2020年6月

エミール・ゾラとドストエフスキー

ゾラの代表作『居酒屋』パリの労働者と酒、暴力、貧困、堕落の必然的地獄道。

「ルーゴン・マッカール叢書」第7巻『居酒屋』の概要とあらすじ 『居酒屋』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第7巻目にあたり、1877年に出版されました。 私が読んだのは新潮文庫出版の古…

エミール・ゾラとドストエフスキー

ゾラ『ウージェーヌ・ルーゴン閣下』政治家もつらいよ。パリの政治家の生態と駆け引き

「ルーゴン・マッカール叢書」第6巻『ウージェーヌ・ルーゴン閣下』の概要とあらすじ 『ウージェーヌ・ルーゴン閣下』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第6巻目にあたり、1876年に出版され…

エミール・ゾラとドストエフスキー

ゾラ『ムーレ神父のあやまち』厳格な神父と純粋な乙女との禁じられた恋、そして悲劇的結末。

「ルーゴン・マッカール叢書」第5巻『ムーレ神父のあやまち』の概要とあらすじ 『ムーレ神父のあやまち』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第5巻目にあたり、1875年に出版されました。 私…

エミール・ゾラとドストエフスキー

おすすめ!ゾラ『パリの胃袋』全てを貪り食うパリの飽くなき欲望!食欲は罪か、それとも…

「ルーゴン・マッカール叢書」第3巻『パリの胃袋』の概要とあらすじ 『パリの胃袋』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第3巻目にあたり、1873年に出版されました。 私が読んだのは藤原書店…

エミール・ゾラとドストエフスキー

ゾラ『獲物の分け前』土地投機に熱狂する1850年代パリ。金と権力を求める人間劇!

「ルーゴン・マッカール叢書」第2巻『獲物の分け前』の概要とあらすじ 『獲物の分け前』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第2巻目にあたり、1872年に出版されました。 私が読んだのは論創…

エミール・ゾラとドストエフスキー

ゾラ『ルーゴン家の誕生』全てはここから始まった!ナポレオン第二帝政を活写!

「ルーゴン・マッカール叢書」第1巻『ルーゴン家の誕生』概要とあらすじ 『ルーゴン家の誕生』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の記念すべき第1巻目にあたり、1871年に出版されました。 私…