プーシキン『ボリス・ゴドゥノフ』イワン雷帝亡き後の混乱時代を劇作化

ドストエフスキーとロシア

プーシキン『ボリス・ゴドゥノフ』の概要とあらすじ

『ボリス・ゴドゥノフ』は1825年に完成し、1830年に刊行された作品です。本来は劇詩作品ですので舞台で上演するために作られたものでしたが、この作品が検閲で帝政批判と捉えられた影響で初演は1876年となっています。

私が読んだのは河出書房新社、北垣信行、栗原成郎訳『プーシキン全集3 民話詩・劇詩』所収の『ボリース・ゴドゥノーフ』です。

この作品はロシアを圧倒的なカリスマによって支配した暴君イヴァン雷帝亡き後のロシアを題材にした歴史劇です。

以前私のブログで紹介した「これであなたもロシア通!?謎の国ロシアの歴史をざっくり解説!」の記事で見ると、イヴァン雷帝の死後からロマノフ朝の成立までの1584年から1613年が雷帝亡き後の混乱時代になります。

この作品ではその中でも特に劇的であった皇帝ボリス・ゴドゥノフの治世を描いた劇詩となっています。

ボリス・ゴドゥノフがいかなる人物かを解説していくと、ものすごく長くなってしまいますので詳しくはお話しできませんが、もともとこの人はイヴァン雷帝の寵臣でした。

彼は非常に優秀でその政治的実力からみるみるうちに頭角を現し、イヴァン雷帝の側近にまで成り上がったのでした。

そしてなんと、イヴァン雷帝は帝位継承者である息子とゴドゥノフの妹を結婚させることになったのです。つまりゴドゥノフは次期皇帝の義兄となったのです。

そしてイヴァン雷帝亡き後、帝位継承者のフェオードルが皇帝になるも彼は政治実行力がなく、義兄のゴドゥノフが摂政政治をすることになります。ここに事実上のゴドゥノフ政権が始まることになったのです。

その後フェオードルが突然謎の死を遂げ、帝位は空に。

ゴドゥノフは貴族達や民衆から帝位に就くよう請願を受けますがしばらく断り続けます。ですがついに承諾し、ボリス・ゴドゥノフがロシアの皇帝となったのです。

しかし彼は貴族の陰謀に苦しめられ、敵国の不穏な動きにも悩まされます。さらにタイミングが悪いことに未曽有の飢饉に見舞われ国は荒廃します。そしてさらにさらに悪いことに皇帝僭称者ディミートリィなる者が現れ反乱が起きてしまいます。

ディミートリィはフェオードルの弟にあたり、彼はフェオードルの死後皇帝になるはずでしたがこちらも謎の死を遂げています。国民の間ではこれがボリス・ゴドゥノフの仕業であると噂されていたのです。

皇帝僭称者ディミートリィは「我こそが正当な帝位継承者である」と反乱を起こしました。もちろん、この男は本物のディミートリィではありません。本物のディミートリィはすでに死んでいます。この男は単なる貧しい脱走修道士にすぎません。

ロシアではこうした皇帝僭称者が度々現れ反乱を起こします。

皇帝一族が帝位争いのため血みどろの殺し合いをしていたからこそ、そして反乱の大義名分に打ってつけであるが故にこうした僭称者が度々現れてきたのです。そして現皇帝の統治に不満を持った民衆もそれに乗っかる形で信じ込むことになったのです。

プーシキンの『ボリス・ゴドゥノフ』はこの辺りの複雑な背景を実に明快に、そして研ぎ澄まされた簡潔な文体で描いていきます。

また、この作品は当時のロシア演劇界の暗黙の了解を覆した点でも非常に画期的な作品でした。

巻末の解説には次のように述べられています。

 十八世紀の古典主義の悲劇においては、歴史的闘争の結末は、人民のはるか上に立つ傑出した歴史の主人公たちの意志と情熱の触れ合いによって決定されていたが、プーシキンの悲劇においては、ボリース・ゴドゥノーフも、僭称皇子ディミートリイも、貴族も、主人公ではなく、彼らは自分たちのかたわらに、特別な、決定的な、歴史的な力としての人民の存在を感じ取る。ゴドゥノーフ朝の打倒、僭称皇子の勝利は、ボリースを憎む貴族たちの陰謀によって決せられたのでもなく、ポーランド軍の参加によって決せられたのでもなく、軍司令官らの成功・不成功によって決せられたのでもなく、権力による抑圧者にたいして静かに蹶起する人民の心情・行動性によって決せられたのである。「本営」の場において僭称皇子ディミートリイの側近ガヴリーラ・プーシキンは、バスマーノフとの対話において、歴史における人民の役割を語っている。(「けれども、なぜわれわれが強いのか、おわかりかな、バスマーノフ?/軍隊のためではない、また、ポーランドの後押しのためでもない。/輿論のためだ。さよう!人民の輿論のためですぞ」)。

北垣信行・栗原成郎訳『プーシキン全集3』河出書房新社P613-614

当時、悲劇と言えば歴史上の英雄や傑出した人物、貴族など強い個性を持つ主人公を軸に悲劇が展開し、そこに運命という名の悲劇の与え手がストーリーを動かしていました。

しかしプーシキンはこの物語を主人公のボリス・ゴドゥノフでもなく、僭称皇帝ディミートリィでも、貴族達でも、さらには「運命」でさえもストーリーの動かし手とはしません。

このストーリーを真に動かしているのはロシアの民衆なのです。

ロシア民衆の意志、行動がロシアの歴史を決定するとプーシキンはこの作品で訴えているのです。

これはロシア文学、演劇界上でも画期的なことでありました。

ただ、もちろんこれは当時のロシア政府からすると反体制の思想ですので厳しい検閲下に置かれることになります。

これが彼の晩年の不遇や悲劇的な決闘での死にもつながっていきます。

ロシア民衆の力を信じ、それを芸術にまで高めたプーシキン。

『ボリス・ゴドゥノフ』はプーシキンの歴史観を知る上で非常に重要な作品です。

ドストエフスキーも当然この作品を熟読しており、その歴史観を彼の内に取り込んでいます。ドストエフスキーの民衆愛はこういうところからも影響を受けているのかもしれません。

イヴァン雷帝亡き後のロシアの歴史を知る上でもとても興味深い作品ですのでおすすめの作品です。

以上、「プーシキン『ボリス・ゴドゥノフ』イワン雷帝亡き後の混乱時代を劇作化」でした。

関連記事

HOME