Shinran and Dostoevsky

Shinran and Dostoevsky

Blog Updates for FY2022 - Summary of last year and policy for this year. This year we are finally heading to the mainland!

あけましておめでとうございます。

僧侶のブログとしては謎としか言いようのないラインナップでお届けした昨年の記事たちでしたが、今年もまだまだそれは続きます。

一見バラバラにも思える記事たちですが、私の中では「親鸞とドストエフスキー」という一貫したテーマで考え続けています。全ては繋がっています。

今年もよろしくお願いします

Shinran and DostoevskyShinran and Dostoevsky

Why am I, a monk, reading Dostoevsky and world literature?" Articles - The Surprising Similarities Between Shinran and Dostoevsky

Shinran and Dostoevsky.

A monk who lived from the late Heian to Kamakura periods, and on the other hand, a great writer representing 19th century Russia.

What if two people who seem to be completely unrelated actually have a significant connection?

This summary article describes such an encounter between me and Dostoevsky and why I, as a monk, must study Dostoevsky.

DostoevskyShinran and Dostoevsky

What should I read in the Dostoevsky materials? -Who is Dostoevsky after all?

この記事では今後の方向性とドストエフスキー研究について思うことをお話ししていきます。

ドストエフスキー全集を2019年の8月から読み始めた私でしたが、いざドストエフスキーのことを知ろうとするにあたってまず私が困ったのが「何から読み始めればいいのかがわからない」ということでした。

Dostoevsky is too famous, too huge a writer.

そのため参考書の数も膨大で、しかもそれぞれ述べていることが全く違ったりします。なぜそういうことが起こるのでしょうか?では私たちはどうしたらいいのでしょうか?そうしたことをこの記事では考えていきます。

Shinran and DostoevskyShinran and Dostoevsky

Surprising similarities between Shinran and Dostoevsky - Echigo exile and Siberian exile

Shinran and Dostoevsky.

A monk who lived from the late Heian to Kamakura periods, and on the other hand, a great writer representing 19th century Russia.

What would you think if these two people who seem to have absolutely nothing in common are actually very similar?

と、いうわけで、この記事では親鸞とドストエフスキーの共通点についてざっくりとお話ししていきます。

DostoevskyShinran and Dostoevsky

What was Dostoevsky like? ~ Read the complete works of Dostoevsky

ドストエフスキー全集を読み始めた私でしたが、そのどぎつさ、膨大な量に苦しむことになりました。

ですが、ある時から急にそれが変わっていきます。

そして伝記や参考書も駆使して2周目に突入するとそれまでとは違うドストエフスキーを感じるようになりました。

人間のどす黒さをこれでもかと暴き出すドストエフスキーに、優しさを感じ始めたのです。

About ReadingShinran and Dostoevsky

Numbed by Hideo Kobayashi's "On Reading! This is how I started reading Dostoevsky - my encounter with Dostoevsky⑷.

『カラマーゾフの兄弟』を学生時代以来、9年ぶりに読み返してみて私は驚きました。

やはりこの小説はすごい・・・!

初めて読んだ時に衝撃を受けた箇所はもちろん、前回そこまで目に留まらなかった箇所でも「こんなことが書かれていたのか」と新たな感動を受けました。

そしてちょうどその時に読んでいたもう1冊の本、小林秀雄の『読書について』が私の道筋を決定づけることになります。

この本がきっかけで私はドストエフスキーに完全にのめり込むようになったのでした。

Shinran and Dostoevsky

My Round-the-World Journey, Don Quixote's Ideals, and Dostoevsky: My Encounter with Dostoevsky (3)

2019年の世界一周の旅から帰国後、私はお寺の行事を通して多くの子供たちと出会いました。

そして彼らがきっかけとなり私はドストエフスキーと再会することになります。これが私とドストエフスキーの第二の出会いでした。

この時から今現在に至るまでドストエフスキーの研究を継続して行っています。

彼を学ぶうちにドストエフスキーと浄土真宗の開祖親鸞聖人との驚くべき共通点が明らかになってきました。ますますドストエフスキーを学ぶ意味が大きくなってきています。

The Brothers KaramazovShinran and Dostoevsky

The Shock of the Grand Inquisitor in The Brothers Karamazov! What exactly is religion? My encounter with Dostoevsky (⑵)

『カラマーゾフの兄弟』を読んで、「宗教とは何か」「オウムと私は何が違うのか」と悩んでいた私の上にドストエフスキーの稲妻が落ちます。

I have come to know. There is no turning back now.

これまで漠然と「宗教とは何か」「オウムと私は何が違うのか」と悩んでいた私に明確に道が作られた瞬間でした。

Will I be able to overcome this problem?

Is religion really what the Grand Inquisitor says it is?

This was the second origin of my study of religion.