ドストエフスキーとキリスト教

ドストエフスキーとキリスト教

パウエル中西裕一『ギリシャ正教と聖山アトス』知られざる正教とギリシャの聖地とは

パウエル中西裕一『ギリシャ正教と聖山アトス』知られざる正教とギリシャの聖地とは 前回の記事 今回ご紹介するのは2021年に幻冬舎より出版されたパウエル中西裕一著『ギリシャ正教と聖山アトス』です。 早速この本について見てい…

ドストエフスキーとキリスト教

『ゲンロンβ63』齋須直人『「カラマーゾフの子供たち」、聖地ヴァラームへ行く』ドストエフスキーとロシア正教のディープな世界へ

ドストエフスキーとロシア正教のディープな世界へ~『ゲンロンβ63』齋須直人『「カラマーゾフの子供たち」、聖地ヴァラームへ行く』 今回ご紹介するのは株式会社ゲンロンより2021年7月に発行された『ゲンロンβ63』所収、齋須…

ドストエフスキーとキリスト教

ドストエフスキーは無神論者で革命家?ドストエフスキーへの誤解について考える『ロシア正教古儀式派の歴史と文化』を読んで

はじめに ロシア正教の教義や歴史を学ぶ上で避けて通れないのが古儀式派(分離派)と呼ばれる存在です。この分離派はロシア語で「ラスコーリニキ」といいます。 「ラスコーリニキ」といえばもしかするとピンとくる方もおられるかもしれ…

ドストエフスキーとキリスト教

ドストエフスキーとキリスト教のおすすめ参考書一覧~ドストエフスキーに興味のある方にぜひ知って頂きたいことが満載です

ドストエフスキーとキリスト教のおすすめ参考書一覧 今回の記事ではこれまで紹介してきましたドストエフスキーとキリスト教の参考書を一覧できるようにまとめてみました。 ドストエフスキーとキリスト教は切っても切れない関係です。 …

ドストエフスキーとキリスト教

P・フォーキン「ドストエフスキーの「信仰告白」からみた『カラマーゾフの兄弟』」岩波書店『思想』2020年6月号より

本日は岩波書店の雑誌『思想』2020年6月号所収の番場俊訳、P・フォーキン「ドストエフスキーの「信仰告白」からみた『カラマーゾフの兄弟』」をご紹介します。 著者のF・フォーキン氏は1965年、カリーニングラードに生まれ、…

ドストエフスキーとキリスト教

ベーリュスチン『十九世紀ロシア農村司祭の生活』19世紀ロシア正教の姿を嘆く農村司祭の悲痛な叫び

本日は中央大学出版部出版の白石治朗訳、I・S・ベーリュスチン『十九世紀ロシア農村司祭の生活』をご紹介します。 著者のI・S・ベーリュスチン(1820年頃~1890)はロシア正教の司祭の家庭に生まれ、自身も司祭職に就きまし…

ドストエフスキーとキリスト教

セルゲーイ・ボルシャコーフ『ロシアの神秘家たち』ロシアの偉大なる修道士たちの歴史

本日はあかし書房出版の古谷功訳、セルゲーイ・ボルシャコーフ『ロシアの神秘家たち』をご紹介します。 著者のセルゲーイ・ボルシャコーフは1901年サンクトペテルブルグに生まれ、1943年にオックスフォード大学で哲学博士となり…

ドストエフスキーとキリスト教

S・チェトヴェーリコフ『オープチナ修道院』『カラマーゾフの兄弟』ゾシマ長老はここから生まれた 

本日は新世社出版の安村仁訳、S・チェトヴェーリコフ『オープチナ修道院』をご紹介します。 著者のS・チェトヴェーリコフは1867年生まれのロシアの司祭で、この著作に書かれた内容はソ連による弾圧直前のもので、1926年に出版…