ドストエフスキー作品

ドストエフスキー作品

『カラマーゾフの兄弟』あらすじ解説―ドストエフスキーの最高傑作!人は何を糧にして生きるのか!神とは?人生とは?

ドストエフスキー最後の大作『カラマーゾフの兄弟』概要とあらすじ 『カラマーゾフの兄弟』は1879年から1880年に連載されたドストエフスキー最後の長編小説です。 私が読んだのは新潮社出版の原卓也訳の『カラマーゾフの兄弟』…

ドストエフスキー作品

『未成年』あらすじ解説―ドストエフスキーの隠れた名作!「私はロスチャイルドになりたいのだ」

ドストエフスキーの隠れた名作『未成年』概要とあらすじ 『未成年』は1875年に発表された長編小説です。 私が読んだのは新潮社出版の工藤精一郎訳の『未成年』です。 早速裏表紙のあらすじを見ていきましょう。 「知識人の貴族ヴ…

ドストエフスキー作品

ドストエフスキー『悪霊』あらすじ解説―革命家達の陰惨な現実を暴露したドストエフスキーの代表作

現代への予言書と呼ばれるドストエフスキー作品の最高峰『悪霊』解説、あらすじ 『悪霊』は1871年から72年にかけて連載された長編小説です。 私が読んだのは新潮社出版の江川卓訳の『悪霊』です。 『悪霊』にも色々な版がありま…