星新一『ボッコちゃん』日本SFの第一人者によるおすすめショート・ショート集!

ディストピア・SF小説から考える現代社会

星新一『ボッコちゃん』日本SFの第一人者によるおすすめショート・ショート集!

今回ご紹介するのは1971年に新潮社より発行された星新一著『ボッコちゃん』です。私が読んだのは2020年第118刷版です。

早速この本について見ていきましょう。

著者が傑作50編を自選。SF作家・星新一の入門書。
バーで人気の美人店員「ボッコちゃん」。彼女には、大きな秘密があった……。

スマートなユーモア、ユニークな着想、シャープな諷刺にあふれ、光り輝く小宇宙群!


表題作品をはじめ「おーい でてこーい」「殺し屋ですのよ」「月の光」「暑さ」「不眠症」「ねらわれた星」「冬の蝶」「鏡」「親善キッス」「マネー・エイジ」「ゆきとどいた生活」「よごれている本」など、とても楽しく、ちょっぴりスリリングな自選50編。

著者の言葉
特徴をもうひとつあげるとすれば、作品のバラエティを多くするよう心がけた。ミステリー的なものもあり、SF的なものもある。ファンタジーもあれば、寓話がかったものもあり、童話めいたものもある。いずれも私が関心を抱いている分野である。だからこの一冊は、私、星新一というあやしげな作家そのものを、ショートショートに仕上げた形だといえるかもしれない。
(本書「あとがき」より)

Amazon商品紹介ページより

この本は日本SFの第一人者星新一によるショート・ショート(超短編)集です。

著者のプロフィールも見ていきましょう。

星新一(1926-1997)
東京生れ。東京大学農学部卒。1957(昭和32)年、日本最初のSF同人誌「宇宙塵」の創刊に参画し、ショートショートという分野を開拓した。1001編を超す作品を生み出したSF作家の第一人者。SF以外にも父・星一や祖父・小金井良精とその時代を描いた伝記文学などを執筆している。著書に『ボッコちゃん』『悪魔のいる天国』『マイ国家』『ノックの音が』など多数。

Amazon商品紹介ページより

私が星新一作品を知ったのはSF好きな友人がおすすめしてくれたのがきっかけでした。

そして読み始めてみるとその作品のインパクトに驚くことになりました。

この本の最初は『悪魔』という作品なのですが、なんと、ページ数にしてたったの5ページ!ですがその5ページの中であっと驚くような物語が展開されます。1ページ目から「これからどうなるんだろう」と惹き付けられ、最後には予想外なオチにハッとさせられる。

「おぉ!これが星新一か!」

そう思わずにはいられない、独自な世界観でした。これはすごい! こんな短いページ数であっと驚く展開を具現化する力に私はすっかり魅了されてしまいました。

しかも、面白いのはもちろんなのですが私はそこに「なんか、オシャレだな」という思いまで抱いてしまいました。

この本は『ボッコちゃん』という可愛さすら感じさせる不思議なタイトルですが、いやいや、その作品はものすごくカッコいいです。オシャレです。スタイリッシュです。

そしてこれだけ短いページ数でかつ膨大な作品を生み出していったというのはロシアの作家チェーホフを連想させます。

チェーホフも膨大な短編を書き、そのユーモア溢れる作風で一世を風靡した作家でした。作家人生の途中からは中編作品が多くなりますが、彼の原点はやはりユーモアあふれる短編にあります。星新一を読みながら大好きなチェーホフを連想している自分に気づきました。

さて、話はそれてしまいましたが『ボッコちゃん』に戻りましょう。

『悪魔』の次はいよいよ表題作の『ボッコちゃん』です。

上の商品解説にもありましたように、この作品は「バーで人気の美人店員「ボッコちゃん」には、大きな秘密があった……。 」という内容です。

この作品も最後のオチが何とも素晴らしい・・・!割と平和な感じでこの物語は進んでいくのですが最後の最後で「おぉっ!」となるまさに星新一の真骨頂です。

そして個人的にこの本の中で一番印象に残ったのがこの次に出てくる『おーい でてこーい』です。

これはある日とある場所に突然出現した「穴」をめぐる物語なのですが、これはとてつもなく深く鋭い風刺が効いた作品です。この作品はぜひぜひおすすめしたいです。

他にも『殺し屋ですのよ』『不眠症』『人類愛』『妖精』などが私のお気に入りです。

特に『妖精』は印象に残っています。仏教的とも言えるその内容に思わず唸ってしまいました。

19歳の女の子の前にある日妖精が現れ、彼女の願いを叶えてくれるという物語なのですがこれがまた頗る面白い!

妖精は何でも願いを叶えてくれます。

たとえば宝石が欲しいと願ったならばそれを得ることができます。

ですが、それにはある条件があります。

それは、自分のライバルにその2倍のものが与えられるという条件です。

つまり、宝石を1個欲しいと願ったら自分のライバルには2個の宝石が与えられることになります。

もし自分が1億円を得られるとしたら、ライバルには2億円のお金が与えられます。

自分の欲しいものは確かに得られるのです。ですが、自分のライバルはそれよりも倍得ることになる。

人間とは不思議なもので、こうなってしまうともうだめです。欲しいと思っていたものも手放してしまうのです。

「あいつが得するくらいなら私はいらない」

そうなってしまうのですね。比較の中でしか生きられない人間の性質。これは仏教でもよく語られることでもあります。

人間の不条理な真理を巧みに描いたこの作品は私の中でも特にお気に入りになりました。

もちろん、この作品は単にこれで終わらず、星新一らしいオチが待っています。私も一本取られました。これは面白いです。

そんな作品がごろごろ収録されているのがこの本です。

星新一作品を読むならまずこの本がおすすめです。

ショートショートというくらいですからひとつひとつの作品はものすごくコンパクトです。

ですのでいつでも気楽に読むことができるのも嬉しいところです。

ぜひぜひおすすめしたい作品です。

以上、「星新一『ボッコちゃん』日本SFの第一人者によるおすすめショート・ショート集!」でした。

前の記事はこちら

関連記事

HOME