親鸞とドストエフスキー

親鸞とドストエフスキー

親鸞とドストエフスキーの驚くべき共通点~「なぜ僧侶の私がドストエフスキーを?」まとめ10記事

なぜ浄土真宗の僧侶である私がドストエフスキーを学ぶのか―まとめ10記事 親鸞とドストエフスキー。 平安末期から鎌倉時代に生きた僧侶と、片や19世紀ロシアを代表する文豪。 全く関係のなさそうな2人ですが実は重大なつながりが…

親鸞とドストエフスキー

今後のブログ更新について―なぜ今ドストエフスキーを学ぶのか。私は何をしたいのか。

今後のブログ更新について―なぜ今ドストエフスキーを学ぶのか。私は何をしたいのか。 私は今年の4月頃よりドストエフスキーについての記事を更新し続けています。 ドストエフスキーに興味のない方にとっては「???」以外の何物でも…

親鸞とドストエフスキー

小林秀雄の読書論に痺れる!こうして私はドストエフスキーを読み始めた―私とドストエフスキーの出会い⑷ 

ひとつ前の記事「世界一周の旅とドン・キホーテの理想、そしてドストエフスキーへ―私とドストエフスキーの出会い⑶」でお話ししたお寺の子供会での出来事を経て、私は世界一周記の記事を書きながら同時進行で『カラマーゾフの兄弟』を読…

親鸞とドストエフスキー

世界一周の旅とドン・キホーテの理想、そしてドストエフスキーへ―私とドストエフスキーの出会い⑶ 

前回の記事では私とドストエフスキーの出会いについてお話ししました。 当時、私は20歳の大学二年生でした。 『カラマーゾフの兄弟』の大審問官の問いは私の中に鮮烈に刻まれることになりました。 しかし、やはり私にはまだあまりに…

親鸞とドストエフスキー

『カラマーゾフの兄弟』大審問官の衝撃!宗教とは一体何なのか!私とドストエフスキーの出会い⑵

さて、ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』といえば、世界史上最高峰の文学作品と言われる傑作であります。 「大審問官の章」のお話に入る前に、新潮文庫、原卓也訳の裏表紙にあるこの小説のあらすじを見ていきましょう。 物欲の…