S.P.メリグーノフ『ソヴィエト=ロシアにおける赤色テロル(1918~1923)レーニン時代の弾圧システム』

レーニンとスターリン~ソ連を学ぶ

S.P.メリグーノフ『ソヴィエト=ロシアにおける赤色テロル(1918~1923)レーニン時代の弾圧システム』

S.P.メリグーノフ著、梶川伸一訳『ソヴィエト=ロシアにおける赤色テロル(1918~1923)レーニン時代の弾圧システム』は評論社より2010年に出版された作品です。

この作品の概要をAmazonの商品紹介ページより引用します。

内容(「BOOK」データベースより)

死者はわれわれに声に出して語っている。いや。死んだ者は黙っていない。レーニン時代のチェー・カーによる恐怖支配の実態。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

メリグーノフ,セルゲイ・ペトローヴィッチ
1879~1956。モスクワ大学歴史文学部在学中に学生運動に参加し、同時に様々な雑誌の編集にも関わる。1907年以後、ナロードニキの流れをくむ人民社会主義(エヌエス)党員となる。十月政変後、いくつかの反ボリシェヴィキ闘争に関わり、チェー・カーによって再三逮捕される。1919年、「民主主義」をスローガンに発足した反ボリシェヴィキ組織「戦術センター」に参加した。20年に逮捕され、死刑判決を受ける(のち減刑)

Amazon商品ページより

内容にありますチェー・カーというのはレーニンのボリシェヴィキ政府の秘密警察で、国内の粛清を一手に担っていた機関のことです。

この本ではロシア革命の後、紆余曲折を経て成立したレーニン政権が国内の反対勢力をいかに粛清していったかを語っていきます。

ここで重要なのは敵対勢力の粛清と言っても、それは敵対勢力の疑いありとされた者への粛清だったということです。

この粛清は熾烈を極め夥しい数の人が無罪にも関わらず拷問の末虐殺されることになりました。

タイトルにもあります赤色テロルというのは、「赤色」つまり共産主義による暴力行為を指します。

ただ単に敵対者を殺害するだけではなく、暴力によってどれだけ相手を恐怖の底に叩き込み支配できるかということが赤色テロルの最大の目的となります。

著者のS.P.メリグーノフもチェー・カーに逮捕されますが辛くも国外に亡命し、この本を書きました。

ソ連時代に一体何が起きていたのか、それを知るために私はこの本を読んだのですが、想像をはるかに超えた悲惨さでした。人間はここまで残酷に、暴力的になれるのかとおののくばかりでした。

私は2019年にアウシュヴィッツを訪れました。その時も人間の残虐さをまざまざと感じました。ですがそれに匹敵する規模の虐殺がレーニン・スターリン時代には行われていたということを改めて知ることになりました。

この本はかなり衝撃的です。読んでいて目を反らしたくなるほどのものでした。

今回の記事ではその詳しい内容については紹介できませんが、この本に書いてあるいくつかの部分を引用していきたいと思います。

虐殺の犠牲者

いつも死体は虐殺された後に、速やかに荷馬車かトラックで郊外に運ばれ、そこに埋められた。上記の墓地の片隅で別のもっと旧い墓地に出くわし、そこには約八〇体の死体があった。

ここでわれわれは想像するのも難しい、様々に損壊され毀損された死体を見つけた。

そこには胴体を裂かれた死体、生殖器がない死体があり、いくつかは完全に滅多斬りされていた。何人かの目玉はくりぬかれ、同時に彼らの頭部、顔、首、胴体は打ち身で覆われていた。

さらにわれわれは心臓に楔を打ち込まれた死体を発見した。何人かの舌がなかった。墓場の片隅でわれわれはいくつかの手足だけを見つけた。墓地から離れた公園の柵付近で虐待の痕がない数体の死体を見つけた。数日後に医者が彼らを解剖したときに、口、呼吸器、気管が土で塞がれていたことが分かった。

つまり、囚人は生きながらにして埋められ、息をしようとして土を吸い込んだのだ。

この墓地には様々な年齢と性別の人が埋められていた。そこには老人も男も女も子供もいた。一人の女性は八歳くらいの娘と一緒に縄で縛られていた。二人ともに銃創があった
※適宜改行しました

評論社、S.P.メリグーノフ著、梶川伸一訳『ソヴィエト=ロシアにおける赤色テロル(1918~1923)レーニン時代の弾圧システム』P172

虐殺の犠牲者⑵

「いたぶられる者が壁や柱にくくりつけられた。次に彼を幅数インチの鉄パイプの端にしっかりとくくりつけた」……「もう一方の穴からそこにクマネズミを入れ、その穴を金網で塞ぎ、それに火を近づけた。熱さで気の狂った動物は出口を探そうと死刑囚の肉体を囓りはじめた。そのような拷問は数時間、ときには犠牲者が死ぬまで次の日も続いた」。

委員会資料は、そのような類の拷問が行われたことを確認している。

「拷問を受ける者を頭まで土に埋め、囚人が我慢できなくなるまで放置した。拷問を受ける者が気を失えば、彼を掘り出し、気がつくまで地面に寝かせ、再び埋めた」(中略)

内戦初期には地域ごとに人間の残虐性が発揮きれる専門的特徴を持っていた。

ヴォロネジでは拷問を受ける者を、釘を打ちつけた樽に裸にして閉じこめ、転がした。額に五芒星の焼きごてを当てた。司祭の頭に有刺鉄線の冠をかぶせた。

ツァリーツィンとカムィシン〔サラトフ県〕では骨を鋸で挽いた。ポルタヴァとクレメンチューグではすべての司祭を杭につないだ。(中略)

エカチェリノスラフでは磔刑、石による殴打が好まれた。オデッサでは将校を拷問し、鎖で板に縛りつけゆっくりとバーナーを当てて焼き、別の将校をウインチで半分に引きちぎり、また別の将校を順番に熱湯がたぎる釜や海に漬け、その後に火炉に投げ込んだ。

あざけりや拷問のやり方は数限りない。キエフでは死体がならべられている箱に犠牲者を入れ、その上を銃撃した後、生きたまま箱の中に葬ってやると怒鳴った。箱を埋め、半時間後に今度は開けられ、……そこで尋問が行われた。

そのようなことが何度も続けざまに行われた。人間が本当に正気を失うのも驚くことではない。

評論社、S.P.メリグーノフ著、梶川伸一訳『ソヴィエト=ロシアにおける赤色テロル(1918~1923)レーニン時代の弾圧システム』P173-174

あまりの残虐さにもはや言葉が出てきません・・・

ホロコーストの時も「なぜこんなことができるのか」と私は疑問に思ってしまいました。しかし現実に人間はこういうことをできてしまうということをかつて私は学びました。

ですがロシアの粛清において私が特に疑問に思うのは「同じ国民同士なのになぜここまで残虐なことができるのか」ということでした。

他国や異民族を敵視しそれを根絶やしにするためというのではないのです。あくまで「レーニン政権(ボリシェヴィキ)に従わない」ということに対しこれだけの残虐行為がなされているのです。

同国民だろうが何だろうが自分たちの政権の邪魔になる者は全て消す。

それが赤色テロルでした。

なぜそうまでしなければならなかったのかということまではここでお話しできませんが、この本を読めばそれも見えてきます。

かなり刺激の強い本ではありますが、世界情勢が混乱している今だからこそこうした歴史を学ぶことは大切なことなのではないかと私は思います。

以上、「S.P.メリグーノフ『ソヴィエト=ロシアにおける赤色テロル(1918~1923)レーニン時代の弾圧システム』」でした。

次の記事はこちら

関連記事

HOME