イギリス・ドイツとドストエフスキー

イギリス・ドイツとドストエフスキー

ヨーロッパに激震!鉄血宰相ビスマルクと普仏戦争(1870)―エミール・ゾラとドストエフスキーへの影響

ヨーロッパに激震!鉄血宰相ビスマルクと普仏戦争―エミール・ゾラとドストエフスキーへの影響 前回の記事ではドストエフスキーに多大な影響を与えたドイツの詩人シラーの『群盗』をご紹介しました。 今回は文学作品ではないのですが、…

イギリス・ドイツとドストエフスキー

『カラマーゾフの兄弟』に強烈な影響!シラー『群盗』のあらすじとドストエフスキー

10歳のドストエフスキーが衝撃を受けた戯曲!シラー『群盗』 ドイツの詩人シラー(シルレル)の『群盗』は1781年、シラー22歳の時に完成された作品です。 私が読んだのは筑摩書房、実吉捷訳『世界文学大系18 シラー』所収の…

イギリス・ドイツとドストエフスキー

『二都物語』フランス革命期のロンドンとパリ!ディケンズ屈指の人気作!

フランス革命期のロンドン・パリを描く!ディケンズ屈指の人気作『二都物語』のあらすじと概要 『二都物語』は1859年にディケンズによって発表された作品です。 私が読んだのは新潮文庫の加賀山卓郎訳の『二都物語』です。 では早…

イギリス・ドイツとドストエフスキー

「お代わりをください」の一言が忘れられない。ディケンズ『オリヴァー・ツイスト』

オリヴァー少年の一言「お代わりをください」が忘れられない。ディケンズ『オリヴァー・ツイスト』 『オリヴァー・ツイスト』はディケンズによって1837年に発表された作品です。 私が読んだのは新潮文庫、加賀山卓郎訳の『オリヴァ…

イギリス・ドイツとドストエフスキー

19世紀イギリス版ドン・キホーテ!ディケンズ『ピクウィック・クラブ』

イギリスで空前の大ブーム!19世紀イギリス版ドン・キホーテ!ディケンズ『ピクウィック・クラブ』 『ピクウィック・クラブ』は1836年に連載が開始されたディケンズ最初の長編小説です。 私が読んだのはちくま文庫、北川悌二訳の…

イギリス・ドイツとドストエフスキー

ディケンズとドストエフスキー・キリスト教を知るならこの1冊!島田桂子『ディケンズ文学の闇と光』

ディケンズとドストエフスキーの関係 ディケンズ(1812-1870)といえば『クリスマス・キャロル』や『オリバー・ツイスト』などで有名なイギリスの文豪です。 ディケンズは1812年生まれでドストエフスキーの9歳年上に当た…