仏教コラム+α

お知らせ

【お詫び】記事のコメント欄と問い合わせフォームの不具合について

先日、コメント欄にメッセージを書き込めないというお声を頂き調査してみたところ、ホームページに不具合が発生していたようでした。

また、同時に問い合わせフォームからのご連絡も一切私の方に届いていなかったということもわかりました。

現在は復旧しておりますが、コメントやお問い合わせをして頂いた皆様、大変申し訳ございませんでした。

お知らせ

2021年11月4、5日函館市高齢者大学講座にて講演をさせて頂きました

2021年11月4、5日の2日間にわたって函館市高齢者大学講座にて講演をさせて頂きました。

今回はアウシュヴィッツ収容所を訪れた時の体験を中心にお話をさせて頂きました。

講義の前半では私が何を見て何を感じたのかということをお話し、後半は浄土真宗の開祖親鸞聖人の言葉からアウシュヴィッツという出来事を考えていきました。

お知らせ

函館市立青柳中学校にて総合学習の授業をさせて頂きました

2021年10月20日、函館市立青柳中学校、総合学習の授業にて私の世界一周の旅で訪れたアウシュヴィッツのお話をさせて頂きました。

この青柳中学校での授業は、私にとってまさに子供の教育に関わる仕事の「初陣」となりました。これから先も、私の大切な初陣としてこの日のことは忘れられないと思います。本当に嬉しい一日になりました。

僧侶の日記

川口葉子『喫茶人かく語りき 言葉で旅する喫茶店』珈琲好きにぜひおすすめしたい一冊!

これはぜひとも多くの方に読んで頂きたい一冊です。癒し効果抜群です。珈琲好きの方はもちろん、これまでなかなかそういうお店とご縁がなかった方にもぜひ読んで頂きたい1冊です。きっと喫茶店に行きたくなると思います。喫茶店への愛が詰まった名著です。ぜひぜひおすすめです!

仏教コラム

吉田謙一『法医学者の使命「人の死を生かす」ために』突然死は驚くほど私達の身近にあった

この本では、まさしく私たちがいつ死ぬかもわからない存在であること、そして実際に多くの人が毎年突然死で亡くなっているということを学ぶことになりました。コロナ禍においてこの本が果たす役割は相当大きなものがあると思います。この記事ではこの本の紹介と身近にある死について私が思う所を述べていきます。

仏教コラム

末木文美士編『死者と霊性―近代を問い直す』コロナ禍の今、死とどう向き合うか

この本はコロナ禍における今だからこそ非常に重要なものとなっています。 私たちは病や死をどう考えていけばいいのだろうか。目に見えない存在に対してどう向き合うべきなのか。科学や合理性を盲信するあまり大事なことを見失ってはいないだろうか。 そのようなことを考えさせられる1冊です。

今、私達の死生観が問われています