R・ブレースウェート『アフガン侵攻1979-89 ソ連の軍事介入と撤退』ソ連崩壊の要因ともなった泥沼の軍事侵攻

現代ロシアとロシア・ウクライナ戦争

R・ブレースウェート『アフガン侵攻1979-89 ソ連の軍事介入と撤退』ソ連崩壊の要因ともなった泥沼の戦争

今回ご紹介するのは2013年に白水社より発行されたロドリク・ブレースフェルト著、河野純治訳の『アフガン侵攻1979-89 ソ連の軍事介入と撤退』です。

早速この本について見ていきましょう。

一九七九年十二月に始まったソ連によるアフガニスタン侵攻は、たび重なる反乱に直面した共産党政権を支援するためのものだった。当初、ソ連軍の任務はアフガン軍を支援し、部隊の訓練・強化を行うという限定的なものだったが、やがて、米国やパキスタンの支援を受けたムジャヒディン(イスラム戦士)との全面的な戦争に巻き込まれていく。撤退までの九年間に約一万五〇〇〇人の兵士が戦死し、無数のアフガン人犠牲者を出し、双方に大きな傷を残した。

元モスクワ駐在英国大使の著者は、主にロシア側の詳細な資料に基づいて、アフガン侵攻について従来広く信じられてきた説(領土拡大主義による侵略だった、この戦争がソ連の解体につながった、など)を否定する。当初、ソ連政府はあくまでも軍事介入を避けようとしていた。また、政府の失策や戦略的誤りによって兵士たちが困難な状況に置かれたのは確かだが、ソ連軍はけっして戦争に負けたわけではないし、撤退も整然と計画的に行われたという。


軍事介入に至る歴史的背景から説き起こし、ソ連・アフガン双方の複雑な国内事情や、兵士たちが経験した戦闘の緊迫感とその後の厭戦気分まで、紛争の全貌を詳細に描く。冷戦期の神話を覆すアフガン戦史の決定版。

Amazon商品紹介ページより

1979年に始まったソ連のアフガン侵攻。

泥沼化したこの戦争はソ連崩壊の要因となった出来事として知られていますが、この本はそんなアフガン侵攻の経緯をかなり詳しく知れる作品となっています。

読んでいてまず驚いたのは、この戦争にソ連は元々乗り気ではなかったということです。

脆弱なアフガニスタン共産党政権を支援するためにやむなく軍を派遣したはずが、いつの間にか泥沼の戦闘に引きずり込まれてしまいます。

国民が納得するような大義もなく、戦う目的もはっきりしないまま悲惨な戦闘を繰り返すソ連軍。

それに対しゲリラ戦を展開し、ソ連軍に大きなダメージを与えていくムジャヒディン(現地抵抗勢力)。

そしてその陰でムジャヒディンを支援するアメリカの存在・・・

ゲリラ戦が展開されたことでソ連軍はいつ攻撃されるかわからない恐怖におそわれることになりました。そして疑心暗鬼になった彼らは村全体を破壊せざるをえなくなり、ソ連軍はますますアフガニスタン国民から憎まれることになります。アフガニスタンの治安を安定させ、よりよい国家を作る手助けをするためにやってきたはずが、残されたのは廃墟となった街や村々・・・

あまりに不毛な戦争の実態をこの本で見ていくことになります。

アフガニスタンのこうした惨状を考えると、2019年に亡くなった中村哲さんを思い浮かべてしまいます。

医師としてアフガニスタンの地で多くの人を救った中村さん。中村さんが活動していたのはこうしたアフガン戦争や、その後のアメリカによるアフガン空爆の混乱の中でありました。荒廃しきったアフガンの中で一人戦い続けた中村さんには驚くしかありません。

現在ロシアによるウクライナ侵攻が続いていますが、かつてのアフガン侵攻のことを学ぶことは大きな示唆を与えてくれるのではないでしょうか。

ソ連末期の状態や、アフガンをめぐるアメリカとの対立の構図、そして911に繋がる背景もこの本では学ぶことができます。現代の歴史を考える上でもこれは非常に興味深いものでした。

ぜひぜひおすすめしたい作品です。

以上、「R・ブレースウェート『アフガン侵攻1979-89 ソ連の軍事介入と撤退』ソ連崩壊の要因ともなった泥沼の軍事侵攻」でした。

前の記事はこちら

関連記事

HOME