文学

スターリンとヒトラーの虐殺・ホロコースト

フランクル『夜と霧』あらすじと感想ー生きるとは何かを問うた傑作!ドストエフスキーとのつながりも

ホロコースト・強制収容所を生き抜いた心理学者が語るーフランクル『夜と霧』 今回ご紹介するのは1947年にフランクルによって書かれた『夜と霧』です。私が読んだのは2002年にみすず書房より発行された池田香代子訳の『夜と霧 …

独ソ戦~ソ連とナチスの絶滅戦争

ワシーリー・グロスマン『万物は流転する』あらすじ解説ースターリン死後も続くソ連抑圧時代の苦悩を描く傑作小説

みすず書房、ワシーリー・グロスマン著、齋藤紘一訳『万物は流転する』 今回ご紹介するのは2013年にみすず書房より出版されたワシーリー・グロスマン著、齋藤紘一訳『万物は流転する』です。 著者のワシーリー・グロスマンについて…

帝政末期ロシアとドストエフスキー

ゴーリキーの代表作『どん底』あらすじ解説~どん底に生きる人々の魂の叫び

ゴーリキー『どん底』あらすじ解説~どん底に生きる人々の魂の叫び 『どん底』は1902年にゴーリキーによって書かれた劇作品です。 私が読んだのは岩波文庫、中村白葉訳の『どん底』です。 早速表紙のあらすじを見ていきましょう。…

チェーホフとドストエフスキー

本当にいい本とは何かー時代を経ても生き残る名作が古典になる~チェーホフとエミール・ゾラのすごみ

今こそチェーホフとゾラを読もう!―時代と世の中の仕組みを冷静に見る視点 これまで当ブログではおよそ1カ月にわたってチェーホフについてご紹介してきました。 ドストエフスキーを学ぶ上では必須という作家ではないチェーホフをここ…

チェーホフとドストエフスキー

チェーホフ『桜の園』あらすじ解説―チェーホフ最晩年の名作劇

個人的な感想ですが『桜の園』は四大劇の中では一番読みやすく、印象に残った作品でした。

時代に取り残されていくのんきな田舎貴族と、現実的な商人ロパーヒンの対比はチェーホフの力量がまさに遺憾なく発揮されています。

本を読んでいても独特な間と余韻が感じられます。もしこれを劇で観れたとしたらどれほどのインパクトを受けるだろうかと思ってしまいました。