エミール・ゾラとドストエフスキー

エミール・ゾラとドストエフスキー

エミール・ゾラとドストエフスキーまとめ―「ルーゴン・マッカール叢書」を読んで

エミール・ゾラとドストエフスキーまとめ―「ルーゴン・マッカール叢書」を読んで ここまでおよそ30回にわたってエミール・ゾラについてお話ししてきましたが、今回でまとめに入っていきたいと思います。 ここまで何度もお話ししてき…

エミール・ゾラとドストエフスキー

ゾラとフランス印象派―セザンヌ、マネ、モネとの関係~木村泰司『印象派という革命』より

はじめに 前回までの記事では「日本ではなぜゾラはマイナーで、ドストエフスキーは人気なのか」を様々な面から考えてみましたが、今回はちょっと視点を変えてゾラとフランス印象派絵画についてお話ししていきます。 以前紹介したゾラの…

エミール・ゾラとドストエフスキー

日本ではなぜゾラはマイナーで、ドストエフスキーは人気なのか⑶―ゾラとドストエフスキーの人間観の違い・空白の有無

はじめに 前回の記事ではフランスと日本の道徳観の違いから、なぜゾラが日本でマイナーなのか、そして同時にドストエフスキーがなぜ日本で圧倒的な人気を誇るのかということも考えてみました。 今回の記事ではゾラとドストエフスキーの…

エミール・ゾラとドストエフスキー

日本ではなぜゾラはマイナーで、ドストエフスキーは人気なのか⑵―フランス人と日本人の道徳観の違いと時代背景

はじめに 前回の記事ではゾラが日本でマイナーな理由のひとつに「ゾラの小説スタイルへの誤解がある」ということをお話ししました。 ゾラはたしかに誤解されやすい作家です。 ゾラがどういう意図を持って彼独自の小説スタイルを貫いた…

エミール・ゾラとドストエフスキー

日本ではなぜゾラはマイナーで、ドストエフスキーは人気なのか⑴―ゾラへの誤解

はじめに 前回の記事ではフランスでの発行部数からゾラの人気ぶりを見ていきました。 その圧倒的な売れ行きからわかるように、ゾラはフランスを代表する作家です。 ですが、 ドストエフスキーやトルストイ、ユゴー、バルザック、ディ…

エミール・ゾラとドストエフスキー

ゾラはどれほどすごい作家だったのか―フランスでの発行部数から見るゾラの人気ぶり

はじめに 前回の記事ではゾラの小説スタイル、自然主義文学やゾラの魅力についてお話ししました。 そしてここまでゾラについて色々とお話ししてきましたが、皆さんの中にはゾラという作家を今まで知らなかったという方も多いかもしれま…

エミール・ゾラとドストエフスキー

僧侶が選ぶ!エミール・ゾラおすすめ作品5選!刺激的な人間ドラマをあなたに

はじめに 今回はゾラが20年以上の歳月をかけて完成させた20巻もある「ルーゴン・マッカール叢書」の中でも私が特におすすめしたい5作品を改めてご紹介します。 「ルーゴン・マッカール叢書」とは簡単に言えば、フランス第二帝政期…

エミール・ゾラとドストエフスキー

代表作『居酒屋』『ナナ』を含むゾラ渾身の作品群「ルーゴン・マッカール叢書」一覧

フランス文学の最高峰!代表作『居酒屋』『ナナ』を含むゾラ渾身の作品群「ルーゴン・マッカール叢書」一覧 これまで20巻にわたり「ルーゴン・マッカール叢書」をご紹介してきましたが、今回はそれらを一覧にし、それぞれどのような物…

エミール・ゾラとドストエフスキー

ゾラ『パスカル博士』ゾラ思想の総決算!ゾラは宗教や科学、人間に何を思うのか 

「ルーゴン・マッカール叢書」第20巻『パスカル博士』の概要とあらすじ 『パスカル博士』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第20巻目にあたり、1893年に出版されました。 私が読んだのは…