プーシキン

ドストエフスキーとロシア文学

ゴーゴリ『鼻』『狂人日記』あらすじ解説―ドストエフスキー『二重人格』に強い影響を与えた「ペテルブルクもの」の代表

『狂人日記』と『鼻』の概要とあらすじ ゴーゴリは『ネフスキイ大通り』に引き続き1835年に『狂人日記』を、1836年に『鼻』を発表しました。これら2作品も「ペテルブルクもの」の代表として知られています。 私が読んだのは河…

ドストエフスキーとロシア文学

プーシキンおすすめ作品一覧―ドストエフスキーの心の師匠!日本でマイナーなのがあまりにもったいない作家!

ドストエフスキーの心の師匠プーシキンおすすめ作品一覧―日本でマイナーなのがあまりにもったいない作家! ここまでプーシキンの作品を紹介してきましたがこの記事ではそれらを一覧にしてまとめていきたいと思います。 タイトルにもあ…

ドストエフスキーとロシア文学

プーシキン『スペードの女王』あらすじ解説―ドストエフスキー『罪と罰』にも影響!

プーシキン芸術の極致『スペードの女王』の概要とあらすじ 『スペードの女王』は1833年プーシキンにより発表された作品です。 私が読んだのは岩波文庫、神西清訳の『スペードの女王・ベールキン物語』です。 では、早速概要とあら…