2020年6月

エミール・ゾラとドストエフスキー

エミール・ゾラ「ルーゴン・マッカール叢書」第9巻『ナナ』概要とあらすじ、感想

『ナナ』の概要とあらすじ 『ナナ』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第9巻目にあたり、1880年に出版されました。 私が読んだのは新潮社出版の川口篤、古賀照一訳の『ナナ』です。 では、…

エミール・ゾラとドストエフスキー

エミール・ゾラ「ルーゴン・マッカール叢書」第8巻『愛の一ページ』概要とあらすじ、感想

『愛の一ページ』の概要とあらすじ 『愛の一ページ』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第8巻目にあたり、1878年に出版されました。 私が読んだのは藤原書店出版の石井啓子訳の『愛の一ペー…

エミール・ゾラとドストエフスキー

エミール・ゾラ「ルーゴン・マッカール叢書」第7巻『居酒屋』概要とあらすじ、感想

『居酒屋』の概要とあらすじ 『居酒屋』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第7巻目にあたり、1877年に出版されました。 私が読んだのは新潮文庫出版の古賀照一訳の『居酒屋』です。 では、…

エミール・ゾラとドストエフスキー

エミール・ゾラ「ルーゴン・マッカール叢書」第6巻『ウージェーヌ・ルーゴン閣下』概要とあらすじ、感想

『ウージェーヌ・ルーゴン閣下』の概要とあらすじ 『ウージェーヌ・ルーゴン閣下』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第6巻目にあたり、1876年に出版されました。 私が読んだのは論創社出版…

エミール・ゾラとドストエフスキー

エミール・ゾラ「ルーゴン・マッカール叢書」第5巻『ムーレ神父のあやまち』概要とあらすじ、感想

『ムーレ神父のあやまち』の概要とあらすじ 『ムーレ神父のあやまち』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第5巻目にあたり、1875年に出版されました。 私が読んだのは藤原書店出版の清水正和…

エミール・ゾラとドストエフスキー

エミール・ゾラ「ルーゴン・マッカール叢書」第4巻『プラッサンの征服』概要とあらすじ、感想

『プラッサンの征服』の概要とあらすじ 『プラッサンの征服』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第4巻目にあたり、1874年に出版されました。 私が読んだのは論創社出版の小田光雄訳の『プラ…

エミール・ゾラとドストエフスキー

エミール・ゾラ「ルーゴン・マッカール叢書』第3巻『パリの胃袋』概要とあらすじ、感想

『パリの胃袋』の概要とあらすじ 『パリの胃袋』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第3巻目にあたり、1873年に出版されました。 私が読んだのは藤原書店出版の朝比奈弘治訳の『パリの胃袋』…

エミール・ゾラとドストエフスキー

エミール・ゾラ「ルーゴン・マッカール叢書」第2巻『獲物の分け前』概要とあらすじ、感想

『獲物の分け前』の概要とあらすじ 『獲物の分け前』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第2巻目にあたり、1872年に出版されました。 私が読んだのは論創社出版の伊藤桂子訳の『獲物の分け前…

エミール・ゾラとドストエフスキー

エミール・ゾラ「ルーゴン・マッカール叢書」第1巻『ルーゴン家の誕生』概要とあらすじ、感想

『ルーゴン家の誕生』概要とあらすじ 『ルーゴン家の誕生』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の記念すべき第1巻目にあたり、1871年に出版されました。 私が読んだのは論創社出版の伊藤桂子訳…