なぜ日露戦争は勃発したのか―ウラジオストクとシベリア鉄道との関係

ドストエフスキーとロシア

はじめに

これまでの記事でロシアの歴史をざっくりと見てきたわけでありますが、日本とロシアの関係という面からはやはり日露戦争は避けては通れません。

歴史の授業でも必ず習うのがこの日露戦争であり、世界最強のバルチック艦隊を破ったという、もはや伝説のように語られる日本史上、いや世界史上の重大事件です。

ですが歴史の授業では日露戦争は海戦での勝利やその後のポーツマス条約の話などをさらっと学んで終わりとなってしまいます。

なぜこの戦争が起き、なぜ日本が大国ロシアに勝つことができ、そしてこれが世界の歴史において何を意味するのかということはほとんど学ぶ機会がありません。

ですがこの戦争の持つ意味は想像を絶するほど私たち日本人にとって大きな意味を持つ戦争だったのです。

今回の記事ではそんなロシアと日本の関係性を深くかつわかりやすく解説してくれる本をご紹介します。

神野正史『世界史劇場 日清・日露戦争はこうして起こった』ベレ出版

以前私はヨーロッパに激震!鉄血宰相ビスマルクと普仏戦争(1870)―エミール・ゾラとドストエフスキーへの影響の記事で19世紀後半の世界情勢を解説した神野正史氏の『世界史劇場 天才ビスマルクの策謀』を紹介しました。

そして今回ご紹介するのがまさしくそれに連なる時代を解説した『世界史劇場 日清・日露戦争はこうして起こった』という本です。

Amazonの本紹介では次のように紹介されています。

まるで劇を観ているような感覚で、楽しみながら歴史を“体感”できるシリーズ第2弾。なぜ日清・日露戦争が起こるに至ったのかを、世界史的視点からドラマティックに描いていきます。中国・朝鮮・日本は列強の脅威にさらされ、どのようにそれを乗り越えようとしたのか。そしてそれがもたらした結果は何であったのか?19C後半から20C初頭の東アジアの歴史をくわしく見ていきます。臨場感あふれる解説と歴史が“見える”イラストが満載で、歴史が苦手な方でもスイスイ頭に入ってくる一冊!

Amazon商品ページより

この本ではまず眠れる獅子清国がいかに繁栄しいかにして衰退していったのかが書かれ、それに伴い朝鮮や日本がどのように動いていったのかが描かれます。

その時日本はまさに幕末。外国勢力の圧力が否が応にも増し、開国か攘夷かで揺れていた時期です。

この頃の日本の混乱や、その当時の中国、朝鮮、ヨーロッパ情勢が神野先生によってわかりやすく解説されます。かなり意外な発見もありとても楽しく読むことができます。

そして神野先生はこの本の「はじめに」で次のように述べています。歴史を学ぶ上で非常に大切な視点を語ってくれていますので、少し長くなりますが全て引用します。

 「歴史」というものは、いろいろと難しい問題を孕んでいます。

 そのひとつが、歴史学の世界は「満場一致」「統一見解」など、まったくあり得ない世界だということ。

 たとえば、何かひとつの歴史事実について、ある人が「こうだ」と言えば、かならず別の誰かが「いや違う」と言い表す。

 もちろんそれは、本書に書かれた内容とて、例外ではありません。

 たとえば、本書では「西太后」という女性を「最悪の政治家」として扱っていますが、彼女を「名君」だと主張する人もいます。

 だからこそ、歴史を語る者は、なるべく自らの主観・願望を取り払うべきであり、客観的事実の積み重ねによってのみ、見解を構築せねばなりませんが、それがなかなか難しい。

 本書でも、歴史見解がなるべく偏らないように、極力”一般的な歴史見解(主流派)″を採用するよう心がけてはいますが、筆者の個人的見解を述べている箇所もありますし、また、主流派の見解だからといって、必ずしも「真実」とは限りません。

 歴史の本を読むときには、つねにこのようなことをよく理解した上で、書かれていることを鵜呑みにせずに読むことが大切です。

 そして、もうひとつの問題が、歴史を評価・判断をするときの「判断基準」。

 ほとんどの人は「”自分たちが教えられてきた価値観”こそが普遍的な絶対的に正しい判断基準」だと思いがちで、当然のようにして、それをもって歴史判断を行おうとします。

 しかし、それこそが大きな過ちであり、歴史問題をよりいっそう複雑にしています。

 価値観など、時代が変わり、社会が変わり、民族が変わり、国家が変われば、簡単に変化するもので、断じて「普遍的」でも「絶対的」でもありません。

 その時代にはその時代の「正義」があり、「常識」があり、我々現代人とは隔絶した価値観の中で人々が生きていることを理解しなけれぱなりません。

 たとえば仮に、100年後の未来において「ロボット人権」をロボットに与えるのが当たり前、という価値観の社会が生まれたとします。

 それを「絶対の普遍的価値観」だと信じる未来人が現代にやってきて、

「おいおい、この時代のヤツらは、ロボットに人権も与えてねぇのかよ?
なんて野蛮人なんだ!ロボットに謝罪しろ!慰謝料払ってやれ!」

と罵倒してきたとしたらどうでしょうか。

 100年前の人々の行動を評価・判断するとき、「100年前の価値観」に基づいて評価・判断してあげなければ、これと同じ愚を犯すことになります。

 さて。

 以上述べてまいりました2つの問題は、本書で扱っている「日清・日露戦争」のあたりを学ぶ際には、特に大きな問題となります。

 利害が複雑に絡みあい、感情的になりやすく、さまざまな歴史解釈が入り乱れ、現代人とはまったく異なる価値観の中で歴史が動いていたにもかかわらず、それを認識しにくい時代だからです。

 そこで本書の登場です。

 本書は、「敷居は低く、されど内容は高度に」というコンセプトのもと、どんな初学者の方でも容易に理解できるように、イラストを駆使して、平易な言葉で解説された「歴史入門書」でありながら、同時に、この2つの問題点に留意し、なおかつ歴史の臨場感まで伝えることを試みた「本格的歴史書」です。

 歴史に興味がある方はもちろん、今までまったく歴史に興味がなかった方にとっても、本書が、歴史を学ぶ重要性とその歓びに気づく、そのー臂となってくれることを願ってやみません。

神野正史『世界史劇場 日清・日露戦争はこうして起こった』ベレ出版 

ここで言われている歴史に対する見方というのはまさしく今私が学んでいるドストエフスキーに対してもそうですし、親鸞聖人や仏教、宗教そのものを学ぶ時にも当てはまるお話だと思います。

神野先生のお話を聞くと、つくづく「世界は複雑極まりなく、単純なものなどひとつもない」と思わされます。

また、現代の私たちの感覚で昔の人の行動や思考を判断してしまうのもついやってしまいがちなことですよね。この辺のことも私自身も気をつけなければならないなと改めて気を引き締めたのでありました。

日露戦争はなぜ起きた?

1904年に日露戦争が勃発したのは多くの人が知っている歴史的事実だと思います。

ですがなぜこのタイミングでそれが起こったのかとなると難しい。

義和団事件が中国で起こりそれがきっかけで戦争になったと歴史の教科書で習いますが、あくまでそれはきっかけに過ぎません

実際には戦争への道筋は世界全体に及ぶ国際情勢の複雑怪奇な歴史や流れによって生まれていったのです。

以前紹介した『世界史劇場 天才ビスマルクの策謀』の中で解説されていた世界情勢がまさしくそれに当たります。

19世紀後半はビスマルク体制と呼ばれるヨーロッパ内での戦争を回避するための国際関係が結ばれていました。

しかし19世紀末、ビスマルクが失脚するとあっという間にプロイセン(ドイツ)は軍拡を進め、ヨーロッパは一気に不穏な空気に包まれます。

ロシアもその流れに乗り帝国主義的な領土拡大を狙い、戦争に備えます。

そうした背景の下アヘン戦争やアロー戦争を経てもはや西欧列強の植民地となり果てていた清国をめぐって大国間のさらなるバトルが繰り広げられていたのです。

そんな大国間の争いの中ロシアはシベリア鉄道を一気に作り、アジアの覇権を狙います。

そして、その最果ての超重要拠点となったのがウラジオストクだったのです。

ウラジオストクといえば最近日本からも直行便がたくさん飛ぶようになり、最も近いヨーロッパとして非常に人気のあるロシアの観光地です。

ですが、このウラジオストクの地名の由来を皆さんはご存知でしょうか。

実はこのウラジオストク、「東を征服せよ」という意味だそうです。

「東」がどこを示すかはもうわかりますよね。

ウラジオストクは1860年に清国からロシアに割譲されました。この地は日本海に面する良港で、ロシアにとっては喉から手が出るほど欲しかった不凍港です。

ここを拠点に「東を征服せよ」という意味を込めてここをウラジオストクと呼ぶようになったそうです。

とはいえ、やはりモスクワやペテルブルクからのシベリア鉄道がまだ完成しておらず、ここに大軍を移動させてくるのは不可能。

ですがもしこれが完成してしまったら日本は一巻の終わり。日本はその圧倒的な軍事力の前になす術もありません。

だからこそシベリア鉄道が完成する前になんとかロシアと戦わなければならない。今戦わなければ国が亡びる。もう時間は残されていない!

こうして引き起こされたのが1904年の日露戦争だったのです。

『世界史劇場』ではこの辺りの顛末をもっともっと詳しく、そして臨場感たっぷりにお話ししてくれます。ものすごく面白いです。これを中高生が読んだら歴史を好きになること間違いなしだと思います。中高生だけではなく大人にとってもこれはものすごく大切なことを教えてくれる本だと思います。いや、むしろ大人が読んだ方がいいです!きっとこれまで習ってきた歴史観がひっくり返ると思います。

神野先生の『世界史劇場』はどれも素晴らしいです。このブログでもフランス革命ナポレオンについての本も紹介させて頂いています。

今回紹介した『世界史劇場 日清・日露戦争はこうして起こった』も非常に面白い本です。

今私がロシアを学んでいる関係でこのタイミングで紹介させて頂きましたが、ロシアやドストエフスキーに関係なく、日本の歴史を知る上でも非常に興味深い話を聞けますのでこの本はとてもおすすめです。

以上、「なぜ日露戦争は勃発したのか―ウラジオストクとシベリア鉄道との関係」でした。

関連記事

HOME