レーニンの死と今なお生き続ける神殿としてのレーニン廟『レーニン 権力と愛』を読む(16)

レーニンとスターリン~ソ連を学ぶ

ヴィクター・セベスチェン『レーニン 権力と愛』を読む(16)

引き続きヴィクター・セベスチェン著『レーニン 権力と愛』の中から印象に残った箇所を紹介していきます。

レーニンの晩年ーレーニン最大の誤りとは

1922年頃よりレーニンの体調が著しく悪化していきます。もはや表立って政治の舞台に出てくることすら困難なほどでした。

絶対的な指導者の死が目前に迫ってきた党内部では後継者が誰になるのかというのが緊急の問題になります。この後継者を選ぶという大きな仕事がレーニンに託されていたのですが、体調が悪化したレーニンはそれを万全にこなすことができなかったのでした。

レーニンの最大の誤りの一つは、後継者選びの規定を定めていなかったことだ。多くの有力で強力な指導者と同じく、自分の後を継ぐ能力のある人間をだれも思いつかなかったのだ。レーニンが自分の死後のソヴィエトの指導をどう考えていたのか、正確なところはだれにも分からない。はるかに手遅れになるまで、そのことを真剣に考えていなかったことはあきらかだ。ある種の集団指導を望んでいたことは考えられるが、後継者が登場する手順は定めていなかったのである。

白水社、ヴィクター・セベスチェン、三浦元博、横山司訳『レーニン 権力と愛』下巻323

レーニンの遺言

レーニンは寝たきりになり、政治から孤立させられてしまうと、一九ニニ年一二月二二日~二三年一月四日の間、多くは公設秘書の一人マリヤ・ヴォロディチェワに遺言を口述した。(中略)

最初の部分は一二月二四日に口述された。「同志スターリンは、書記長となって絶大な権力を手に集めており、わたしは彼がその権力を十分注意して行使する術を知っているかどうか確信がもてない。他方、同志トロツキーは……その非凡な能力ばかりかー個人としては、彼はおそらく現在の〔党〕中央委員会でもっとも有能な人物であるー、過剰な自信と彼の仕事の純粋に行政的な側面に対する過剰な熱意においても、際立っている。二人の優れた指導者のこうした資質は、まったくふとしたことで分裂につながり、もしわが党がそれを防ぐ手立てを取らないなら、思いがけなく分裂が生じる可能性がある」

白水社、ヴィクター・セベスチェン、三浦元博、横山司訳『レーニン 権力と愛』下巻P324-325

レーニンの後継者の候補は当時書記長にまでなっていたスターリンと、党中央委員で最も優秀なトロツキーの2人が有力でした。しかしこの二人を野放しにすると党が思いがけない分裂につながりかねないとレーニンは危惧していたのです。

次いで一月四日、彼はフォテイエワを呼び、「遺言」に爆発性を秘めた追記を加える。「スターリンは粗暴すぎ、この欠陥はわれわれの内輪と、われわれ共産党員の間の関係においては完全に許されるけれども、書記長としては許されない。スターリンをそのポストから外し、代わりにただ一つの優位点、すなわちより寛大で、より忠実で、より礼儀正しく、他の同志に対してもっと思いやりがあり、それほど気まぐれではないという優位点をもっていることによって、スターリンとすべての点で異なる別の人物を任命する方法について、同志諸君が考えるようわたしが提案する理由は、それである」

レーニンとスターリンの最後の口論は個人的なものであり、政治的なものではなかった。レーニンは死ぬ間際になって突然、スターリンの本性を見抜いたわけではない。かねて知っていたが、「あのすばらしい」グルジア人の冷酷な不道徳性をそれほど気にしてこなかったのである。レーニンがこの怪物を生み出したのであり、いまスターリンにソヴィエト指導者になる大きな可能性を残しつつあるのは、彼の最大の罪であった。

白水社、ヴィクター・セベスチェン、三浦元博、横山司訳『レーニン 権力と愛』下巻P325

レーニンは遺言において「スターリンは後継者にはふさわしくない」と記しました。しかし、結果的にはこの遺言はスターリンの巧みな策略によって問題にされず、スターリンがレーニンの後継者としてソ連を指導していくことになりました。

そしてレーニンは1924年1月21日、53歳でその生涯を終えました。

レーニンの遺体をめぐる論議

レーニンはぺトログラードのヴォルコヴォ墓地で、母と妹オリガの隣に埋葬されることを望んでいた。ナージャら家族は、国葬が終わればすぐに内輪の葬儀を行って、そうなるものと考えていた。墓には普通の質素な墓石を置きたかった。

だが、クレムリンの舞台裏で、レーニンの遺体をめぐる論議が始まる。レーニンの遺体を保存し、聖人の遺体のように展示するという、その異様な計画を最初に提案したのがだれなのかははっきりしていない。重鎮の何人かがのちに、それは自分だと言っているが、スターリンとジェルジンスキーがーナージャやレーニンの妹たち、弟ドミトリーの希望に逆らってーこの計画を強引に推し進めた。

白水社、ヴィクター・セベスチェン、三浦元博、横山司訳『レーニン 権力と愛』下巻P337

レーニン自身はまさか死後、自分の遺体が防腐処置をされ半永久的に保存され崇拝されることになるなど想像もしていなかったかもしれません。レーニンの家族も死後は墓に埋葬されることを望んでいました。

しかしソ連の指導力を高めるためには彼の遺体は非常に重要な意味を持っていました。そこに目を付けた人物達が家族の反対を押し切り、レーニンをまさしく不滅の神へと押し上げていくのです。

レーニンの防腐処置とレーニン崇拝

最初はレーニンの死の翌日に検死を行った病理学者、アレクセイ・アブリコソフ博士が遺体を葬儀まで六日間保存するために、防腐処置を施した。ところが、スターリンが共同委員長を務める葬儀委員会は一月二四日、この病理学者に四〇日間の防腐処置を命じた。これはロシア正教ではそれほど奇異な望みではない。ロシア正教では、しばしば遺体のそばで四〇日間にわたって祈りが唱えられる習わしがある。最初、ナージャはそれをきっぱり断ったが、もし同意してくれるなら、一カ月後にその計画について再び議論できるとジノヴィエフに言われ、態度を軟化させた。

だがこの時すでに、重鎮たちは、できれば赤の広場の廟に保存する形で「無期限に……できれば永久に」遺体を置いておこうと決めていた。

マルクス主義に転向する前、短期間カトリック僧職の教育を受けたことがあるジェルジンスキーは、こう言った。「科学が人体を長期間保存できるのなら、ぜひそうしよう。皇帝は皇帝という理由だけで、遺体に保存処置を施された。われわれはレーニンがほかのだれとも違って、偉大な人物だからそうするのだ」。

かつて正教の神学校生だったスターリンは、ある閣僚会合で「われわれはレーニンが生きていることを示さなければならない」と語った。

カーメネフやブハーリンら、多くの古参同志は仰天した。おそらく晩年のレーニンにもっとも近かったウラジーミル・ポンチ=ブルエヴィッチは、レーニン本人もこの考えを知ったら衝撃を受けただろうと思うと言った。

トロツキーは、レーニンの遺体の防腐処置は中世の宗教祭儀のようだと言った。「かつてはラドネジのセルギウスやサロフのセラフィムの聖遺物があった。今度はこれをウラジーミル・イリイッチの遺物に置き換えたいわけか」と。

だが、決定は下された。ボリシェヴィキはレーニン崇拝の神殿を必要としていた。そして、クレムリンの脇に、防腐処置を施され、腐敗を免れて眠る遺体がその巡礼地になるのであった。(中略)

レーニンの葬儀から五週間後の一九二四年二月二六日、ソヴィエト・ロシアを預かるマルクス主義無神論者たちは、皮肉のつもりはまったくなく、仰々しく命名された「不滅化委員会」を発足させたのである。
※適宜改行しました

白水社、ヴィクター・セベスチェン、三浦元博、横山司訳『レーニン 権力と愛』下巻P337-339

レーニンの遺体を保存し「永久に」祀ることはまさしく宗教的な響きがします。無神論を標榜するソ連においてこれは何とも逆説的な崇拝でした。

レーニン廟と今なお生き続けるレーニン

クレムリンの重鎮たちにとって、防腐処置された遺体と異常なレーニン崇拝は、宗教と政治の儀式の奇怪な融合を超えたさまざまなメッセージを送った。レーニンは歓呼の下に現世の聖人であると宣言され、彼を崇拝することは人民の義務になった。

だが、赤の広場の地下聖堂は単に神殿であるだけではない。それは、ロシア人がレーニンの死後もなお、彼から解放されていないことを示す物理的な暗示だったのだ。ロシア人はなおも彼の戒律に従うことを要求されることになるー厳粛に任命された後継者を通じて。

木造の廟は一九三〇年に大理石と花崗岩の建物に取り換えられ、レー二ンの革命から一〇〇年後の今も残っている。ソ連の祝祭日に、後の世代のコミュニスト指導者ツァーリが大衆に演説する演壇を付設するアイデアを考案したのは、彼の旧友のレオニード・クラーシンである。地下聖堂が旅行者に公開されたあと、八〇年間に、推定二〇〇〇万人が廟を訪れ、防腐処置を施された不気味に蝋のようなレーニンを眺めた。

レーニンの後を襲ったソ連の族長たちは、レーニンの業績が自分たちの統治を正当化すると信じていた。一世紀ののち、レーニンは新種の専制支配者たちに利用された。彼らには共産主義は余計かもしれないが、それでも彼らは、レーニンをロシアの伝統に沿った実力者として崇める極端なナショナリストなのである。
※適宜改行しました

白水社、ヴィクター・セベスチェン、三浦元博、横山司訳『レーニン 権力と愛』下巻P344-345

レーニンは死してなおもロシアに生き続けています。レーニン廟の存在は私たちが想像するよりはるかに深いところでロシアと繋がっています。これは宗教を学ぶ上で、いや、人間そのものを学ぶ上でも非常に重要な問題です。

終わりに~『レーニン 権力と愛』を読んで

16回にわたって読んできた『レーニン 権力と愛』でしたがいかがでしたでしょうか。きっと驚くような発見がいくつもあったと思います。

私自身、この本を読んでぎょっとすることばかりで、思わず声を出してしまうくらい夢中になって一気に読んでしまいました。こんなに刺激的な本はなかなかありません。

そして何より、レーニンは名前は知ってはいても日本においてはかなりマイナーな存在です。私もソ連史を学ぶまでほとんど彼のことを知りませんでした。

しかしこの本を読んで、レーニンを学ぶことは現代を学ぶことに直結することを痛感しました。

レーニンの政治手法は現代にも通じます。この本ではそんなレーニンの恐るべき政治的手腕を見てきました。彼のような政治家による恐怖政治から身を守るためにも、私たちも学んでいかなければなりません。

レーニンは世界史上の人間で特殊な人間だから私たちとは関係のない問題だと思ってしまうかもしれません。しかし人間の本質とは何かを考えていく上でレーニンという存在は非常に重大な問題を提起しているように私には思えました。「レーニン的なもの」は世界中どこでも起こりうることです。そのことは忘れずにいたいなと思います。

以上、「レーニンの死と今なお生き続ける神殿としてのレーニン廟『レーニン 権力と愛』を読む(16)」でした。

「レーニン伝を読む」記事一覧はこちらです。全部で16記事あります。

関連記事

HOME