鹿島茂『「レ・ミゼラブル」百六景』おすすめの最強レミゼ解説本!

『レ・ミゼラブル』とドストエフスキー

おすすめの最強レミゼ解説本!鹿島茂『「レ・ミゼラブル」百六景』

2021年の『レ・ミゼラブル』が5月末より始まりました。

やはりレミゼは素晴らしい・・・!

なかなか自由に外出できない中、映画やCD、youtubeでレミゼのミュージカルの世界に浸っています。

当ブログでもこれまでレミゼについていくつか記事を書いてきました。

ですが、あらすじやジャヴェールの記事などは書いたものの、レミゼを知るための参考書についてはまだ記事を書いていませんでした。

というわけでレミゼのミュージカルも始まったということで、これよりレミゼの参考書についてブログ記事を更新していきたいと思います。

今回ご紹介するのは文藝春秋より2012年に発行された鹿島茂著『「レ・ミゼラブル」百六景』です。

早速この本の紹介を見ていきましょう。

なぜジャン・ヴァルジャンは、パリのその街区に身を隠したのか?里親から虐待を受けるコゼットが、夜店で見ていた人形はどこ製か?19世紀の美麗な木版画230葉を106シーンに分け、骨太なストーリーラインと、微に入り細を穿った解説で、“ みじめな人々レ・ミゼラブル”の物語をあざやかに甦らす。長大な傑作の全貌がこれ一冊でわかる!

文藝春秋、鹿島茂『「レ・ミゼラブル」百六景』裏表紙

まずはじめに言わせてください。

この本はとにかく素晴らしいです。最強のレミゼ解説本です。

この本のまえがきで鹿島氏は次のように述べています。

世の中には、誰でも題名とあらすじぐらいは知っているか実際には誰も読んだことのない《世界の名作》というものが存在している。これらの《名作》は大人たちの親切心から、たいていは抄訳の形で『少年少女世界文学全集』の類いにおさめられているか、こうした抄訳で《名作》を読んだ少年少女が成人してから完訳版でその作品を読み返すことはまずないといっていい。

思うに、こうした読まれざる《名作》は大きく二つの系列に分けることができる。一つは『ドン・キホーテ』『ガリヴァー旅行記』といったきわめて象徴性が高い作品で、いちど概要を知れば、あらためて読み返す必要がないように思えるものである。もう一つは、いわば普遍的な通俗性とでもいえる要素を備えた作品で、何度も映画化やドラマ化されているため、読みもしないのになんとなく読んだ気になってしまうものである。ヴィクトル・ユゴーの『レ・ミゼラブル』は、幸か不幸か、このどちらの要素も含んでいる。したがってほとんど読まれることがない。もしフランス文学に関するアンケートを取ったなら、題名を知っている作品のトップには必ずこの『レ・ミゼラブル』が来るだろうが、読了した作品の項目では順位はかなり下になるはずである。

文藝春秋、鹿島茂『「レ・ミゼラブル」百六景』P3-4

『レ・ミゼラブル』の原作は文庫本で2500ページを超える大作です。ミュージカルや映画で大人気のレミゼですがいざ原作を読むとなるとなかなか厳しいものがあります。

そこでこの本の出番です。

この本はレミゼの物語の重要なシーンをタイトルにありますように106のシーンに分けて挿絵と共に解説していきます。

ひとつのシーンに対して2枚の挿絵が付きますのでかなりたくさんの絵を見ることができます。

小説だけだと文字だけですべての状況を想像しなければならないのに対し、挿絵があるとやはりイメージしやすいですよね。

しかもまた鹿島氏の解説が抜群にわかりやすく面白いのです。

レミゼのストーリーの流れだけでなく当時の時代背景やもっともっとレミゼを楽しむための豆知識が満載です。

そしてこれはミュージカルのレミゼの最高の参考書にもなります。

次の記事からいくつかご紹介していきますが、原作ではミュージカルの時間の制限上泣く泣くカットせざるをえなかった部分も詳しく話されています。

たとえばジャン・ヴァルジャンはなぜ市長になれたのかということやファンチーヌはなぜあんな悲劇的な状況に落ち込んだのかなど、マリユスはそもそもどんな生まれでどう育ってきたのかということも原作ではもっと掘り下げられています。

こうしたこともこの本ではしっかり解説されていますのでミュージカルをより楽しむための最強の参考書ともなっています。「え!?この人ってこんな背景があったのか!」と驚くことがたくさんあると思います。

もちろん、原作をこれから読みたいという人、そしてすでに読んだ人にとっても非常に有益な情報がたくさん解説されています。

これ一冊でレミゼだけでなく当時の時代背景まで知ることができる最高の相棒になります。

ミュージカルや映画を観た人は確実にレミゼにはまると思います。ですがそこから原作を全部読もうというのはなかなかに厳しいと思います。

ですが、原作を読まなくとも、まずはこの本を手に取ってみてください。とにかくわかりやすい本です。そして何より面白い!挿絵も大量ですので本が苦手な方でもすいすい読めると思います。これはガイドブックとして無二の存在です。ぜひ手に取って頂きたいなと思います。

また、当時のフランスの時代背景を知る資料としても一級の本だと思います。レミゼファンでなくとも、19世紀フランス社会の文化や歴史を知る上で貴重な参考書になります。

次の記事からこの本よりいくつかのシーンを紹介していきます。ミュージカルや映画のレミゼを観る際にも非常に役に立つポイントですのでぜひ引き続きお付き合い頂けたらなと思います。

以上、「おすすめ!鹿島茂『「レ・ミゼラブル」百六景』最強のレミゼ解説本!」でした。

次の記事はこちら

関連記事

HOME