ドブロブニクからいざ美の王国、イタリアはローマへ~クロアチア編⑥

クロアチア編

ドブロブニクからいざ美の王国、イタリアはローマへ~僧侶上田隆弘の世界一周記―クロアチア編⑥

夕暮れの城壁巡りを終え、宿へと帰っていく。

旧市街はすでに夜の雰囲気になり始めている。

夕陽に染められた教会も美しかった。

城壁の上から見るのと、下から真上に見上げるのでは同じ夕暮れの教会でもまた違った味わいがある。

歩いてきた道を振り返るとまさに日が城壁の下に沈まんとしていた。

この街は最後まで美しい景色をこれでもかと見せつけてくるようだ。

夜になってもこの界隈はおしゃれなレストランでディナーを楽しむ人やバルでお酒を楽しむ人で賑わう。

ぼくはこの旅の最中体調面の不安もありお酒は飲めなかったが、余裕があればこういうところでゆっくりとお酒を飲むのも楽しそうだなとつくづく思う。

話によると夜は夜でいたるところでコンサートやら生演奏が繰り広げられているそうで、それはそれはいい雰囲気なのだそうだ。

ドブロブニクに来られた際はぜひ、素敵な夜を過ごして頂きたいと思う。

きっと素晴らしい思い出になることだろう。

旧市街を出て横目に港を眺めながら帰っていく。

この景色ももう見納めか・・・

それにしてもこの海と港のなんたる美しさよ。

旧市街の中世の街並みとヨットハーバー。

これがこんなに絶妙な組み合わせだったとは。

ヨットハーバーを見下ろす広場にもカフェレストランが併設されている。

ぼくがしばらく広場から港を眺めていると、一組の老夫婦が近くの席に腰を下ろした。

二人は穏やかな顔つきで、その立ち振る舞いも優雅なものだった。

きっとここに二人だけのバカンスに来ているのだろう。

彼らは肩を寄せ合い美しい景色を眺めながら仲睦まじく会話を楽しんでいるようだった。

あぁ、なんと心救われる光景だろうか。

いつまでも仲睦まじい夫婦。

ありがたいものを見させていただいたなとほのぼのした気持ちでぼくは宿へと歩き出したのであった。

宿に戻り、テラスから旧市街の景色を眺める。

この街も今日で終わりか・・・

観光に使える時間がたった1日しかなかったのが悔やまれる。

ここは何日でもいられるような場所だった。

夜景も素晴らしいのがドブロブニク。

あえて旧市街から離れた東側の地区に宿を取ったのもこの夜景を見るためでもあった。

写真では伝わりにくいが、このテラスからはばっちりと旧市街の夜景を楽しむことができた。

ライトアップされたヨットハーバーや、城壁、そして教会の塔。

まるで海の上に浮かんでいるかのような幻想的な光景だった。

そして明朝6時半。

飛行機の時間のため、もう宿を出発しなければならない。

少しずつ朝日に照らされていく旧市街を眺めながら、名残惜しくも宿を出発。

次に向かうのはイタリア、ローマ。

ドブロブニクから約1時間半のフライトだ。

ヨーロッパは国と国の間が本当に近い。

日本からするとヨーロッパははるか彼方で行くのにも一苦労だが、ヨーロッパ同士ならまったくそんなことはない。

函館から東京にいくような感覚で他の国に行けてしまうのだ。

今までその辺の感覚は意識していなかったが、これも日本人と欧米人の考え方の違いに影響を与えているのかもしれないと思ってしまった。

間もなく着陸。

イタリアではとにかくバチカンに集中しようと思う。

ローマカトリックの総本山バチカン。

聖地中の聖地。しっかり目に焼き付けてこよう。

続く

次の記事はこちら↓

関連記事

HOME