ロシアの偉大な作家プーシキン・ゴーゴリ

ロシアの偉大な作家プーシキン・ゴーゴリ

ゴーゴリ『死せる魂』あらすじ解説―ロシア文学史上最高峰との呼び声高い作品

ゴーゴリ『死せる魂』あらすじ解説―ロシア文学史上最高峰との呼び声高い傑作 『死せる魂』は1842年に発表されたゴーゴリの代表作たる長編小説です。 私が読んだのは河出書房新社、中村融訳の『ゴーゴリ全集5 死せる魂第一部』で…

ロシアの偉大な作家プーシキン・ゴーゴリ

ゴーゴリ『外套』あらすじと解説―ドストエフスキー『貧しき人びと』に直結

ゴーゴリ『外套』のあらすじと解説 『外套』は1842年ゴーゴリによって発表された「ペテルブルクもの」のラストを飾る作品です。 私が読んだのは河出書房新社、横田端穂訳の『ゴーゴリ全集3 中編小説』所収の『外套』です。 早速…

ロシアの偉大な作家プーシキン・ゴーゴリ

ゴーゴリ『検察官』あらすじ解説ーロシア演劇界に衝撃をもたらした傑作

ロシア演劇界に衝撃をもたらしたゴーゴリの劇作『検察官』の概要とあらすじ 『検察官』は1836年に初演されたゴーゴリの劇作品です。 私が読んだのは河出書房新社『ゴーゴリ全集4 戯曲』所収の倉橋健訳『検察官』です。 川端香男…

ロシアの偉大な作家プーシキン・ゴーゴリ

ゴーゴリ『鼻』『狂人日記』あらすじ解説―ドストエフスキー『二重人格』に強い影響を与えた「ペテルブルクもの」の代表

『狂人日記』と『鼻』の概要とあらすじ ゴーゴリは『ネフスキイ大通り』に引き続き1835年に『狂人日記』を、1836年に『鼻』を発表しました。これら2作品も「ペテルブルクもの」の代表として知られています。 私が読んだのは河…

ロシアの偉大な作家プーシキン・ゴーゴリ

ゴーゴリ『ネフスキイ大通り』あらすじ解説~ゴーゴリの「ペテルブルクもの」の始まり

ゴーゴリ『ネフスキイ大通り』とペテルブルクもの 『ネフスキイ大通り』は1835年にゴーゴリによって発表された作品です。 私が読んだのは河出書房新社、横田端穂訳の『ゴーゴリ全集3 中編小説』所収の『ネフスキイ大通り』です。…

ロシアの偉大な作家プーシキン・ゴーゴリ

『ペスト』はカミュだけじゃない―プーシキンもペストの傑作を書いていた

『ペスト』はカミュだけじゃない―プーシキンもペストの傑作を書いていた 以前私のブログで紹介したプーシキンの小悲劇『ペスト流行時の酒もり』。 上の記事を書いていた時はあまり意識していなかったのですが、それまであまり読まれて…

ロシアの偉大な作家プーシキン・ゴーゴリ

プーシキンおすすめ作品一覧―ドストエフスキーの心の師匠!日本でマイナーなのがあまりにもったいない作家!

ドストエフスキーの心の師匠プーシキンおすすめ作品一覧―日本でマイナーなのがあまりにもったいない作家! ここまでプーシキンの作品を紹介してきましたがこの記事ではそれらを一覧にしてまとめていきたいと思います。 タイトルにもあ…

ロシアの偉大な作家プーシキン・ゴーゴリ

プーシキン作品の特徴と偉大さの秘密を解説―『スペードの女王』を題材に

なぜプーシキンはロシア人に好まれたのか。その偉大さの秘密とは。 前回の記事ではプーシキンの『スペードの女王』についてお話ししました。 今回の記事ではその『スペードの女王』を題材にプーシキン作品の特徴と、なぜプーシキンがこ…