Yoshio Sugimoto, "The Legacy of Buddhist Modernism" - Why did the Sri Lankan Civil War Occur? Buddhist Nationalism and the Link Between Religion and Violence

The Legacy of Buddhist Modernism Buddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

杉本良男『仏教モダニズムの遺産 アナガーリカ・ダルマパーラとナショナリズム』概要と感想~スリランカ内戦はなぜ起こったのか。仏教ナショナリズムと宗教と暴力のつながり

今回ご紹介するのは2021年に風響社より発行された杉本良男著『仏教モダニズムの遺産 アナガーリカ・ダルマパーラとナショナリズム』です。

Let's take a quick look at the book.

宗教の持つ本源的な暴力性を問う
タミル分離独立をめぐる内戦、ムスリムとの対立、そして2019年の同時多発テロ は、仏教聖地スリランカを根底から揺るがせた。本書は、植民地支配下に独自の改革仏教を創始したダルマパーラの思想を根源から問い直し、そこに潜む暴力性について人類学的、系譜学的に明らかにした労作である。

AmazonProducts Page.

前回の記事で紹介した澁谷利雄著Sri Lanka Today Magazine.では1983年から2009年にかけて続いたスリランカ内戦について見ていくことになりました。

そして本書『仏教モダニズムの遺産 アナガーリカ・ダルマパーラとナショナリズム』ではこの内戦が起きるまでの背景を詳しく知ることになります。

The major catalyst for this civil war was the conflict between the Sinhala Buddhists, who make up the majority of Sri Lanka's population, and the Hindu Tamils, who constitute a minority. However, this conflict did not begin in the beginning. It was the unique religious and ethnic outlook of Sri Lanka, where Buddhism and nationalism are linked, that intensified the conflict.

A huge influence on this Sinhala Buddhist nationalism was a man named Dharmapala, who is also the subtitle of this book.

Anagarika Dharmapala (1864-1933)Wikipedia.

Sri Lankan scholar Ovesekara called the Sri Lankan Buddhism created by Dharmapala "Protestant Buddhism (Reform Buddhism). Sri Lankan Buddhism may give the impression that it is the inheritance of the oldest Buddhism, but in fact it was not, but rather a movement that became active in the 19th century. This book takes a detailed look at the history of how Buddhism and Sinhalese nationalism became linked and led to civil war. In particular, we will take a close look at the life of Dharmapala, as if he were a biography. The book is a unique history of Sri Lankan Buddhism.

本書冒頭で著者はこの本について次のように述べています。少し長くなりますがスリランカの仏教とナショナリズムについての大枠を考える上でも重要な箇所ですのでじっくり読んでいきます。

スリランカ(セイロン、ランカー島)は、インド洋に浮かぶ「東洋の真珠」、あるいは紅茶の島、宝石の島として、さらには原始仏教の伝統を残す世界に冠たる仏教国として、いずれも非常に美しいイメージで語られてきた。仏教関係者は研究者も含め、釈尊仏陀の金口の説法を根本の教えととらえ、原点に近いこの島の「純粋仏教」、「原始仏教」を恭しく奉じてきた。スリランカの仏教は厳格な出家主義を基本とする上座部分別説部(Vibhajjavada)の伝統に連なる「上座仏教」(Theravada Buddhism)であり、その意味で世界的な仏教の中心だと考えられてきた。

しかしながら、一九七二年にそれまでの「セイロン」(Ceylon)から「輝ける島」という意味の「スリランカ」(Sri Lanka)へと国名を変えてからは、皮肉なことに一貫してテロや流血のイメージが強く、むしろ悪名のほうが高かったようにみえる。プラディープ・ジャガナーダンがいみじくも言うように、スリランカ研究者は暴力の問題を主題として選ぶわけではなく、今日のスリランカについて語ることがそのまま暴力について語ることになってしまうのだ[Jeganathan 1998b: 90]

一九八三年七月の「闇黒の七月」(Black July)から四半世紀にわたってスリランカを根底から揺るがせた民族宗教紛争は、ニ〇〇九年五月一七日にタミル人反政府組織タミル・イーラム解放の虎、通称LTTE(Liberation Tiger of Tamil Eelamタミル・タイガース)が敗北宣言を出し、同一九日には長年にわたり指導者として君臨してきたV・プラバーカラン(Velupillai Prabakaran, 1954-2009)議長の遺体が確認されて、タミル分離独立派の敗北によって一応の収束をみた。二〇一二年一一月の国連発表によると、この二六年の間に一〇万人以上が亡くなり、とりわけ終結前の五ケ月の間に四万人以上が殺害されたという。ときのスリランカ政府はこの報告に大いに不快感を示したが、国民がこの間に蒙ったさまざまな影響は計り知れない。

風響社、杉本良男『仏教モダニズムの遺産 アナガーリカ・ダルマパーラとナショナリズム』P1-2

スリランカ研究者が等しく認めるように、アナガーリカ・ダルマパーラは疑いもなく一九世紀からニ〇世紀にかけて最大の仏教改革家であるとともに[Brekke 2002:63;Bond 1988:53;ゴンブリッチ・オぺーセーカラ ニ〇〇二]、シンハラ仏教ナショナリズムの生みの親(founding father)でもある[Venugopal 2018: 45]。その最終的な目的はみずからの新たな宗教観を政治的に応用するために、強力な政治的宗教的集団を構築することにあった。ダルマパーラにはこうしたスリランカの仏教ナショナリストとしての側面とともに、インドのブッダガヤーを仏教聖地として奪還する闘いがあり、一九一五年にスリランカを追放されてからの後半生はむしろそちらの活動に主力が注がれた。さらに史上初の仏教宣教師を自負して、西欧を含む世界に仏教の徳を説くという重要なミッションも遂行していった[Brekke2002: 86; Seneviratne 1999; Amunugama 1985: 720]。

風響社、杉本良男『仏教モダニズムの遺産 アナガーリカ・ダルマパーラとナショナリズム』P6-7

冒頭に述べた、世界の仏教の総本山としての「セイロン」と、テロと暴力にまみれた「スリランカ」とは、アナガーリカ・ダルマパーラの近代的な改革仏教を介して、深いところでつながっている。本書では、ダルマパーラの仏教モダニズム、仏教ナショナリズム、仏教ミッションについてその由来をたずねたのち、セイロン内外における展開の経緯を追い、さらには暴力性に満ちた現在のスリランカへの影響までを、系譜学的に明らかにしたいと考えている。このことは、小さな島国とはいえスリランカがかかえる問題について検討することが、とりもなおさず、ひろく宗教と暴力の問題を検討するための重要な試金石だと考えているからである。

風響社、杉本良男『仏教モダニズムの遺産 アナガーリカ・ダルマパーラとナショナリズム』P9

これらの引用の最期で語られた「小さな島国とはいえスリランカがかかえる問題について検討することが、とりもなおさず、ひろく宗教と暴力の問題を検討するための重要な試金石だと考えているからである。」という言葉は私にとっても非常に大きな問題です。

私はこれまでも宗教と暴力について様々な視点から学んできました。前回の記事「澁谷利雄『スリランカ現代誌』~スリランカの民族紛争と宗教の関係がわかりやすくまとめられたおすすめ作品」でもお話ししましたように、私は2019年にボスニアを訪れ民族紛争について学んできました。

After returning to Japan, I have also considered the violence and danger of religion in relation to war, totalitarianism, and Marxism in my study of "Shinran and Dostoevsky".

Especially by Toby Green, who read it in the vein of "Don Quixote".The Inquisition: The Reign of Terror That Undermined Spain's Great Power.is precisely the work that has given me great insight into religion and nationalism. Although there is no clear-cut nationalism in this period, the way we distinguish between our religious group and others and use it for political purposes is exactly the same.

私はこれまで主に西洋の宗教や暴力の歴史を学んできました。そこで感じたのは、やはり戦争遂行のためのイデオロギーとして一神教の宗教は利用されやすいのではないかということでした。そしてそれに対して仏教はそもそもの教義として絶対的な神、つまり正義を立てず、さらには非暴力を訴えますので戦争のイデオロギーにはなかなかなりにくいのではないかと私は考えていました。もちろん、日本の歴史においても武将が仏教を深く信仰していたとか、寺の焼き討ちがあったとか、第二次大戦で戦争に加担したなどの事実はあります。ですが争いの第一義のイデオロギーとして仏教が出てくるかというとそうではないのではないかというのが私の感じるところでした。

しかしここスリランカではそうではなかったのです。仏教がシンハラ人のアイデンティティーと結びつき聖戦の概念まで生まれていきます。本書ではそうした仏教とナショナリズムの結びつきの過程をじっくりと見ていくことになります。これは非常に興味深いです。「まさか」と思うことがここスリランカでは起こっていたのです。

What exactly is Buddhism in the Buddhist country of Sri Lanka?

Here is a world very different from the Buddhist world we imagine.

宗教とは何かを考える上でも本書は非常に興味深い内容が満載の素晴らしい作品です。

I highly recommend this book. Why not pick up a copy?

以上、「杉本良男『仏教モダニズムの遺産』~スリランカ内戦はなぜ起こったのか。仏教ナショナリズムと宗教と暴力のつながり」でした。

Next Article.

Click here to read the previous article.

Related Articles

HOME