ロシア革命とは何かを知るのにおすすめ!『世界史劇場 ロシア革命の激震』

レーニンとスターリン~ソ連を学ぶ

ベレ出版、神野正史『世界史劇場 ロシア革命の激震』

今回の記事よりソ連史を語る上では欠かせないロシア革命についてお話ししていきます。

ソ連が生まれるきっかけとなったのは何と言っても1917年のロシア革命です。

300年以上も続いたロマノフ王朝が滅亡し、ここからロシアの歴史が一気に動き出します。

この革命はロシアにおいては歴史上の大事件中の大事件でありますが、これは一体なぜ起こり、どんな革命だったかと言われるとなかなか難しいですよね。私も調べて見るまでほとんど何も知りませんでした。フランス革命やナポレオンの時もそうでしたが名前だけは知ってるけどその中身までは何もわからないというのが正直なところでした。

というわけでこの革命について良い入門書はないかとまずは探しましたところ、私のブログでもお馴染みの神野正史氏の『世界史劇場 ロシア革命の激震』という本がありました。

神野氏の本はいつもながら本当にわかりやすく、そして何よりも、面白いです。点と点がつながる感覚といいますか、歴史の流れが本当にわかりやすいです。

表紙裏にはこの本について次のように書かれています。

〇革命前夜からレーニンの権力奪取まで、ロシア革命の展開を詳しく解説。ロシア社会主義各派の理論の違いや革命の流れをわかりやすく再現していきます。

〇まるで映画や舞台を観るような感覚でスイスイ読めてわかりやすい!

〇歴史が”見える”イラスト”が満載!

〇歴史を学びなおしたい大人から、歴史が苦手な高校生まで楽しめる。

ベレ出版、神野正史『世界史劇場 ロシア革命の激震』

『世界史劇場』の特徴がまさにここに書かれています。まるで映画や舞台を観ているかのようとはよく言ったもので本当にその通りです。次にどうなるか知りたくてページをめくる手が止まりません。

そしてこの本のメインテーマであるロシア革命について神野氏は「はじめに」で次のように述べています。

はじめに

「わしは死後、マルクス・レーニンとともに地獄の業火に灼かれるじゃろう。じゃが、”最初から実現するはずもない理想”を追いつづけさせられた苦痛に比ぶれば、地獄の責め苦など、どうということはない」

キューバの革命戦士Fフィデル. Aアレハンドロ.カストロ議長の言葉です。

祖国キューバのために「社会主義こそが正義」と信じ、人生をかけてその”理想”を実現すべく走りつづけた人物。

その”正義”のために、どれほどの屍を重ねてきたことか。それとて「地上の楽園を築き上げるための尊い犠牲」と思えばこそ。

しかし。

老いてのち、社会主義が過ちであったことを悟った老カストロの絶望感。それが思わず口を突いて出た言葉です。

20世紀―。

それはまさに「壮大な社会主義の実験場」であったとも言えます。

19世紀、それまでの社会主義を「空想的、、、」だとして非難し、Kカール.マルクスらによって「科学的、、、社会主義」が生まれるや、20世紀に入ると、これに基づき、ロシアを皮切りに地球上の各地で「社会主義革命」が勃発しました。

しかし、そのことごとくすべてが無惨な失敗に終わります。人類は、膨大な時間と、莫大な犠牲を払ったこの”実験結果”によって、「社会主義」という理念イデオロギーが疑いようもなく間違いだったという、きわめて当たり前の事実を思い知らされたのでした。

しかし。

「目の前に突きつけられた”客観的事実”を受け入れることができない者」……というのは、いつの世にもいるもので。

「いーや!!それでも社会主義は正しい!!」

そううそぶく人は現在でもいます。

でも、このような人たちは目の前の厳然たる事実から目を背け、もはや理屈の通じない「信仰、、」の域に入っている人たちにすぎません。

19世紀に生まれた「科学的、、、社会主義」は、

20世紀の「何千万、何億もの人命を奪う悲惨なる大実験」を経て、

21世紀には「信仰的、、、社会主義」へと変質してしまったのでした。

もはやそれは、「科学的」と名乗りながら科学ではなく、社会主義の”朽ち果てた骸”にすぎません。

そして、社会主義の過ちを証明することになる「社会主義実験」の”鯨波げいはの第一声”ともいうべきものが、本書のテーマとなっている「ロシア革命」です。

したがって、「ロシア革命」の理解なくして、20世紀の、ひいては21世紀の理解はあり得ません。

しかし、これが敷居の高いこと、この上ありません。

ロシア革命とは、イデオロギーとイデオロギーの壮絶なせめぎ合いであるため、どうしても、その難解なイデオロギーの微妙な違いをしっかりと理解しなければならないからです。

市販の「ロシア革命」解説書が初学者にとって難解なのはそのためです。

そこで、本書の登場です。

本書では、「歴史知識がまったくゼロ」の方が読んでも理解できるようイラストを多用し、なるべく平易な言葉で、解説するよう心がけました。

ロシア革命入門書としては、既存のどの入門書よりもやさしくかつ高度なものになったと自負しております。

本書が、「ロシア革命」初学者の”最初の踏み台”となり、つぎなるステップの契機となってくれることを祈りつつ。

2014年11月 神野正史

ベレ出版、神野正史『世界史劇場 ロシア革命の激震』

ロシア革命を学ぶことは後の社会主義国家のことや冷戦時の世界を知る上でも非常に重要なものになります。

著者の神野氏はここで社会主義に対してかなり辛口な表現をしていますが、なぜ神野氏がそう述べるのかというのもこの本ではとてもわかりやすく書かれています。

この革命を知るにはマルクスの資本論が重要な鍵となります。このマルクスの思想がそもそも社会主義のつまづきだったと神野氏は述べます。

このことについては後にこのブログでも紹介していきたいと思います。

この本はロシア革命を学ぶ入門書として最適です。複雑な革命の経緯がとてもわかりやすく解説されます。

私はまずこの本を読んで革命のだいたいの流れを掴んでから、革命やソ連についての本を読んでいきました。神野さんもこの『世界史劇場』シリーズで、歴史を学ぶには誰かに言われたことを鵜呑みにせず、しっかり調べて自分で考えることが大事だと言っています。もちろん、それはこの本にしてもそうです。

この本を読んでロシア革命を全てわかったということではなく、この本に書かれていることと他の参考書と比べてみなければわからないこともあります。特にマルクスやレーニンについては見る者によってかなり評価が分かれます。

マルクスやレーニンが歴史においてどのような役割を果たし、どのように人々に影響を与えたのかということをこれから様々な本を用いて見ていきたいと思います。また神野氏が辛口で表現した社会主義ははたして本当にそのようなものだったのかということも様々な参考書を見ながら考えていきたいと思っています。

以上、「ロシア革命とは何かを知るのにおすすめ!『世界史劇場 ロシア革命の激震』」でした。

次の記事はこちら

関連記事

HOME