(16) Lenin's Mausoleum as a Temple of Lenin's Death and Still Living

History of the Soviet Union under Lenin and Stalin

ヴィクター・セベスチェン『レーニン 権力と愛』を読む(16)

引き続きヴィクター・セベスチェン著Lenin, Power and Love.The following are some of the memorable passages from the

レーニンの晩年ーレーニン最大の誤りとは

1922年頃よりレーニンの体調が著しく悪化していきます。もはや表立って政治の舞台に出てくることすら困難なほどでした。

絶対的な指導者の死が目前に迫ってきた党内部では後継者が誰になるのかというのが緊急の問題になります。この後継者を選ぶという大きな仕事がレーニンに託されていたのですが、体調が悪化したレーニンはそれを万全にこなすことができなかったのでした。

レーニンの最大の誤りの一つは、後継者選びの規定を定めていなかったことだ。多くの有力で強力な指導者と同じく、自分の後を継ぐ能力のある人間をだれも思いつかなかったのだ。レーニンが自分の死後のソヴィエトの指導をどう考えていたのか、正確なところはだれにも分からない。はるかに手遅れになるまで、そのことを真剣に考えていなかったことはあきらかだ。ある種の集団指導を望んでいたことは考えられるが、後継者が登場する手順は定めていなかったのである。

白水社、ヴィクター・セベスチェン、三浦元博、横山司訳『レーニン 権力と愛』下巻323

レーニンの遺言

レーニンは寝たきりになり、政治から孤立させられてしまうと、一九ニニ年一二月二二日~二三年一月四日の間、多くは公設秘書の一人マリヤ・ヴォロディチェワに遺言を口述した。(中略)

最初の部分は一二月二四日に口述された。「同志スターリンは、書記長となって絶大な権力を手に集めており、わたしは彼がその権力を十分注意して行使する術を知っているかどうか確信がもてない。他方、同志トロツキーは……その非凡な能力ばかりかー個人としては、彼はおそらく現在の〔党〕中央委員会でもっとも有能な人物であるー、過剰な自信と彼の仕事の純粋に行政的な側面に対する過剰な熱意においても、際立っている。二人の優れた指導者のこうした資質は、まったくふとしたことで分裂につながり、もしわが党がそれを防ぐ手立てを取らないなら、思いがけなく分裂が生じる可能性がある」

白水社、ヴィクター・セベスチェン、三浦元博、横山司訳『レーニン 権力と愛』下巻P324-325

レーニンの後継者の候補は当時書記長にまでなっていたスターリンと、党中央委員で最も優秀なトロツキーの2人が有力でした。しかしこの二人を野放しにすると党が思いがけない分裂につながりかねないとレーニンは危惧していたのです。

次いで一月四日、彼はフォテイエワを呼び、「遺言」に爆発性を秘めた追記を加える。「スターリンは粗暴すぎ、この欠陥はわれわれの内輪と、われわれ共産党員の間の関係においては完全に許されるけれども、書記長としては許されない。スターリンをそのポストから外し、代わりにただ一つの優位点、すなわちより寛大で、より忠実で、より礼儀正しく、他の同志に対してもっと思いやりがあり、それほど気まぐれではないという優位点をもっていることによって、スターリンとすべての点で異なる別の人物を任命する方法について、同志諸君が考えるようわたしが提案する理由は、それである」

レーニンとスターリンの最後の口論は個人的なものであり、政治的なものではなかった。レーニンは死ぬ間際になって突然、スターリンの本性を見抜いたわけではない。かねて知っていたが、「あのすばらしい」グルジア人の冷酷な不道徳性をそれほど気にしてこなかったのである。レーニンがこの怪物を生み出したのであり、いまスターリンにソヴィエト指導者になる大きな可能性を残しつつあるのは、彼の最大の罪であった。

白水社、ヴィクター・セベスチェン、三浦元博、横山司訳『レーニン 権力と愛』下巻P325

In his last will and testament, Lenin wrote that "Stalin was not a suitable successor. However, as it turned out, Stalin's clever trickery prevented this will from being called into question, and Stalin went on to lead the Soviet Union as Lenin's successor.

そしてレーニンは1924年1月21日、53歳でその生涯を終えました。

レーニンの遺体をめぐる論議

レーニンはぺトログラードのヴォルコヴォ墓地で、母と妹オリガの隣に埋葬されることを望んでいた。ナージャら家族は、国葬が終わればすぐに内輪の葬儀を行って、そうなるものと考えていた。墓には普通の質素な墓石を置きたかった。

だが、クレムリンの舞台裏で、レーニンの遺体をめぐる論議が始まる。レーニンの遺体を保存し、聖人の遺体のように展示するという、その異様な計画を最初に提案したのがだれなのかははっきりしていない。重鎮の何人かがのちに、それは自分だと言っているが、スターリンとジェルジンスキーがーナージャやレーニンの妹たち、弟ドミトリーの希望に逆らってーこの計画を強引に推し進めた。

白水社、ヴィクター・セベスチェン、三浦元博、横山司訳『レーニン 権力と愛』下巻P337

Lenin himself may not have imagined that after his death, his body would be embalmed, preserved semi-permanently, and venerated. Lenin's family also wanted him to be buried in a tomb after his death.

But his body was crucial to the Soviet Union's leadership. The people who took notice of this, overcoming the opposition of his family, would make Lenin into the very immortal god that he was.

レーニンの防腐処置とレーニン崇拝

最初はレーニンの死の翌日に検死を行った病理学者、アレクセイ・アブリコソフ博士が遺体を葬儀まで六日間保存するために、防腐処置を施した。ところが、スターリンが共同委員長を務める葬儀委員会は一月二四日、この病理学者に四〇日間の防腐処置を命じた。これはロシア正教ではそれほど奇異な望みではない。ロシア正教では、しばしば遺体のそばで四〇日間にわたって祈りが唱えられる習わしがある。最初、ナージャはそれをきっぱり断ったが、もし同意してくれるなら、一カ月後にその計画について再び議論できるとジノヴィエフに言われ、態度を軟化させた。

だがこの時すでに、重鎮たちは、できれば赤の広場の廟に保存する形で「無期限に……できれば永久に」遺体を置いておこうと決めていた。

マルクス主義に転向する前、短期間カトリック僧職の教育を受けたことがあるジェルジンスキーは、こう言った。「科学が人体を長期間保存できるのなら、ぜひそうしよう。皇帝は皇帝という理由だけで、遺体に保存処置を施された。われわれはレーニンがほかのだれとも違って、偉大な人物だからそうするのだ」。

かつて正教の神学校生だったスターリンは、ある閣僚会合で「われわれはレーニンが生きていることを示さなければならない」と語った。

カーメネフやブハーリンら、多くの古参同志は仰天した。おそらく晩年のレーニンにもっとも近かったウラジーミル・ポンチ=ブルエヴィッチは、レーニン本人もこの考えを知ったら衝撃を受けただろうと思うと言った。

トロツキーは、レーニンの遺体の防腐処置は中世の宗教祭儀のようだと言った。「かつてはラドネジのセルギウスやサロフのセラフィムの聖遺物があった。今度はこれをウラジーミル・イリイッチの遺物に置き換えたいわけか」と。

だが、決定は下された。ボリシェヴィキはレーニン崇拝の神殿を必要としていた。そして、クレムリンの脇に、防腐処置を施され、腐敗を免れて眠る遺体がその巡礼地になるのであった。(中略)

レーニンの葬儀から五週間後の一九二四年二月二六日、ソヴィエト・ロシアを預かるマルクス主義無神論者たちは、皮肉のつもりはまったくなく、仰々しく命名された「不滅化委員会」を発足させたのである。
Some line breaks have been made.

白水社、ヴィクター・セベスチェン、三浦元博、横山司訳『レーニン 権力と愛』下巻P337-339

レーニン廟 Wikipedia.

The preservation and "permanent" veneration of Lenin's body sounds very religious. In the atheistic Soviet Union, this was a paradoxical form of worship.

レーニン廟と今なお生き続けるレーニン

クレムリンの重鎮たちにとって、防腐処置された遺体と異常なレーニン崇拝は、宗教と政治の儀式の奇怪な融合を超えたさまざまなメッセージを送った。レーニンは歓呼の下に現世の聖人であると宣言され、彼を崇拝することは人民の義務になった。

だが、赤の広場の地下聖堂は単に神殿であるだけではない。それは、ロシア人がレーニンの死後もなお、彼から解放されていないことを示す物理的な暗示だったのだ。ロシア人はなおも彼の戒律に従うことを要求されることになるー厳粛に任命された後継者を通じて。

木造の廟は一九三〇年に大理石と花崗岩の建物に取り換えられ、レー二ンの革命から一〇〇年後の今も残っている。ソ連の祝祭日に、後の世代のコミュニスト指導者ツァーリが大衆に演説する演壇を付設するアイデアを考案したのは、彼の旧友のレオニード・クラーシンである。地下聖堂が旅行者に公開されたあと、八〇年間に、推定二〇〇〇万人が廟を訪れ、防腐処置を施された不気味に蝋のようなレーニンを眺めた。

レーニンの後を襲ったソ連の族長たちは、レーニンの業績が自分たちの統治を正当化すると信じていた。一世紀ののち、レーニンは新種の専制支配者たちに利用された。彼らには共産主義は余計かもしれないが、それでも彼らは、レーニンをロシアの伝統に沿った実力者として崇める極端なナショナリストなのである。
*Lines have been changed as appropriate.

白水社、ヴィクター・セベスチェン、三浦元博、横山司訳『レーニン 権力と愛』下巻P344-345

Lenin is dead, but he lives on in Russia. The existence of Lenin's Mausoleum is connected to Russia in a much deeper way than we can imagine. This is a very important issue for the study of religion, and even for the study of human beings themselves.

At the End - Reading "Lenin: Power and Love"

16回にわたって読んできた『レーニン 権力と愛』でしたがいかがでしたでしょうか。きっと驚くような発見がいくつもあったと思います。

I myself was so taken aback by this book that I read it in one sitting, so engrossed in it that I couldn't help but shout out. Such an exciting book is hard to find.

Above all, Lenin is a rather minor figure in Japan, even though his name is well known. I knew very little about him until I studied Soviet history.

But after reading this book, I realized that learning about Lenin is directly related to learning about the present day.

Lenin's political methods are still relevant today. In this book we have seen such fearful political skills of Lenin. We must also learn to protect ourselves from the politics of fear by politicians like him.

You may think that Lenin is a man of world history, a special person, and that this is an issue that has nothing to do with us. However, it seems to me that Lenin raises a very serious question when we consider what is the essence of human nature. Leninism" can happen anywhere in the world. I would like to keep that in mind.

以上、「レーニンの死と今なお生き続ける神殿としてのレーニン廟『レーニン 権力と愛』を読む(16)」でした。

Next Article.

Click here to read the previous article.

「レーニン伝を読む」記事一覧はこちらです。全部で16記事あります

Related Articles

HOME