『永遠の夫』美人妻と寝取られ亭主、不倫男の奇妙な三角関係 後期ドストエフスキーの名作中編小説

ドストエフスキー作品

後期ドストエフスキーの名作中編小説『永遠の夫』概要とあらすじ

『永遠の夫』は1870年に発表された長編小説です。

私が読んだのは新潮社出版の千種堅訳の『永遠の夫』です。

早速裏表紙のあらすじを見ていきましょう。

生涯ただただ〝夫〟であるにすぎない男、妻はつぎつぎに愛人を替えていくのに、その妻にしがみついているしか能のない〝永遠の夫〟トルソーツキイの物語。妻に裏切られながらも、その妻の死後、帽子に正体不明の喪章をつけて登場するトルソーツキイの、屈辱に甘んじながら演ずる滑稽な言動―卑屈な忍従と根強い復讐心、かぎりない信頼と反撥に揺れ動く深層心理を照射した名編。

新潮社出版 千種堅訳『永遠の夫』裏表紙

今作の主人公は若い伊達男ヴェリチャーニノフ。彼は女性にモテるタイプの青年で、今はちょっとした厄介な訴訟に巻き込まれ日々忙しなく過ごしていました。

そんな彼の前にある日奇妙な男が現れます。

それが「永遠の夫」トルソーツキイ。

そこから伊達男と「永遠の夫」の奇妙な物語が始まっていくのです。

さて、「永遠の夫」というと、ずっと愛していられる理想の男性像のような印象も受けてしまいますが、実はこの作品においてはまったく逆で、「永遠の夫」とは男をとっかえひっかえしている不倫妻の夫のことで、「生涯ただただ夫であることに終始し、「ちょうど太陽が輝かずにはいられないように、妻に不貞をされずにはすまない」、そういう人物のことをいいます。

「永遠の夫」トルソーツキイはお人好しでおめでたい人間で、妻を信じ切っていました。しかしその妻はそれをいいことに不倫に耽ります。

「永遠の夫」はそんな妻の不貞に気づくこともなく快活に暮らしています。

しかしその妻が若くして亡くなると、残された手紙から彼の目の前に不貞の事実が現れます。そこから彼の奇妙な行動が始まっていきます。

裏表紙にもありましたように、「屈辱に甘んじながら演ずる滑稽な言動―卑屈な忍従と根強い復讐心、かぎりない信頼と反撥に揺れ動く深層心理」がトルソーツキイを通して描かれます。

感想

私が初めてこの『永遠の夫』を読んだ時、「永遠の夫」の意味がなかなか掴めず、さらにはトルソーツキイの奇妙な行動や心理がまったく理解不能で読むのに大苦戦をしたのを覚えています。

ですが、こちらの記事でも少し触れましたように、フランスの文化を学ぶことで不倫の文化?を知ることができ、そうすると「永遠の夫」の意味がすんなりと入ってくるようになりました。

もちろん、不倫をすること自体はさすがにおおっぴらにはできませんでしたが、この当時の社会においては不倫は決して珍しいことではなかったのです。

フランスではむしろ、それをうまいことやりくりしてそれすらも社交術のひとつとして利用することすら必要とされました。

バルザックやエミール・ゾラなどのフランス文学には嫌というほどそうした男女関係が描かれています。

もちろん、それらの知識がなくとも、この作品は名作と評価されている小説ですので十分楽しむことができることでしょう。

モチューリスキイーの『評伝ドストエフスキー』でも、

エピソードはおのおの厳密な筋書きにしたがって振り分けられていて、細部はそれぞれあらかじめ綿密に計算されているかのようである。「均斉」と「節度の感覚」は凱歌をあげている。ドストエフスキーほこの作品で「自分の腕を自在に制御した」。「永遠の夫」はロシアの物語芸術の傑作ということができる。P424

モチューリスキイー『評伝ドストエフスキー』P424

と大絶賛しています。

小説の分量も中編小説ということでドストエフスキーにしてはお手軽なページ数になっています。

何をしでかすかわからない深層心理の混沌を描くという、ドストエフスキー得意の心理描写が冴えわたった作品です。おすすめです。

以上、「『永遠の夫』美人妻と寝取られ亭主、不倫男の奇妙な三角関係 後期ドストエフスキーの名作中編小説」でした。

次の記事はこちら↓

関連記事

HOME