックによって発表された小説です。 私が読んだのは藤原書店の小倉孝誠訳の『バルザック「人間喜劇」コレクション あら皮―欲望の哲学』です。 早…

ドストエフスキーとフランス文学

バルザック『ウージェニー・グランデ』あらすじ解説―守銭奴の父と素朴な愛を貫く高潔な娘の物語

バルザック『ウージェニー・グランデ』の概要とあらすじ 『ウージェニー・グランデ』は1833年にフランスの文豪バルザックによって発表された小説です。 私が読んだのは講談社の高山鉄男訳の『豪華版 世界文学全集―4 バルザック…

ドストエフスキーとフランス文学

ユゴー『九十三年』あらすじ解説―人間愛はすべてに勝るのか!フランス革命期の混乱を描いたユゴー渾身の名作!

人間愛はすべてに勝るのか!フランス革命期の混乱を描いたユゴー渾身の名作『九十三年』の概要、あらすじ ユゴーの『九十三年』は1874年に出版された作品です。 私が読んだのは潮出版社の辻昶訳の『九十三年』です。 早速あらすじ…