薩摩秀登『チェコの異端者たち』~15世紀プラハのヤン・フスによる宗教改革とは

カフカの街プラハとチェコ文学

薩摩秀登『チェコの異端者たち』~15世紀プラハのヤン・フスによる宗教改革とは

今回ご紹介するのは1998年に現代書館より発行された薩摩秀登著『プラハの異端者―中世チェコのフス派にみる宗教改革―』です。

早速この本について見ていきましょう。

宗教改革の先駆であり、一国のあらゆる階層の人々を動員した中世の一大事件・フス派運動。ローマの権威に挑み、十字軍を迎撃したプラハ市民の胸に去来したものは何か。中世を生き抜いたフス派の歴史を詳述する。

Amazon商品紹介ページより

ヤン・フスについては2019年に私がプラハを訪れた時の記事「プラハの偉人ヤン・フス~宗教改革の先駆けと免罪符 チェコ編⑧」でもお話ししました。

ヤン・フスは1517年のルターの宗教改革に先立つことおよそ100年前にプラハで宗教改革を始めた人物です。

フスについては上の記事でお話ししていますのでこの記事では詳しくはお話ししませんが、薩摩秀登著『プラハの異端者―中世チェコのフス派にみる宗教改革―』ではかなり詳しくフスの宗教改革について知ることができます。

この本ではチェコの成り立ちから、どのようにしてこの国が治められていたのかという点から解説が始まっていきます。

そしてフスが何に対し批判を述べ宗教改革が始まっていったのか、さらにはチェコの宗教事情がそこからどのように変遷していったかも解説されます。

私はこの本を読んで感じたことがありました。

それはやはり、「宗教は宗教だけにあらず」ということです。

たしかにフスは腐敗した教会のあり方に対して異を唱え、正しい信仰を求め運動を始めました。

しかしそこには国内外の政治問題、経済や文化、民族、歴史の問題などなど、あらゆるものがそれと関係しています。特にフスが異端として処刑された後にフス派として抵抗を続けていったチェコ人のグループはかなり政治的な問題をはらんでいたことがこの本では述べられます。

たしかにフス自身は純粋に信仰的な面から民衆に語りかけていたかもしれませんが、それが大きなうねりとなって広がっていったというのはやはり宗教のみならず様々な側面が混じり合ってできた反応だったからということができるかもしれません。

この本ではチェコの歴史を知る上で非常に興味深い事実をたくさん学ぶことができます。

ヤン・フスの宗教改革に興味のある方、チェコの宗教や文化、メンタリティーに関心のある方にもぜひおすすめしたい1冊です。

以上、「薩摩秀登『チェコの異端者たち』~15世紀プラハのヤン・フスによる宗教改革とは」でした。

前の記事はこちら
ハシェク『不埒な人たち』チェコの奇才ハシェクの傑作風刺短編集

関連記事
チェコ文学はカフカのみにあらず!チェコの天才作家チャペックとは!飯島周『カレル・チャペック 小さな国の大きな作家』
チャペックおすすめ作品『ロボット(R.U.R)』あらすじと感想~ロボットの語源はこの作品!衝撃の面白さ!
チャペック『絶対製造工場』あらすじと感想~氾濫する「絶対=神」が世界を崩壊させる?ドストエフスキーの大審問官とのつながり
チャペック『山椒魚戦争』あらすじと感想~山椒魚がやってくる!科学技術は人間を救うのか?傑作SF小説!
チャペック『白い病』あらすじと感想~戦争直前の世界で突如流行し始める未知の疫病!人類の命運やいかに!
カフカの代表作『変身』あらすじと感想~カフカの不思議な世界観を体感
カフカ『審判』あらすじと感想~奇妙な裁判に巻き込まれた不運な男の不条理物語
フランツ・カフカ『城』あらすじと感想~カフカ未完の傑作
海外旅行に絶対オススメ!百塔の街プラハ 世界一周記チェコ編一覧

HOME