ツルゲーネフ

イギリス・ドイツ文学とドストエフスキー

シェイクスピアの代表作『ハムレット』あらすじ解説―名言「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」を生んだ名作

名言「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」を生んだ名作 シェイクスピアの代表作『ハムレット』あらすじ解説 『ハムレット』は1600年にシェイクスピアによって書かれた劇作品です。 私が読んだのは新潮社、福田恆存訳の『ハム…

イギリス・ドイツ文学とドストエフスキー

シェイクスピア入門におすすめ!阿刀田高『シェイクスピアを楽しむために』―これを読めばシェイクスピアが一気に読みやすくなります!

ツルゲーネフとシェイクスピアの『ハムレット』 これまでツルゲーネフの作品をご紹介してきましたが、その最後の記事で彼の『ハムレットとドン キホーテ』という作品についてお話ししました。 その作品ではツルゲーネフがシェイクスピ…

ツルゲーネフとドストエフスキー

佐藤清郎『観る者と求める者 ツルゲーネフとドストエフスキー』これ1冊で両者の個性が浮き上がってきます!

佐藤清郎『観る者と求める者 ツルゲーネフとドストエフスキー』これ1冊で両者の個性が浮き上がってきます! 今回ご紹介する佐藤清郎著『観る者と求める者 ツルゲーネフとドストエフスキー』は1993年、武蔵野書房より発行されまし…

ツルゲーネフとドストエフスキー

ツルゲーネフ『ハムレットとドン キホーテ』あらすじ解説―ツルゲーネフの文学観を知るのにおすすめ

ツルゲーネフ『ハムレットとドン キホーテ』あらすじ解説―ツルゲーネフの文学観を知るのにおすすめ 『ハムレットとドン キホーテ』は1860年にツルゲーネフによって行われた講演を論文化した作品です。 私が読んだのは岩波書店、…

ツルゲーネフとドストエフスキー

ツルゲーネフ『処女地』あらすじ解説―ドストエフスキー『悪霊』との比較に最適!

ツルゲーネフ『処女地』あらすじ解説―ドストエフスキーの『悪霊』と比較に最適! 『処女地』は1877年にツルゲーネフによって発表された長編小説です。 私が読んだのは岩波書店、湯浅芳子訳の『処女地』です。 早速表紙のあらすじ…

ツルゲーネフとドストエフスキー

ツルゲーネフ『煙』あらすじ解説―文学における芸術を知るならこの本がおすすめ!

ツルゲーネフ『煙』あらすじ解説―文学における芸術を知るならこの本がおすすめ! 『煙』は1867年にツルゲーネフによって発表された長編小説です。 私が読んだのは河出書房新社『世界文学全集9 プーシキン ツルゲーネフ』所収の…