逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』あらすじと感想~本屋大賞受賞のおすすめ小説!独ソ戦を戦う狙撃兵の少女を描いた話題作!

独ソ戦~ソ連とナチスの絶滅戦争

本屋大賞受賞!逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』あらすじと感想~独ソ戦を戦う狙撃兵の少女を描いたおすすめの話題作!MGSの小島監督も絶賛!

今回ご紹介するのは2021年に早川書房より発行された逢坂冬馬著『同志少女よ、敵を撃て』です。

早速この本について見ていきましょう。

独ソ戦が激化する1942年、モスクワ近郊の農村に暮らす少女セラフィマの日常は、突如として奪われた。急襲したドイツ軍によって、母親のエカチェリーナほか村人たちが惨殺されたのだ。自らも射殺される寸前、セラフィマは赤軍の女性兵士イリーナに救われる。「戦いたいか、死にたいか」――そう問われた彼女は、イリーナが教官を務める訓練学校で一流の狙撃兵になることを決意する。母を撃ったドイツ人狙撃手と、母の遺体を焼き払ったイリーナに復讐するために。同じ境遇で家族を喪い、戦うことを選んだ女性狙撃兵たちとともに訓練を重ねたセラフィマは、やがて独ソ戦の決定的な転換点となるスターリングラードの前線へと向かう。おびただしい死の果てに、彼女が目にした“真の敵”とは?

Amazon商品紹介ページより

TwitterなどのSNSで話題になっていたこの作品。

私がこの作品を知ったのもSNSで流れてくるタイムラインがきっかけでした。

『同志少女よ、敵を撃て』

タイトルからしてなかなか刺激的ですが、この表紙のイラストもインパクトがあります。

私も前から気になっていたのですが、なかなか手が伸びないでいました。

ですが、当ブログでも紹介してきたメタルギアシリーズの小島秀夫監督が、

多くの人に読んでほしい!ではなく、多くの人が目撃することになる間違いなしの傑作!


早川書房、逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』帯

と絶賛しているのを見て、これはぜひ読んでみたいなと思いこの本を買ってみたのでした。

さて、小島監督が絶賛したこの作品はどうだったのか。

結論から言いましょう。

たしかに、「多くの人に読んでほしい!ではなく、多くの人が目撃することになる間違いなしの傑作」でした!

これは面白い!!

とにかく読ませます!

ストーリー展開や心理描写が非常に巧みで、どんどん物語に引き込まれます。読書への没入感がすごいです。

450ページを超えてくる大作ですが、あっという間に読んでしまいました。さすがに一気読みは時間の都合上できませんでしたが、中断時は早く続きを読みたくてうずうずしてしまいました。それほど魅力的なストーリー展開です。

そして何より、独ソ戦の悲惨さを丁寧に落とし込んだ物語。

この本の巻末には著者が参考にした本が一覧で掲載されています。

私は昨年、独ソ戦の歴史が書かれた本を当ブログで紹介しましたが、『同志少女よ、敵を撃て』ではその中でもアレクシエーヴィチの『戦争は女の顔をしていない』やキャサリン・メリデールの『イワンの戦争 赤軍兵士の記録1939-45』の影響が感じられます。

上の二冊で語られる「どこまでも人間を悪魔化させていく戦争の現実」が『同志少女よ、敵を撃て』では深く落とし込まれています。それらをオリジナルのストーリーでここまで絶妙に語るこの作品には驚かされました。作者はこれがデビュー作だそうです。デビュー作にして自分が学んだことをここまで作品に落とし込みながら表現できる文才に羨望の思いです。

『同志少女よ、敵を撃て』は第11回アガサ・クリスティー賞大賞受賞作です。また、2022年本屋大賞にもノミネートされていて、帯にもありましたように絶賛の言葉がずらり並んでいます。MGSの小島監督の言葉をきっかけに手に取ったこの作品でしたが、その賛辞に違わぬ傑作でした。ぜひぜひおすすめしたい作品です。

私はこの作品が独ソ戦を学ぶ入り口になってくれたらなと心から思います。私は以前、「私達日本人が今あえて独ソ戦を学ぶ意義ー歴史は形を変えて繰り返す・・・」という記事で次のように述べました。

第二次世界大戦というと、私は無意識に太平洋戦争を連想してしまいます。どうしても日本が戦った戦争ばかり頭に浮かんできます。アジアでの悲惨な戦闘や太平洋での玉砕、本土空襲や沖縄戦、そして原爆投下、ソ連の侵攻・・・

しかし「第二次世界大戦」という名の示す通り、この戦争は世界規模の戦争でした。そしてその主戦場はやはりヨーロッパだったのです。ですがそのことがあまり意識には上ってこない。スターリンやソ連史を学ぶ流れで独ソ戦を学んだ私は改めてそのことに驚きました。これほど巨大な戦争について知っているようでほとんど何も知らなかったという事実。

ヒトラーがポーランドに侵攻し、その後ホロコーストを行い、最後には連合軍に負けヒトラーが自殺して戦争が終結した。

中学高校の教科書ではこの歴史について詳しくは書かれません。私は高校の時に日本史を選択したので高校世界史の教科書でどこまで書かれているかはわかりませんが、少なくとも日本史の教科書では第二次世界大戦のヨーロッパ戦線についてはほとんど記述はありませんでした。

つまり、私のような日本史選択の人間には第二次世界大戦の詳しい流れを知る機会がなかなかないのです。知ろうと思えば自分で調べなければなりません。大学時代は勉強する時間があるかもしれませんが、社会人になってから改めて第二次世界大戦を学ぶとなると時間的にも体力的にもやはり厳しいですよね。

日本が戦った太平洋戦争については様々なドラマや映画、ドキュメンタリーが作られているのでメディアを通じて私たちはその流れをなんとなく知っています。

ですがこの「なんとなく知っている」というのが厄介で、これがあるが故に第二次世界大戦全体への関心が薄れてしまうのではないかと思います。もし日本が戦った太平洋戦争についてほとんど知らなかったのなら「あの戦争とは何だったのだろう」という関心が生まれてくるだろうからです。そしてその流れで第二次世界大戦全体の流れも知らざるをえなくなってきます。

ですが「なんとなく知っているが故に」、学びがそこで止まってしまうのです。ドラマや映画、ドキュメンタリーで見た太平洋戦争のイメージで止まってしまうということが起ってしまうのです。

被害者としての日本。玉砕し、原爆を投下された日本。戦争に苦しむ日本人。平和を奪われた生活・・・

私たちはどうしても自分達日本に感情移入してしまいます。日本側の目線に立ってしまいます。どんなに気を付けても日本に対して中立ではいられません。好悪何かしらの感情から逃れることができません。

だからこそ独ソ戦を学ぶ意義があるのです。

想像を絶するほどの規模の戦いとなった独ソ戦は戦争の本質をこれ以上ないほど私たちの目の前に突き付けます。そしてその戦争に対して第三者的な目線からその歴史を学ぶことができるのです。もちろん、完全に中立な眼で見ることは不可能です。しかし当事国であった日本の戦争よりもはるかに距離を保った視点で戦争を学ぶことができるのです。

なぜ戦争は起きたのか。戦争は人間をどう変えてしまうのか。虐殺はなぜ起こるのかということを学ぶのに独ソ戦は驚くべき示唆を与えてくれます。私自身、独ソ戦を学び非常に驚かされましたし、戦争に対する恐怖を感じました。これまで感じていた恐怖とはまた違った恐怖です。ドラマや映画、ドキュメンタリーで見た「被害者的な恐怖」ではなく、「戦争そのものへの恐怖」です。

戦争がいかに人間性を破壊するか。

いかにして加害者へと人間は変わっていくのか。

人々を戦争へと駆り立てていくシステムに組み込まれてしまえばもはや抗うことができないという恐怖。

平時の倫理観がまったく崩壊してしまう極限状態。

独ソ戦の凄まじい戦禍はそれらをまざまざと私たちに見せつけます。

もちろん太平洋戦争における人々の苦しみを軽視しているわけではありません。

ですが、あえて日本から離れた独ソ戦を学ぶことで戦争とは何かという問いをより客観的に学ぶことができます。

「戦争の本質とは何か」という問いを独ソ戦を通して学ぶことで何が生まれてくるのか。

それは「日本における戦争とは何だったのか」、「今の日本はどういう状況なのか」という問いです。

日本が戦った太平洋戦争とは何だったのか。なぜ戦争は起こってしまったのか。戦争中日本は何をしたのか。

独ソ戦を学んでから改めて日本の戦争を考えてみるとこれまでとは違ったものが見えてくるのではないでしょうか。


「私達日本人が今あえて独ソ戦を学ぶ意義ー歴史は形を変えて繰り返す・・・」より

逢坂冬馬さんの『同志少女よ、敵を撃て』は独ソ戦を学ぶ最高の入り口になるのではないでしょうか。この作品はとにかく面白い!読ませます!物語に一気に引き込まれる感覚です。それでありながら戦争の悲惨な現実や心理面をえぐっていきます。

ぜひぜひおすすめしたい作品です。

以下の関連記事におすすめの独ソ戦の本も掲載しておりますので興味のあるかたはぜひご覧ください。

以上、「逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』あらすじと感想~本屋大賞受賞のおすすめ小説!独ソ戦を戦う狙撃兵の少女を描いた話題作!」でした。

※2022年4月6日追記

逢坂冬馬著『同志少女よ、敵を撃て』が2022年本屋大賞を受賞しました!

ロシア・ウクライナ戦争に揺れる中、この本が大賞を受賞したことには計り知れない意味があると思います。

ぜひとも多くの方に手に取って頂けたらなと思います。私も強く推したい作品です!

前の記事はこちら

関連記事

HOME