List of recommended Vermeer commentary books - To enjoy the wonderful world of paintings by Vermeer, the painter of light.

Vermeer, the Painter of Light and the Scientific Revolution

Table of Contents

List of recommended Vermeer commentary books - To enjoy the wonderful world of paintings by Vermeer, the painter of light.

In this article, we will provide a comprehensive list of recommended commentaries on Vermeer that we have introduced on our blog so far.

フェルメールといえば『真珠の首飾りの少女』や『牛乳を注ぐ女』で有名な17世紀オランダの画家です。

そして2022年6月まで札幌で『ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展』が開催されていました。7月からは大阪でも展覧会が開催されます。

 Vermeer's early masterpiece "Woman Reading a Letter at a Window". The restoration of the painting has revealed Cupid in the background, which had been painted over, restoring the painting to its original appearance. This exhibition is the first time that Vermeer's masterpiece has been exhibited outside of its collection at the National Palace Museum in Dresden, and the first time that it has been exhibited in the world. This is the first time in the world that the work has been exhibited outside of the museum's collection, and Hokkaido is the second domestic venue for the exhibition after Tokyo. In addition, approximately 70 masterpieces representing the 17th century Netherlands, which is the pride of the museum, will be exhibited.

Sapporo Museum of Modern Arthome page.

なんと、所蔵館以外では世界初の公開という貴重な展覧会とのこと!これは行くしかないということで私はこの展覧会を訪れたのでした。

この展覧会をきっかけに私はフェルメールにもっともっと興味を持つことになりました。それで参考にしたのがこれから紹介していく本になります。どれも自信を持っておすすめできる非常に面白い本ばかりです。皆様のフェルメール鑑賞のお役に少しでも立てましたなら何よりでございます。

それぞれのリンク先ではより詳しくそれぞれの本について紹介していますので、気になった本があればぜひそちらを見て頂けたらなと思います。

So let's get started.

Vermeer's life and works.

この本ではフェルメールの生涯と作品たちのわかりやすい解説を聞くことができます。

この本で特にありがたかったのはフェルメールが活躍した17世紀オランダの時代背景も詳しく知ることができる点でした。

この時代のオランダ社会は、当時芸術界の中心だったローマとはまったく異なる様相を呈していました。

その社会事情の違いがオランダ絵画に独特な発展をもたらすことになります。その流れがとても面白く、一気に読み込んでしまいました。

ひとつひとつの作品解説も詳しくなされますので自分の好きな作品をじっくり見ていけるのもありがたいところです。

この本は入門書として非常におすすめです。なかなか知る機会のないオランダの時代背景も学べてとても刺激的な一冊でした。

『中野京子と読み解く フェルメールとオランダ黄金時代』

At first glance, I was intrigued and thought, "This book looks interesting.

This is because Kyoko Nakano is the author of many popular works, including the "Scary Picture Series," and she also painted Mendelssohn in this blog.The Secret Loves of Artists: Mendelssohn, Andersen and Their Times.The work is called.

I have already experienced how interesting Kyoko Nakano's books are. This book must be interesting too..!

It was with this in mind that I picked up this book.

And I love the obi on this book.

History and Humanity Rise from the Paintings."

It is an attempt to bring to light the history of the Netherlands at that time and the lives of the people living there through Vermeer's paintings.

That will be this book. This is interesting!

この作品はフェルメールの絵だけでなく、ほかの画家による絵も参考にしていくところも特徴的です。

It is also nice to be able to compare the characteristics of each artist. After all, there are things that can only be seen by comparing them.

And above all, Kyoko Nakano's narration. She is indeed a master of her craft! It is just so interesting! In addition to the explanations of the pictures, the background of the period and the events of the time are told, and it was so interesting that I finished reading it in no time at all. This is a wonderful book. It is also very easy to read.

I highly recommend this work! It is a great introduction to Vermeer. I highly recommend you to pick up a copy.

『VS.フェルメール 美の対決 フェルメールと西洋美術の巨匠たち』

この作品はタイトル通り、フェルメールと各国の名画を並べて鑑賞し、それぞれの魅力や特徴を見ていこうという作品になります。

雑誌大の大き目なサイズの本で、名画たちがカラーでどかーんと見開きで並べられているのはとてもありがたいです。

フェルメールだけでなく西欧の名画たちも知ることができる盛りだくさんの作品となっています。

ぱらぱらとめくっていくだけでも楽しい作品です。

解説も読みやすく、細かすぎにならない程度の絶妙なレベルで、絵画知識のない方でも楽しめるものとなっています。

I highly recommend this work.

アンソニー・ベイリー『フェルメール デルフトの眺望』

この作品は本商品にもありますように、フェルメールの生涯を詳しく知るのにとてもおすすめな伝記となっています。

『「キャンヴァスに向かう画家を間近に見る思い」と絶賛された評伝』と絶賛されるように、17世紀オランダの時代背景と共にフェルメール周辺の出来事がかなり詳しく語られていきます。しかもそれが読みやすく面白く書かれていますので、フェルメールをもっと知りたいという方にうってつけの伝記となっています。

画家も時代背景を離れて生きることはできない。そのことをこの本で感じることになりました。

フェルメールの生きた時代をかなり詳しく知れる作品です。ぜひぜひおすすめしたい伝記となっています。

小林賴子『フェルメールとそのライバルたち 絵画市場と画家の戦略』

この作品はフェルメールが活躍した17世紀オランダの美術市場から彼を見ていこうという異色の作品です。

絵画の本と言えばその絵の特徴や魅力を解説していくのが普通ですが、この本では当時のマーケットからフェルメール作品の特徴に迫っていきます。また、彼の同時代のライバルたちとのつながりからもフェルメールを考えていきます。

いつもとは違った視点からフェルメール絵画を考えていけるのでこれは非常に刺激的な1冊でした。

私たちは「芸術品」というと「時と場所を超越した圧倒的なもの」というようなイメージを持ってしまいがちですが、その「芸術品」もある時代の影響の下生まれてきたものになります。その時代背景を離れて生まれることはできなかったのです。そしてこれは逆に言えば、時代背景を知ることでもっとその作品のことを知ることができるということにもなります。

フェルメールの生きた17世紀オランダは特に独特な時代背景がありました。この時代のオランダの興亡史は非常に刺激的で興味深いです。1600年代といえば日本なら江戸幕府が始まった頃です。そんな時代にオランダでは巨大なマーケットが存在し、高度な経済活動を行っていた。これには驚くしかありません。

この本のタイトルにありますように、フェルメールとそのライバルたちとの関係性も非常に興味深いものがありました。絵画そのものを楽しむだけでなく、時代背景や歴史も感じながら読むことができたのでとても楽しい読書になりました。

やはり様々な視点から見ていくのは面白いですね。絵画を市場経済の観点から見ていけるこの作品はとても貴重なものだと思います。ぜひおすすめしたい作品です。

ローラ・J・スナイダー『フェルメールと天才科学者』

This book is the best! I am not exaggerating when I say that it is one of my top 3 best works of the first half of 2022.

とにかく面白い!こんなにわくわくさせてくれる本にはなかなかお目にかかれるものではありません。

フェルメールといえば光の粒が感じられるような独特な画風が特徴的です。

The book will look at how Vermeer mastered the technique of capturing this "light" exquisitely, and how revolutionary it was in the world at that time.

We in later generations take these paintings for granted, but this book shows how cutting-edge the world Vermeer was trying to see was.

The author, Laura J. Snyder, tells the story of Vermeer in the context of the historical background and religious situation of the time. It's fascinating! I was like, "What? I see! The book is a great read.

It is easy to see how Vermeer and other Dutch paintings were tied to the historical background of the time. One can only be amazed at how Vermeer started a huge revolution.

I hope everyone will experience the fun of this book. A must read for Vermeer fans. You will love Vermeer even more.

I would also highly recommend it to those who were not so interested in Vermeer. You will be surprised at how amazing Vermeer was.

And even more so, those who are interested in religion and culture. I would highly recommend this program to such people!

This is because the book tells the story of Vermeer and Löwenhoek, who saw the world in a completely different way than the traditional Christian worldview.

It was a society that believed the world was created by an absolute God and could not imagine an invisible world. In such a situation, Löwenhoek discovered microorganisms with a microscope and presented a world that was unknowable to the human eye. Vermeer also explored the mechanism of human vision, in other words, the principle of light.

This is also connected to Copernicus, Galileo Galilei, Newton, and others.

It is an amazing work that gives us an insight into that transitional period when the world moved from the Middle Ages to the modern era. As I have said many times before, such an exciting work is not often seen.

I would highly recommend this work.

F・ステッドマン『フェルメールのカメラ 光と空間の謎を解く』

As the title suggests, this work is about Vermeer and the optical machine known as the camera obscura.

Although all the books I read about Vermeer's relationship with the camera obscura, I have to admit that it was difficult to understand what the camera obscura actually was and how it was used.

In this context, this "Vermeer's Camera: Solving the Mysteries of Light and Space" provides a fairly detailed look at the camera obscura. There are numerous diagrams and photographs, and it also explains clearly how the artist used this machine. I appreciated this.

This work is highly recommended for those who want to learn more about this optical instrument used by Vermeer.

ジャン=クレ・マルタン『フェルメールとスピノザ〈永遠〉の公式』

The book is an intimate look at the remarkable relationship between the Dutch painter Vermeer and the philosopher Spinoza.

スピノザ(1632-1677)Wikipedia.

スピノザといえば、名前は聞いたことがあってもいざこの人物が何を述べた人物であるかはなかなかわかりませんよね。私もその一人でした。そもそも彼がどこの国の出身なのかすら知りませんでした。

私がこの本を手に取ったのはフェルメールについて何か面白そうな本はないかなと探していた時にこの本が目に留まったからでした。

フェルメールと哲学者のスピノザという謎の組み合わせ。これはどういうことなのだろう。

そんな疑問が私の中に生まれ、興味が湧いてきたのでした。

そしてこの本を読んでみて驚いたことに、なんとフェルメールとスピノザは1632年という同じ年にオランダに生まれていたのでした。

Moreover, the fact that Spinoza, although a philosopher, earned his income from lens polishing was also mentioned. Speaking of lens polishing, Löwenhoek of the Netherlands is famous for his microscopes.

レーウェンフック(1632-1732)Wikipedia.

フェルメールとレーウェンフックのつながりは上の記事「ローラ・J・スナイダー『フェルメールと天才科学者』おすすめ名著!顕微鏡で有名なレーウェンフックとの驚きの関係とは」でも紹介しました。

フェルメールはカメラ・オブスキュラという光学機械を用いて光を、レーウェンフックは自作の顕微鏡で肉眼では見えない世界を探究していました。

二人に共通するのは当時最先端の技術である高性能レンズを用いて研究をしていたということです。しかもこの2人も1632年生まれで、さらにはデルフトという同じ街で住んでいたという接近ぶり。

つまり、フェルメール、レーウェンフック、スピノザという同い年トリオは「レンズ」という同じ道具を通して繋がっているのです。

さらにスピノザが磨いたレンズをレーウェンフックが使用していたという説や、スピノザがフェルメールに手紙を書いていたという説もあります。

名前しか聞いたことがなかったような哲学者がまさかここでフェルメールやレーウェンフックと繋がってくるとは!これには私も驚きました。

17世紀のオランダの歴史の面白さに私はのめり込んでしまいました。この時代のオランダは世界の歴史や宗教を考える上で非常に重要なことを確信しました。これは刺激的な一冊です。

『[新装版]赤瀬川原平が読み解く全作品 フェルメールの眼』

著者の赤瀬川原平さんは画家でありながら芥川賞受賞作家という異色の経歴の持ち主です。

そんな著者が語るフェルメール評が今作『[新装版]赤瀬川原平が読み解く全作品 フェルメールの眼』となります。

この本ではものすごく格好いい言葉と出会うことになります。しかもフェルメールの魅力がこんなにも劇的に語られていることに私は衝撃を受けました。画家の視点と、芥川賞を受賞した言葉の力・・・!いやぁすごい!憧れてしまいます。

そしてこの本の中で一番印象に残った絵画紹介は何と言っても『デルフトの眺望』です。私がフェルメールにはまるきっかけとなったのがこの絵なのですが、なんと、赤瀬川さんもこの絵がフェルメールとの最初の出会いだったそうです。その作品についての語りが本当に素晴らしく、この記事で紹介させて頂いております。ぜひこの記事を読んで頂けたらなと思います。

朽木ゆり子『フェルメール全点踏破の旅』

この作品はジャーナリスト朽木ゆり子さんが世界中に散らばるフェルメール作品を訪ねた旅行記です。

朽木ゆり子さんはフェルメールの専門家ではなく、ジャーナリストです。ですがジャーナリストだからこその視点でフェルメールを見ていくという点にこの本の面白さがあります。

「美術史家による精緻な研究は確かに刺激的だが、ジャーナリストとしての私はそれとは少し別の視点を持っていることをつけ加えておきたい」

著者がこう述べるようにまさにこの本では「ジャーナリスト朽木ゆり子」としての視点からフェルメールを見、旅を続けていきます。

『自分はどういう視点から「それ」を見ていくのか』

これはあらゆることにおいて非常に重要な問題だと思います。

私もフェルメールを見るときは「僧侶、宗教者として」彼の作品やその歴史を学んでいます。

私がフェルメールに関心があるのは絵そのものの美しさはもちろんなのですが、やはりその背後にある歴史、思想、時代背景、特にキリスト教的文脈がどうしても大きな眼目になっていきます。

フェルメールを学んでいると従来のキリスト教世界から近代的な世界へのちょうど過度期の雰囲気を感じることができます。私にとってはそれが何よりも興味深いのです。

宗教的な世界観から科学的な世界観へ。

こうした宗教の興亡の問題が私にとってフェルメールを見る視点となっています。

The book is a travelogue by a journalist, which makes it very easy to read and summarize the local conditions and the key points of the Vermeer paintings. It is also gratifying to hear his candid views because he is not a Vermeer expert.

It is a great travelogue and I would recommend it as an introduction to Vermeer. It was a very interesting book!

朽木ゆり子、前橋重二『フェルメール巡礼』

ひとつ上で紹介した『フェルメール全点踏破の旅』はジャーナリストである著者が、独自の視点でフェルメール作品を巡っていくという旅行記的な作品でしたが、この本では旅行に行く際に便利なガイドブックのような形でまとめられています。

What is most gratifying about this book is that it provides a map of the museum where each Vermeer work is housed, its exterior, and even the atmosphere inside the museum.

And since there are easy-to-understand explanations for each picture, this book will be very useful when traveling.

オールカラーで写真もたくさん掲載されているのでこの本を読んでいるだけでフェルメールの世界に浸ることができます。

Reading this makes me want to actually see the original paintings there.

In fact, I'm already ready to go see the show.

実際に現地に行こうと考えると「どうやって行けばいいだろうか」などなど、色々迷ってしまいますが、現地の地図であったりその雰囲気もこの本では知れるので非常に助かりました。

岡部昌幸『レンブラントとフェルメール』

『夜警』Wikipediathan

レンブラントといえば上の『夜警』で有名な17世紀オランダの大家です。

この本はそんなレンブラントとフェルメールというオランダ二大巨匠を比べながらその生涯と作品を追っていく作品になります。

この本で著者が語りますように、たしかにレンブラントとフェルメール2人が並べて説かれるものというのは意外と少ないです。そういう意味でもこの本はとても貴重な作品となっています。

また、写真や絵画もカラーでばっちり掲載されているので視覚的にも楽しめる作品です。

As for Vermeer, I had read various of his works, so I knew about his life and characteristics, but surprisingly, I must admit that I had not really reached out to Rembrandt.

In this context, I appreciated this book, which tells the story of Rembrandt's life and works in an easy-to-understand manner while comparing them to Vermeer's.

レンブラントってこういう人だったのかというのがすっと入ってきました。

オランダ絵画を代表する2人についておおまかな概要を知れるこの作品は多くの方にとってもかなり参考になると思います。オランダ絵画入門としても格好の作品かもしれません。

分量的にも150ページ弱と、気軽に読める作品となっています。ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

Kikuro Miyashita, Vermeer's Light and La Tour's Fire: A History of Western Paintings of "Darkness".

As the title of this work suggests, this work considers how the beautiful paintings of Vermeer, the painter of light, were created, using "darkness" as a starting point.

この本のもう一人の主要人物ラ・トゥール(1593-1652)はフランスの画家で、「夜の画家」と呼ばれる巨匠です。

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール画
『聖ヨセフ』(1642年または1645年)Wikipedia.

Vermeer painted beautiful light shining through a window. La Tour, on the other hand, depicted a candlelight that illuminated the darkness.

The contrast between the two is interesting in itself.

What is even more interesting is that this exploration of "light and darkness" led to Leonardo da Vinci.

ダ・ヴィンチが確立した「闇と光」の描写技法。

そしてそこからさらに時代を経て登場してきたのがイタリアの画家カラヴァッジョ(1571-1610)になります。

'The聖マタイの召命』(1599年 – 1600年)Wikipedia.

暗闇の中へ強烈な光線を差し込ませることでドラマチックな構図を完成させたカラヴァッジョ。

カラヴァッジョについては以前紹介したこの記事でもお話ししましたが、西洋絵画の歴史において決定的な働きをした人物であります。

そしてそれが巡り巡ってフェルメールの光の描写に繋がっていきます。絵画の歴史も繋がっているのだなということを感じられるのがこの『フェルメールの光とラ・トゥールの炎―「闇」の西洋絵画史』という一冊です。これは面白い本でした。

I would highly recommend this work.

Koichi Motoki, "The Laughing Vermeer and the Smiling Mona Lisa: The Mystery of Laughter in the Masterpieces of Vermeer and Mona Lisa.

As the title suggests, the book is an exploration of the hidden meaning of the smile in the history of painting, using the smiles of Vermeer and the Mona Lisa as its subject matter.

The meaning of both sides of a smile in a Christian painting. This is something that is difficult to recognize just by looking at a painting, but once you know it, your view of it will be transformed.

ではこの本のメインテーマであるフェルメールとモナ・リザの笑顔にはどんな意味があるのか。

ぜひこの本を読んで頂けたらと思います。非常に面白い本でしたぜひぜひおすすめしたい作品です。

藤田一郎『脳がつくる3D世界 立体視のなぞとしくみ』

この本は認知脳科学者藤田一郎さんによる作品です。

私がこの本を手に取ったのはフェルメールがきっかけでした。

フェルメールはカメラの先祖とも言うべきこのカメラ・オブスクラを用いて人間の目の見え方を探究し、それを絵画に反映させていました。

フェルメールの絵の不思議なリアル感、光の美しさはこうした「人間のものの見え方」の探究の賜物だったのです。

そしてこの『脳がつくる3D世界 立体視のなぞとしくみ』という本を読んでそうした「人間のものの見え方」ということについて改めて考えさせられることになりました。

この本では直接的にフェルメールの絵画のことが語られることはありませんが、これまで読んできたフェルメールの本と合わせて考えてみると非常に興味深い発見がある作品でした。

私たちは世界をどのように見ているのか。当たり前だと思っている世界が全く当たり前ではないことをこの本では知ることができます。これは刺激的な本です。ぜひおすすめしたい作品です。

G・シュヴァルツ『フェルメールの世界 拡大図でたどる静謐の物語』

この作品は書名にもありますようにフェルメール作品を拡大して細部の細部まで堪能しようという作品になります。

PIE International home page.
PIE International home page.

上の引用画像を見て頂ければわかりますように、絵の全体像を見るのと、一部を拡大してみるのとではまた違った見え方がしてきますよね。

フェルメールの絵は全体の構成や美しさが見事すぎて、逆に細部にまで目がいかないということが出てきます。

私もこれまで様々な本でフェルメールの絵を観てきましたが、この本では意外な発見がどんどん出てきました。

「え?ここはこんな風に書かれてたの!?」「こんなのあったっけ!?」と何度も驚くことになりました。

フェルメール得意の光の粒がどこにどのように使用されているのか、そして服の質感はどのような筆運びで表現しているのかというのもこの拡大図では感じることができます。

これはぎりぎりまで拡大して見ないとなかなかわからないと思います。肉眼で作品を見るだけではかなり厳しいです。

漠然とフェルメール作品を見るだけではまず気付くことのできない達人の技をこの本では観ることができます。

しかもオールカラーでページいっぱいに掲載されていますので非常に見やすいです。

美術館に行ってもここまで顔を近づけて絵を観ることはできません。まして虫眼鏡で観ていくように現地でじっくり観察するのはさらに不可能です。この本はそんな不可能を可能にしてくれる1冊です。

If you read it, I am sure you will be surprised. You will be astonished to see how Vermeer painted like this. You will feel once again what a monster Vermeer was. It's too amazing. After reading this book, I wonder how Vermeer's original paintings will look like when I see them. I think it will be so different from how I see it.

This is a highly recommended work. I highly recommend that you pick it up.

ティモシー・ブルック『フェルメールの帽子』

この作品は『フェルメールの帽子』というタイトルではありますが、実はほとんどフェルメールのことは語られません。フェルメールの生涯や絵について知りたい方が読むときっとびっくりすると思います。

というのも、この作品はフェルメールの絵に出てくる「もの」にスポットを当て、それがどのような経路でオランダに渡って来たのか、そしてその時代背景はどのようなものだったのかということを探っていくものだからです。

著者のティモシー・ブルックはカナダ・ブリティッシュ・コロンビア大学の教授で中国史の専門家です。

ですのでこの本のメインテーマはオランダ東インド会社とアジア貿易、特に中国との関係になります。

The Netherlands in the 17th century, when Vermeer lived, enjoyed a golden age thanks to the prosperity of the East India Company, which was established in 1602.

It was because of his vast fortune and the global marketplace that Vermeer's paintings were able to be Vermeer's paintings.

And the numerous "things" in Vermeer's paintings came precisely from China and Asia. By focusing on these "things," we can get an overview of the global world of the 17th century.

That is the general flow of the book.

中国史の専門家ならではの語りは普通のフェルメール本とはかなり違った趣があり、非常に刺激的です。

また、この本では日本のことも出てきます。ヨーロッパとアジアの貿易において日本がどのような位置づけだったのかということも語られます。そして日本の銀の採掘量が世界トップクラスでその銀がアジアの貿易において巨大な影響を与えていたというのには驚きでした。

フェルメールの絵そのものを知りたいという方にはこの本はあまりおすすめできませんが、その時代背景をグローバルな視点から見ていこうという本書はとても興味深いものがあると思います。

羽田正『興亡の世界史第15巻 東インド会社とアジアの海』

この本は17世紀初頭に相次いで生まれた東インド会社とアジアの関係性をベースにアジア・ヨーロッパのグローバルな貿易を見ていこうとする作品になります。

私がこの本を手に取ったのは上で紹介したティモシー・ブルック著Vermeer's Hat.was the catalyst.

フェルメールの絵画がオランダの東インド会社の繁栄と強いつながりがあったことをこの本で知ることになりました。

If this is the case, then we can learn more about the background of Vermeer's paintings by learning more about the East India Company. Furthermore, by learning more about the East India Company, I could learn not only about Vermeer, but also about the world situation and Japan at that time. This is how I came to feel.

そして読み始めた『興亡の世界史第15巻 東インド会社とアジアの海』。これがまたいい本でした!面白い!

日本とオランダの貿易に関してもじっくり解説されますのでこれも必見です。なぜ日本は他のアジア諸国と違って武力侵攻されることがなかったのか。ペリーの時はあんなに露骨に威嚇したにも関わらずポルトガルやオランダはそのような方法を取っていません。よくよく考えれば不思議ですよね。そうしたこともこの本では知ることができます。

世界を変えることになったグローバルな貿易システムの始まりを学べるこの本はとてもおすすめです。文章も読みやすくすらすら読んでいくことができます。知的興奮を味わえる名著です。ぜひぜひおすすめしたい作品です。

Conclusion

私がそもそもフェルメールを初めて好きになったのは『デルフトの眺望』がきっかけでした。

The View from Delft.Wikipedia.

その時はシンプルにこの絵の美しさに魅了されてしまったのでありますが、こうして改めてフェルメールの解説書を読んでいくにつれてもっともっとフェルメールのことが好きになりました。

フェルメールは知れば知るほど面白い!そのことを強く感じた最近の読書でした。

特にローラ・J・スナイダーのVermeer and the Scientific Genius."には本当に驚かされました。間違いなく私の2022年上半期ベストの名著です。

It is easy to see how Vermeer and other Dutch paintings were tied to the historical background of the time. One can only be amazed at how Vermeer started a huge revolution.

And speaking of Vermeer, these two works are also famous.

The model for this scholar is said to be a man named Löwenhoek, who was the first in the world to discover microorganisms under a microscope.

Antoni van Leeuwenhoek (1632-1723)Wikipedia.

Amazingly, Vermeer and this Löwenhoek were born in the same year in the same city!

The View from Delft.Wikipedia.

The two were born in Delft in 1632.

And they both lived in the city for most of their lives, each accomplishing great things.

Löwenhoek with his microscope and Vermeer with his camera obscura, these two artists explored the world unseen by the naked eye through their "lenses".

London(at sentence-end, falling tone) indicates a confident conclusionScience MuseumCamera obscura on display atWikipedia.

I cannot discuss the camera obscura at length, but Vermeer was exploring the invisible world of light using the most advanced technology of his time. This is reflected in his paintings.

Although no evidence remains of direct interaction between Vermeer and Löwenhoek, the author states that the two would have had a connection during their lifetime, as each held a position in the small city of Delft and were also fairly close neighbors.

The relationship between the two is also looked at closely in this book.

2人の成し遂げた偉業とはどのようなものだったのか、そしてそれはこの世界にとってどんな意味を持っていたのかということをこの本では知ることになります。これは衝撃でした。まさに「ものの見方」の革命です。科学の進歩が急速に進んでいく時代をまさに彼らが映し出していることを感じることになります。フェルメールは単に美しい絵を描いたというレベルをはるかに超えています!

Too much fun..! I was left overwhelmed by this book.

正直、『フェルメールと天才科学者を読む』という題で連続記事を書いていきたいくらい紹介したい箇所があります。ですが時間の制限上それも叶いません。それくらい面白い本です。

ぜひぜひこの作品はおすすめしたいです。

今回の記事で紹介した本はどれも面白いです。自身を持っておすすめしたい作品ですのでぜひ気になった本を手に取って頂けたらなと思います。以上、「フェルメールおすすめ解説書一覧~光の画家フェルメールの素晴らしき絵画世界を堪能するために」でした。

Related Articles

HOME