『赤軍記者グロースマン 独ソ戦取材ノート1941-45』ソ連のユダヤ人従軍記者が見た独ソ戦の現実

独ソ戦~ソ連とナチスの絶滅戦争

アントニー・ビーヴァー、リューバ・ヴィノグラードヴァ編、『赤軍記者グロースマン 独ソ戦取材ノート1941-45』

今回ご紹介するのは2007年に白水社より出版されたアントニー・ビーヴァー、リューバ・ヴィノグラードヴァ編、川上洸訳『赤軍記者グロースマン 独ソ戦取材ノート1941-45』という本です。

早速この本について編者まえがきを見ていきましょう。

世界文学史のなかでのヴァシーリィ・グロースマンの地位を確立した名作『人生と運命』は、ニ〇世紀ロシア最高の長編小説のひとつとされ、パステルナークの『ドクトル・ジヴァーゴ』やソルジェニーツィンの諸作品よりも高く評価する批評家もいる。

本書はグロースマンの戦時中の取材ノートと執筆記事にもとづいて編集されたが、それらはすべてロシア国立文学芸術文書館(RGALI)に保管されている。ほかに令嬢と義理の子息の所蔵する書簡の一部もくわえた。ノートには小説や記事のためにあつめた素材が大量にふくまれている。

赤軍の新聞『クラースナヤ・ズヴェズダー』(赤い星)の特派員グロースマンは、一九四一年から四五年までの期間のソ連軍最前線の状況のもっとも感受性ゆたかな正直な目撃者となった。四年にわたる戦争のうちの三年に近い一〇〇〇日以上を、彼は前線ですごした。そのするどい観察と人間味あふれる考察は、すべての著作家や歴史家への貴重な教訓となりうる。
※適宜改行しました

白水社、アントニー・ビーヴァー、リューバ・ヴィノグラードヴァ編、川上洸訳『赤軍記者グロースマン 独ソ戦取材ノート1941-45』P15

訳者のあとがきで、

残念なことに欧米諸国で「ニ〇世紀文学の最高峰のひとつ」とまで言われているこの作家の名は、日本ではロシア文学の研究者や愛好家を別とすれば、ほとんど知られていないのと思われる

白水社、アントニー・ビーヴァー、リューバ・ヴィノグラードヴァ編、川上洸訳『赤軍記者グロースマン 独ソ戦取材ノート1941-45』P516

と言われますようにワシーリー・グロースマンは日本ではあまり知られていない作家です。私も独ソ戦のことを学ぶまでは知りませんでした。しかしこの作家の著書は20世紀文学の最高峰の一つとまで言われ、その代表作『人生と運命』はトルストイのあの『戦争と平和』と並んで語られるほどの文学とされています。

ここでワシーリー・グロスマンとはどのような人物かを紹介していきます。ここで語られることが本書の内容の大筋にもなります。

ヴァシーリィ・グロースマン
Vasily Grossman

1905年、ウクライナのユダヤ人家庭に生まれ、ロシア革命に共感。モスクワ大学で化学を専攻、ドンバスて炭坑技師として数年をすごしたものの文学創作の道に入り、32年から初期の短編や長編を発表。ブルガーコフやゴーリキイらから賞賛を受けた。農業集団化の結果としてのウクライナ大飢饉、身辺に迫るスターリンの大粛清の脅威を見聞しながらも、新社会建設の理想にたいする信頼感はもちつづける。

41年独ソ戦勃発とともに愛国心に燃えて従軍志願。赤軍機関紙『クラースナヤ・ズヴェズダー』記者として前線に派遣、緒戦期のみじめな敗走から45年のべルリン攻略にいたるまでの一部始終をつぶさに取材。とくに42~43年のスターリングラード攻防戦の記録は絶賛を博しそのー部は戦後いちはやく日本にも翻訳紹介された。やがて母親や親族が独軍占領下で最初のユダヤ人虐殺の犠牲になったことを知り、44年にはトレブリーンカ絶滅収容所跡を訪れてホロコーストの実態をまっさきに報道した記者の一人となる。

一方では名もない兵士や一般民衆の英雄的抗戦ぶりに感動し、反ファシズム闘争での赤軍の解放者としての役割を理想化しながらも、その「解放軍」の略奪暴行をまのあたりにし、「戦争の非情な真実」を知るにつれて、グロースマンの作品はしだいに体制側の「大祖国戦争」史観と衝突するようになり、『人民は不死』はいったんスターリン賞候補にノミネートされながらスターリン自身の手でリストから抹消され、その他の作品もいわれのない非難を浴びるようになる。とくにユダヤ人受難の記録と証言を集めて『黒書』にまとめようとするグロースマンらの努力が、戦後反ユダヤ主義の旗幟を鮮明にした当局の忌憚にふれるが、スターリン死去によってあやうく収容所送りは免れる。

いまやヒトラーのナチズムもスターリン主義も本質において大差はないとの結論に達したグロースマンは50年代後半から60年にかけて畢生の大作『人生と運命』を執筆したが、原稿をKGBに押収され、失意と窮乏のうちに64年ガンで他界。80年奇跡的に隠匿保管されていた原稿のコピーがマイクロフィルムで国外に持ち出され、スイスで出版された。ロシアでは88年にようやく日の目を見る。

白水社、アントニー・ビーヴァー、リューバ・ヴィノグラードヴァ編、川上洸訳『赤軍記者グロースマン 独ソ戦取材ノート1941-45』表紙裏

今回ご紹介した『赤軍記者グロースマン 独ソ戦取材ノート1941-45』という本はそんなグロースマンが実際に独ソ戦の戦地に赴き、従軍記者として取材した記事やノートを時系列に沿ってまとめたものになります。

最前線で戦う兵士たち、そして戦争に巻き込まれた人々の姿を従軍記者の目線でグロースマンは描いていきます。

グロースマンは元々愛国的な思想を持って戦争に従軍していました。侵略してきた凶悪なナチス軍を迎え撃つロシアの兵士たちを、ソ連こそが正しいという信念を持って取材していきます。

兵士たちの勇敢さに心打たれるグロースマンでしたが、ソ連軍が優勢になりナチス占領地域に進攻していくとその思いが揺らいできます。

進軍先でナチス軍と変わらぬ蛮行をする兵士たちや戦争の悲惨な現実を目の当たりにし、スターリンの掲げる愛国神話に疑問を持ち始めます。

また、何より印象的なのが、ナチスのホロコーストの現場を取材した部分です。ホロコーストというと、私たちはアウシュヴィッツを想像してしまいますが、トレブリーンカという絶滅収容所についてこの本では述べられています。そこでは80万人以上の人が殺害されています。その凄惨な殺害の手法は読んでいて寒気がするほどです。それを現地で取材したグロースマンはどれほど衝撃を受けたのか想像することもできません。

理想を信じ、愛国心から従軍したグロースマン。

その彼が戦争の真実を知り、人間の残酷な側面におののくことになります。

やがてスターリンから反体制とみなされ粛清されかけるほど、彼の思想は変わってしまうのでした。

そうした彼の思想の変化がどのようにして起こったのかということをこの本では知ることができます。

独ソ戦という世界の歴史上未曽有の絶滅戦争を最前線で取材した彼の記録は必見です。とてもおすすめな1冊です。

以上、「『赤軍記者グロースマン 独ソ戦取材ノート1941-45』ソ連のユダヤ人従軍記者が見た独ソ戦の現実」でした。

次の記事はこちら

独ソ戦おすすめ参考書一覧はこちらです。

関連記事

HOME