ドストエフスキー論

ドストエフスキー資料データベース

ドストエフスキーの青年期に着目 高橋誠一郎『ロシアの近代化と若きドストエフスキー「祖国戦争」からクリミア戦争へ』

本日は成文社出版の高橋誠一郎『ロシアの近代化と若きドストエフスキー「祖国戦争」からクリミア戦争へ』をご紹介します。 著者の高橋誠一郎氏は1949年福島県二本松生まれのロシア文学者です。 この著作の特徴は若き頃のドストエフ…

ドストエフスキー資料データベース

ドストエーフスキイの会会長によるドストエフスキー論 木下豊房『ドストエフスキー その対話的世界』

本日は成文社出版の木下豊房『ドストエフスキー その対話的世界』をご紹介します。 著者の木下豊房氏はタイトルにもありますようにドストエーフスキイの会の会長を務めておられ、1995年からは国際ドストエフスキー協会の副会長も務…

ドストエフスキー資料データベース

バルザック、ディケンズ、ドストエフスキー、比べてわかるその特徴 ツヴァイク『三人の巨匠』

本日はみすず書房出版の柴田翔、神品芳夫、小川超、渡辺健共訳、シュテファン・ツヴァイク『ツヴァイク全集8 三人の巨匠』をご紹介します。 この本の著者シュテファン・ツヴァイクは1881年にウィーン生まれ、『マリー・アントワネ…

ドストエフスキー資料データベース

ポリフォニー論はここから始まった ミハイル・バフチン『ドストエフスキーの詩学』

本日はちくま学芸文庫出版の望月哲男、鈴木淳一訳、ミハイル・バフチン『ドストエフスキーの詩学』をご紹介します。 本日ご紹介する 『ドストエフスキーの詩学』 も前回紹介したシェストフの『悲劇の哲学』と同じくドストエフスキー研…

ドストエフスキー資料データベース

ドストエフスキー思想の古典 シェストフ『悲劇の哲学 ドストイェフスキーとニーチェ』

本日は現代新潮社出版の近田友一訳、シェストフ『悲劇の哲学 ドストイェフスキーとニーチェ』をご紹介します。 この本は1903年にロシアで出版され、日本では1934年に刊行されるやいなや日本の知識人に大きな影響を与え、「シェ…

ドストエフスキー資料データベース

ドストエフスキーとキリスト教を学ぶならこの1冊!吉村善夫『ドストエフスキイ 近代精神克服の記録』

本日は新教出版社出版の吉村善夫『ドストエフスキイ 近代精神克服の記録』をご紹介します。 著者の吉村善夫は信州大学の教授を務め、主な著作に『椎名麟三論』『愛と自由について』などがあり、プロテスタント神学の大家であるカール・…

ドストエフスキー資料データベース

ソ連時代に迫害されたキリスト者による魂のドストエフスキー論 セルゲイ・フーデリ『ドストエフスキイの遺産』

本日は群像社出版の糸川紘一訳、セルゲイ・フーデリ『ドストエフスキイの遺産』をご紹介します。 この作品の著者であるセルゲイ・フーデリはこれまで紹介してきた書籍の著者とは一際異なる境遇にいた人物です。 巻末の著者紹介から引用…

ドストエフスキー資料データベース

仏文学者によるドストエフスキー論の名著 森有正『ドストエーフスキー覚書』

本日は筑摩叢書出版の森有正『ドストエーフスキー覚書』をご紹介します。(※私の手元にあるこの本は1967年出版の筑摩叢書版ですが、2012年にちくま学芸文庫から新版も出ています) 森有正は1911年生まれの日本を代表するフ…

ドストエフスキー資料データベース

批評の神様によるドストエフスキー論 小林秀雄『ドストエフスキイの生活』

本日は新潮文庫出版の小林秀雄『ドストエフスキイの生活』の生活をご紹介します。 小林秀雄は昭和に活躍した批評の神様と呼ばれた文学者です。 小林秀雄は批評の神様と呼ばれたように、日本の文学界に絶大な影響を与えました。その影響…