チェーホフ

ソ連とドストエフスキー

スターリンが生まれ育った町の驚くべき荒くれっぷりと読書家スターリンの誕生 スターリン伝を読む⑺

スターリンが生まれ育った町の驚くべき荒くれっぷりと読書家スターリンの誕生 スターリン伝を読む⑺ 「スターリン伝を読む⑹」からはサイモン・セバーグ・モンテフィオーリ著『スターリン 赤い皇帝と廷臣たち』の続編にあたります『ス…

ソ連とドストエフスキー

なぜ口の強い人には勝てないのか~毒舌と暴言を駆使するレーニン流弁論術『レーニン 権力と愛』を読む⑸

ヴィクター・セベスチェン『レーニン 権力と愛』を読む⑸ 引き続きヴィクター・セベスチェン著『レーニン 権力と愛』の中から印象に残った箇所を紹介していきます。 1891年の大飢饉とレーニンー冷酷な視線の萌芽 サマラ時代に彼…

チェーホフとドストエフスキー

本当にいい本とは何かー時代を経ても生き残る名作が古典になる~チェーホフとエミール・ゾラのすごみ

今こそチェーホフとゾラを読もう!―時代と世の中の仕組みを冷静に見る視点 これまで当ブログではおよそ1カ月にわたってチェーホフについてご紹介してきました。 ドストエフスキーを学ぶ上では必須という作家ではないチェーホフをここ…