レーニン伝から見るツルゲーネフ~レーニンが特に好んだ作家

ツルゲーネフとドストエフスキー

革命家レーニンはツルゲーネフ作品をどう見たのか~レーニン伝から見るツルゲーネフ

先日ご紹介したロバート・サーヴィス著『レーニン』にロシアの偉大な文豪ツルゲーネフについての記述がありました。レーニン(本名ウラジーミル・ウリヤーノフ)は革命思想に触れる前の若い頃にツルゲーネフを読み耽っていた時期があったそうです。

それは1886年、彼の父が急死した時期に遡ります。

ヴラジーミルは深く動揺し、自分の中に閉じこもった。これまでの陽気な少年は消えうせた。本が慰めになり、ロシアの古典文学の多くをむさぼり読むようになった。彼の好みは、ゴーゴリからツルゲーネフに移った。

当時の生活をゴーゴリ的に戯画化したいと思っていた気持ちがなくなった。今や、ヴラジーミル・ウリヤーノフは、ツルゲーネフの描く地方生活の落ち着いた敏感な描写の方を好むようになった。ツルゲーネフの小説では、著者の公的なメッセージは決して明白ではなかった。読者は、彼がともかく体制の変化を望んでいることは想像できた。しかし彼は自由主義者なのか、短気な保守主義者なのか、それとも革命家なのか。

ヴラジーミル・ウリヤーノフが、彼が新しく好きになったこの小説家の作品をどう解釈したかは、知られていない。後の彼の発言は、彼が未成年期に思っていたことを必ずしも忠実に反映していなかった。しかし、その両者の間にいくらかの類似もあった。
※適宜改行しました

岩波書店、ロバート・サーヴィス著、河合秀和訳『レーニン』上巻P71-72

レーニンがツルゲーネフを好きになったきっかけは父の死にあったようです。そして繊細な心理描写や落ち着いた荘園生活を想像させる彼の小説に惹かれていったようです。

以前紹介した記事でもお話ししましたが、レーニンはツルゲーネフのような大地主の子ではありませんでしたが、十分裕福で温かい家庭の中で育ちました。

彼の青年期はそれこそツルゲーネフの小説世界に近い生活だったため、親近感もあったのかもしれません。

ウリヤーノフ家の一員であることは、教育の向上、皇帝が同意する限りのことであっても現実に可能な向上を目指すことであった。成人のウリヤーノフは、ロシアの現実にたいする自分のマルクス主義的解釈を証明してくれるような状況をツルゲーネフの小説の中から拾い出した。

ツルゲーネフの文章の中には、多くの無気力な土地所有貴族と、多くの善意ではあるが無力な知識人がおり、レーニンは帝政社会を非難する自分の著作の中で彼らを利用した。おそらくツルゲーネフは、どんなに話し合っても世界は変わらないことを強調した点でも影響を及ぼしたであろう。必要なのは行動だと、いうのである。

ツルゲーネフの作中人物はほとんどが行動できない人々であった。小説家は彼らが状況を変える機会すらほとんど持っていないことを憐れんだが、成人したレーニンは彼らを嘲り笑った。

一八八六年までのウリヤーノフ家の歴史の中に、ロシア帝国の中での生活の向上に貢献するような活動に家族の一員が参加しているいくつかの例がある。ヴラジーミルが一番尊敬していた職業は医者と教師であった。

彼ら医師と教師は、ツルゲーネフの小説や一九世紀末のアントン・チェーホフの戯曲に出てくるような治療しない医師、教えることのない教師であった。ヴラジーミルが尊敬していたのは実際的な専門家であった。
※適宜改行しました

岩波書店、ロバート・サーヴィス著、河合秀和訳『レーニン』上巻P71-72

革命家になってからのレーニンはツルゲーネフ作品の登場人物に反面教師的な姿を見出したようです。ただやはりこれだけがツルゲーネフを好んだ理由ではなく、一つ前の引用に出ていたようにツルゲーネフの美しい情景描写がレーニンの心を打っていたからこそなのかもしれません。たしかに『猟人日記』や『貴族の巣』など美しいの風景描写は、彼の自然への感性や愛とマッチした可能性があります。

ツルゲーネフを違った読み方で読むこともできるであろう。例えば彼を優しさというものを守ろうとする人、あるいはハムレットのような不決断を体現した人と見ることもできるであろう。また彼を自分の思想の内容よりもそれを表現する形式の方に関心のある言葉の芸術家と見ることもできるであろう。

しかしヴラジーミル・ウリヤーノフにとっては、ツルゲーネフは帝政社会の正さねばならない欠点を見事に描き出した画家であった。
※適宜改行しました

岩波書店、ロバート・サーヴィス著、河合秀和訳『レーニン』上巻P71-72

「彼を優しさというものを守ろうとする人、あるいはハムレットのような不決断を体現した人と見ることもできるであろう。」、「ツルゲーネフは帝政社会の正さねばならない欠点を見事に描き出した画家であった」と言われるとたしかにその通りな面があるなと思わず納得してしまいました。

こうした点が端的に表れているのが、彼の代表作『ルーヂン』という作品です。

「ロシアの余計者」と呼ばれる「行動が伴わない知識人」の典型をこの作品でツルゲーネフは描きました。

革命家レーニンにとっては何よりも行動こそが大切で、それができぬ彼ら「ロシアの余計者」は克服せねばならぬ青年像の典型だったのではないかと思われます。

一つ前の引用にもありましたチェーホフの「治療しない医師、教えることのない教師」というのも、その典型が、『六号病棟』や『たいくつな話』、『決闘』などで見ることができます。

レーニンが文学をどのように見ていたのかというのは非常に興味深い問題です。指導者の好みはその国の文化にも影響を与えます。彼の方針で「何が善であるか」が規定され、それに基づいて新たな文学が生み出されたり、過去の文化を解釈していくことになるからです。

ドストエフスキーと同時代人の大文学者たちがソ連時代にどう受け止められていたのかということを知ることで、ソ連時代に書かれたドストエフスキー像がどのような背景で作られていったかを垣間見ることができます。これはドストエフスキーを知る上でとても気になる部分です。

ドストエフスキーは時代や地域、価値観の違いによってとてつもなくその姿が様々に解釈されます。唯一絶対のドストエフスキー像というのは存在しないかもしれません。

そういうことを考えながら読んでいくのもドストエフスキー、いや、思想や文化を学ぶ上で大切な視点ではないかなと思いました。

以上、「レーニン伝から見るツルゲーネフ~レーニンが特に好んだ作家」でした。

関連記事

HOME