V・ハヴェル『ガーデン・パーティ』カフカファンにもおすすめ!劇作家ハヴェルの代表作

カフカの街プラハとチェコ文学

劇作家ハヴェルの代表作!ヴァーツラフ・ハヴェル『ガーデン・パーティ』

今回ご紹介するのは1963年にヴァーツラフ・ハヴェルによって発表された『ガーデン・パーティ』です。

私が読んだのは1969年に思潮社より発行された村井志摩子訳『線路の上にいる猫=現代チェコ戯曲集』所収の『ガーデン・パーティ』です。

この本について見ていく前に著者のヴァーツラフ・ハヴェルのプロフィールを見ていきましょう。

戯曲家であったハヴェルは反体制知識人として「プラハの春」後共産党政権に抗議活動を行ない、幾度となく逮捕・投獄された。1989年、ビロード革命を率いて民主化を成し遂げ、チェコスロヴァキア共和国大統領に就任(在任1989~92)。さらにチェコ共和国初代大統領(在任1993~2003)も務めた。

第二次世界大戦後、チェコスロヴァキアの人々は40年にわたる共産主義の圧政に苦しんでいた。もはやその不自由さは当たり前の苦しみとして生活に入り込み、ポスト全体主義体制となって人々を疲弊させていた一。1989年、プラハの学生たちが火付け役となり、ハヴェルは「市民フォーラム」を率いて彼らを支援。誰もが不可能と思い込んでいた革命を成し遂げた。

1989年11月、中世の面影を残す首都プラハのヴァーツラフ広場に5万人を超す市民が集い、ハヴェルは国の伝統的な信念を表す言葉「真実は勝つ」を用いて民衆に勝利宣言。それは流血を伴わず、滑らかなビロードのように遂行されたため「ビロード革命」と呼ばれた。市民は「ハヴェルを城へ(Havel na Hrad)」を合言葉に、プラハ城にある大統領の椅子へとハヴェルを押し上げた。

NHK出版、阿部賢一『NHK 100分de名著 2020年2月』「ヴァーツラフ・ハヴェル『力なき者たちの力』」より 

ハヴェルは後にチェコ大統領になった劇作家です。

彼は富裕な資本家の家に生まれたために共産党政権から厳しい迫害を受けていました。『ガーデン・パーティ』はそんな彼が舞台の裏方の仕事をしてなんとか文学の世界で生きていた頃に書かれた作品です。

ではこの本が書かれた背景について編者あとがきを見ていきましょう。

彼が『ガーデン・パーティ』を書きおろした時は、まだ、プラハの小劇場ディバドロ・ナ・ザーブラデゥリーで、裏方の仕事をしている時だった。私にとって、一九六二年クレイチャの演出で、この劇場で西ドイツの作家フバーレックの、「テーパの英雄達」と云うレパートリーの稽古の時、印象に残った青年だった。

彼が、照明係をやり乍ら、喰い入るようにクレイチャの演出を眺めているのが印象的だった。この劇場の総支配人で、演出家で理論家のヤン・グロスマンは、このパントマイムのフィヤルカで売っていた小劇場を、戯曲も上演する劇場にするためには、チェコ人の尊敬する演出家、クレイチャの仕事を旗上げ公演に持って来ることによってしかないことを見抜いていた。

ハべルは、資本家の息子であった為に、DAMU(演劇大学)に入学することを拒否され、この劇場で、裏方として働いていたのだ。トポルのように、一般的な家庭でDAMUに入学を許されていながら、学校での教育にあきたらず、E・P・ブリヤンの劇場に参加したのとは対称的な作家だ。

グロスマンは、ハべルを世に出すには、クレイチャの演出によらなければならないと判断し、一九六三年の十二月に、プレミエルを持った。チェコでは、E・F・ブリヤンの当時(一九一八~三九)ヴォスコべツとヴェイリッヒの二人のコンビがやっていた、自由劇場は、常に諷刺的なミュジカル・コメディで、当時のチェコ人の人気を独占していたが、この「ガーデン・パーティ」は、チェコが社会主義社会になってからの、初めての不条理的な笑いを創り出した。

ディバドロ・ナ・ザープラデゥリーと云う劇場は、昔、修道院だった所で、その欄干のある二階の廻廊は、かつて、修道僧達が、散歩していた廻廊で、石の中庭を見下ろせるようになっている。観客席は二百人足らずの小劇場である。この劇場から、こうした笑いが爆発したのだから、私には不思議に思われた。
※適宜改行しました

思潮社、村井志摩子訳『線路の上にいる猫=現代チェコ戯曲集』P242

ハヴェルは資本家の息子であったため、行きたかった演劇大学にも行けず、劇場で裏方の仕事をしながら独学で勉学を続けていました。

ですが、ハヴェルはそこで頭角を現し、上の解説にありますように周囲の人たちから認められ、作品発表の機会を与えられたのでした。

では、その「ガーデン・パーティ」とはどんな作品だったのでしょうか。

それは、アクションから来るてらい、、、おもねり、、、、からではなく、クールな笑いとしてその劇場から流れ出た。観客席になっている場所は、修道僧達の講堂だったところで、ロビーに利用されていた場所には古風なソファがおかれていて、片すみには、マントロビースの火がたかれるように冬の夜などは用意されていた劇場だった。(一九六七年に改装)。

舞台の袖は狭く、出入りは上手しかない劇場だ。官僚主義と、新しく造語された社会主義社会の慣用語に機械化された人間関係を、鋭く諷刺していたこの戯曲は、三年もロングランされた。切符は売り切れ、一月も前から予約をしておかねば、この笑いを、笑いとばすことは出来なかった。

ハべルは、一躍チェコの人気者となった。その笑い声は、爆笑と云ってよいほどのもので、観客は、笑いのために、目に涙がたまるほどだったらしく、休憩時間にロビーにあふれた観客の多くは、ハンカチで涙をぬぐっていた。
※適宜改行しました

思潮社、村井志摩子訳『線路の上にいる猫=現代チェコ戯曲集』P 242-243

それは、アクションから来るてらい、、、おもねり、、、、からではなく、クールな笑いとしてその劇場から流れ出た」というのが重要です。

ハヴェルの『ガーデン・パーティ』は不条理劇と言われるジャンルになります。

わかりやすいお笑い劇ではなく、とにかくシュール。

噛み合わない会話ややりとり、風刺で観客を笑わせます。

しかもハヴェルのこの作品の不条理さはまるでカフカを思わせるような、不思議な展開です。

登場人物達の突飛さ、まともな会話なようでまったく噛み合っていない不自然さ、そしてそれにもかかわらずなぜか事が進展していくという不思議。

カフカ的世界観がソ連抑圧下のプラハに甦ったかのような作品です。

話の大筋としては、ある家庭においてその両親が息子の就職先を心配しています。この両親がソ連支配の機械的な官僚主義を風刺していて奇妙な会話を繰り広げ続けます。

しかしその息子はどこ吹く風。しかもなかなか頭がきれるこの息子が、その仕事を得るために向かうのが「ガーデン・パーティ」です。

ガーデン・パーティの主催者である官僚組織のもとへ訪れた彼は、その役人たちと奇妙な会話を始めます。

ここでのやりとりは両親をはるかに超える奇妙さです。

何を言っても通じない人々。彼らにしかわからない、いや彼らもわかっていないソ連的な言葉をただただ繰り返し、会話が全く進んで行きません。

ハヴェルはこうした役人たちを登場させることでソ連的な官僚主義を風刺しています。

息子は飄々とそんな彼らをうまくあしらい、最後は見事パーティから帰還します。

この作品のあらすじや内容について簡単にまとめるのは極めて難しいです。あまりに不条理でどう言えばいいのかさっぱりわかりません。

ただ、カフカが好きな方には確実にハマると思います。

実際、上の引用にもありましたようにこの作品はプラハ市民に大ウケでした。

官僚主義と、新しく造語された社会主義社会の慣用語に機械化された人間関係を、鋭く諷刺していたこの戯曲は、三年もロングランされた。切符は売り切れ、一月も前から予約をしておかねば、この笑いを、笑いとばすことは出来なかった。

ハべルは、一躍チェコの人気者となった。その笑い声は、爆笑と云ってよいほどのもので、観客は、笑いのために、目に涙がたまるほどだったらしく、休憩時間にロビーにあふれた観客の多くは、ハンカチで涙をぬぐっていた。

この作品がどれだけプラハ市民に笑いを提供したかがよくわかりますよね。

プラハは「言葉」を大切にした文化が根付いた都市です。

そうした文化の力を感じさせるのもこの作品のすごさだと思います。具体的にそれはどういうことなのかということまではここではお話しできませんが、読んでみればきっとそれは感じられると思います。

プラハの文化レベルの高さを感じられる素晴らしい作品です。

日本ではほとんど知られていない作品かと思いますが、プラハ文化を感じる上で非常に興味深い作品です。カフカファンにもきっと合うと思います。

おすすめな作品です。

以上、「V・ハヴェル『ガーデン・パーティ』カフカファンにもおすすめ!劇作家ハヴェルの代表作」でした。

前の記事はこちら
V・ハヴェル『プラハ獄中記―妻オルガへの手紙』ソ連抑圧下の未来のチェコ大統領の監獄からの書簡集

関連記事
海外旅行に絶対オススメ!百塔の街プラハ 世界一周記チェコ編一覧
O.A.ウェスタッド『冷戦 ワールドヒストリー』冷戦時代の世界を網羅したおすすめ通史
トニー・ジャット『ヨーロッパ戦後史』世界の仕組みを学ぶのに最高な1冊!
『鉄のカーテン 東欧の壊滅1944-56』戦後のソ連体制下の東欧を知るのにおすすめ!
ヴィクター・セベスチェン『東欧革命1989 ソ連帝国の崩壊』共産圏崩壊の歴史を学ぶのにおすすめ!
『「連帯」10年の軌跡 ポーランド・おしつぶされた改革 チェコスロバキア 』~プラハの春の流れを知るのにおすすめ

ジョセフ・クーデルカ『プラハ侵攻1968』傑作写真集!プラハ市民はいかに戦車と向き合ったのか!
クンデラ『存在の耐えられない軽さ』あらすじと感想~プラハの春以後の共産主義支配の空気を知るために
春江一也『プラハの春』あらすじと感想~これを読めばプラハが好きになる!
驚異の名著!V・ハヴェル『力なき者たちの力』チェコ大統領による必読エッセイ~知らぬ間に全体主義に加担する私たち
『ハヴェル自伝 抵抗の半生』劇作家からチェコ大統領へープラハの春からビロード革命へ
「Reduta Jazz Club」を訪ねて~プラハのおすすめ老舗ジャズクラブーソ連抑圧時代にもチェコ文化を発信し続けた伝説的クラブ

HOME