ツルゲーネフとドストエフスキー

ツルゲーネフとドストエフスキー

ツルゲーネフ『ハムレットとドン キホーテ』あらすじ解説―ツルゲーネフの文学観を知るのにおすすめ

ツルゲーネフ『ハムレットとドン キホーテ』あらすじ解説―ツルゲーネフの文学観を知るのにおすすめ 『ハムレットとドン キホーテ』は1860年にツルゲーネフによって行われた講演を論文化した作品です。 私が読んだのは岩波書店、…

ツルゲーネフとドストエフスキー

ツルゲーネフ『処女地』あらすじ解説―ドストエフスキー『悪霊』との比較に最適!

ツルゲーネフ『処女地』あらすじ解説―ドストエフスキーの『悪霊』と比較に最適! 『処女地』は1877年にツルゲーネフによって発表された長編小説です。 私が読んだのは岩波書店、湯浅芳子訳の『処女地』です。 早速表紙のあらすじ…

ツルゲーネフとドストエフスキー

ツルゲーネフ『煙』あらすじ解説―文学における芸術を知るならこの本がおすすめ!

ツルゲーネフ『煙』あらすじ解説―文学における芸術を知るならこの本がおすすめ! 『煙』は1867年にツルゲーネフによって発表された長編小説です。 私が読んだのは河出書房新社『世界文学全集9 プーシキン ツルゲーネフ』所収の…

ツルゲーネフとドストエフスキー

ツルゲーネフ『父と子』の「ニヒリスト」が生まれてきた時代背景をざっくりと

ツルゲーネフ『父と子』の「ニヒリスト」が生まれてきた時代背景をざっくりと 前の記事ではツルゲーネフの代表作『父と子』のあらすじをざっくりとご紹介しました。 「ニヒリスト」という言葉はツルゲーネフのこの作品がきっかけで生ま…

ツルゲーネフとドストエフスキー

ツルゲーネフ『その前夜』あらすじ解説―農奴解放直前のロシアを描いた長編小説

『その前夜』は1860年にツルゲーネフによって発表された長編小説です。 私が読んだのは講談社『世界文学全集―38ツルゲーネフ』所収、佐々木彰訳の『その前夜』です。 では、早速あらすじを見ていきましょう。 長編小説『その前…

ツルゲーネフとドストエフスキー

ツルゲーネフ『貴族の巣』あらすじ解説―ロシアで大絶賛されたツルゲーネフの傑作長編

ツルゲーネフ『貴族の巣』あらすじ解説―ロシアで大絶賛されたツルゲーネフの傑作長編 『貴族の巣』は1859年にツルゲーネフによって発表された長編小説です。 私が読んだのは角川書店、米川正夫訳の『貴族の巣』です。 早速あらす…

ツルゲーネフとドストエフスキー

ツルゲーネフ『ファウスト』あらすじ解説―ゲーテの『ファウスト』に影響を受けた恋愛物語

ツルゲーネフ『ファウスト』あらすじ解説―ゲーテの『ファウスト』に影響を受けた恋愛物語 『ファウスト』は1855年ツルゲーネフによって書かれた中編小説です。 私が読んだのは新潮文庫、米川正夫訳の『片恋・ファウスト』所収の『…