函館ハリストス正教会のミサ―ロシア正教の祈りとガンガン寺の鐘の音を聴く

ドストエフスキーとロシア文学

函館ハリストス正教会のミサ―ロシア正教の祈りとガンガン寺の鐘の音を聴く

2020年11月28日土曜の夕方、私は函館の元町地区にあるハリストス正教会を訪れました。

ハリストス正教会は日本で初めて建てられたロシア正教の教会で、函館のシンボルともなっている教会です。

夕方16時半頃ということで上の写真では少し暗くなってきた雰囲気がわかると思いますが夜になるとライトアップされ、とても美しい姿を見ることができます。

ちょうどこの日はきれいな月も見えました

函館市民にとっても、多くの観光客の方にとってもハリストス正教会という場所はとても有名です。この教会は函館らしさを象徴する建物として愛されてきました。

ですが、この教会がどういう歴史を経て生れ、どのような信仰を持った人に支えられているのかというと意外と知られていません。

函館生れ函館育ちの私でしたが、正直最近になるまでハリストス正教会のことは知っていてもいざどんな建物でどんな宗教の建物かということになるとまったくわかっていませんでした。キリスト教の教会ということから先はほとんど知らなかったのです。

そんな私でしたが去年からドストエフスキーと関わることでキリスト教の中でもロシア正教という、ロシア独特のキリスト教を知ることになりました。

ロシア正教は同じキリスト教といってもカトリックやプロテスタントとはその教えや祈り方、文化がかなり違います。

そしてそのロシア正教が初めて日本に上陸し根付いたのがここ函館だったのです。日本に布教にやって来たニコライ神父はドストエフスキーとも面識があったと言われています。

ドストエフスキーを愛する私としては何か不思議なご縁を感じます。私が住む函館がロシア正教を学ぶ上で非常に大きな意味をもっていることに運命のようなものを感じてしまいました。

というわけで私は何度もここへ足を運ぶようになり、この日夕方のミサにお参りさせて頂くことになったのです。

事前に神父さんから特別に許可を頂き聖堂内の写真を撮らせて頂きました。

今回はその写真を皆様にご紹介します。

入り口正面からの写真です。

写真を見てお気づきのように絵の雰囲気が非常にリアルで厳かな雰囲気を感じさせます。

教会の厳かな空間やろうそくの火、神父さんの朗誦や堂内に響く聖歌隊の歌声・・・

ミサに参加していると自分がまるで別世界にいるかのような感覚になりました。

昨年の世界一周の旅でも私はたくさんの教会にお参りしミサにも参加しました。しかしよくよく考えてみるとそのほとんどがカトリック教会のものでした。

カトリックのミサとロシア正教会ではかなり雰囲気が違います。うまく言葉では言い表せないのですが実際に体感してみるとその違いがよくわかります。

そして17時からのミサの後、私は特別に鐘撞堂に上らせて頂き、間近で鐘の音を聴かせて頂くことになりました。

鐘撞堂は教会の上部にあります。ここからガンガン寺という愛称で親しまれることになった鐘を鳴らしています。

早速その鐘の音を聴いていただきましょう。函館の夜景と共にお楽しみください。

函館の夜景を見ながら鐘の音を聴けるのはなかなかないことです。しかも鐘撞堂からの眺めとなるとなおさらです。

目の前で鐘が鳴り揺れている様を見ると、『ノートルダムの鐘』を連想してしまいました。

鐘撞堂からの眺めも素晴らしかったです。きれいな月も見れました。

さて、翌日も私は日曜の朝のミサにお参りさせていただきました。朝は朝でまた違った趣があって素晴らしいです。

昨日の夜上った鐘撞堂は上の写真の位置にあります。ここから夜景を眺めていたのですね。

この日も特別に鐘撞堂に入らせて頂きました。

やはり函館の景色は素敵です。

昨日は暗くてあまり見えませんでしたが、鐘には文字が刻まれていました。

中心の鐘はかなり大きく、身体にずしんと来る音です。

昨夜の動画は短めにしか撮影していませんでしたのでここで改めて鐘の音をご紹介します。

お話によると、朝と夜では音色が変わり、気温や天気によっても音が変わってくるそうです。

ハリストス正教会についての詳しい情報はHPがございますのでそちらを参照して頂ければ教会の歴史や行事案内などを詳しく知ることができます。以下リンクです。

函館ハリストス正教会HP  https://www.orthodox-hakodate.jp/

そして、要注意なお知らせがあります!

ハリストス正教会は間もなく修理工事に入るためしばらく拝観できなくなります。今の姿を見ることができるのもあとわずかとなっています。

ぜひお早めに教会に行かれることをお勧めします。

以上、「函館ハリストス正教会のミサ―ロシア正教の祈りとガンガン寺の鐘の音を聴く」でした。

関連記事

HOME