ツルゲーネフとドストエフスキー

ツルゲーネフとドストエフスキー

佐藤清郎『観る者と求める者 ツルゲーネフとドストエフスキー』これ1冊で両者の個性が浮き上がってきます!

佐藤清郎『観る者と求める者 ツルゲーネフとドストエフスキー』これ1冊で両者の個性が浮き上がってきます! 今回ご紹介する佐藤清郎著『観る者と求める者 ツルゲーネフとドストエフスキー』は1993年、武蔵野書房より発行されまし…

ツルゲーネフとドストエフスキー

ツルゲーネフ『ハムレットとドン キホーテ』あらすじ解説―ツルゲーネフの文学観を知るのにおすすめ

ツルゲーネフ『ハムレットとドン キホーテ』あらすじ解説―ツルゲーネフの文学観を知るのにおすすめ 『ハムレットとドン キホーテ』は1860年にツルゲーネフによって行われた講演を論文化した作品です。 私が読んだのは岩波書店、…

ツルゲーネフとドストエフスキー

ツルゲーネフ『処女地』あらすじ解説―ドストエフスキー『悪霊』との比較に最適!

ツルゲーネフ『処女地』あらすじ解説―ドストエフスキーの『悪霊』と比較に最適! 『処女地』は1877年にツルゲーネフによって発表された長編小説です。 私が読んだのは岩波書店、湯浅芳子訳の『処女地』です。 早速表紙のあらすじ…

ツルゲーネフとドストエフスキー

ツルゲーネフ『煙』あらすじ解説―文学における芸術を知るならこの本がおすすめ!

ツルゲーネフ『煙』あらすじ解説―文学における芸術を知るならこの本がおすすめ! 『煙』は1867年にツルゲーネフによって発表された長編小説です。 私が読んだのは河出書房新社『世界文学全集9 プーシキン ツルゲーネフ』所収の…