Series on Mahayana Buddhism, Volume 3: Practice of Mahayana Buddhism - A book to learn about the origins of Buddhist practice and the development of stupas, Buddhist statues, and the worship of remains!

Mahayana Buddhist Practice Buddhism in India

『シリーズ大乗仏教 第三巻 大乗仏教の実践』概要と感想~仏道修行の原点や仏塔、仏像、遺骨崇拝の展開を学べる一冊!

今回ご紹介するのは2011年に春秋社より発行された『シリーズ大乗仏教 第三巻 大乗仏教の実践』です。

Let's take a quick look at the book.

大乗仏教の戒律や禅定などの実践的教義が、実際の歴史的な場においてどのように信仰・実践されてきたかという観点から、大乗仏教の実践思想としての本質に迫る。

AmazonProducts Page.

今作はそのタイトル通り、大乗仏教の実践面について見ていく作品となります。初期大乗仏教における実践面は未だ謎多き存在です。本書について「はしがき」では次のように述べられています。

本巻は、大乗仏教の実践について扱う。三学の中でいえば、戒と定に当たる。以前の『講座・大乗仏教』にはなかった巻であるが、それは従来、教学中心に仏教を論ずるのが基本であったために、実践という問題は必ずしも中心的なテーマとならなかったためである。近年、従来の教学中心の仏教研究への反省から、実践的な面への関心が深まり、研究成果が蓄積されてきている。本巻は、そのような成果を集成する。(中略)

すでに触れたように、複数の論文から、大乗が必ずしも部派の仏教とはっきりと断絶しているわけではなく、両者の間には共通性があり、連続的に見るべきことが、さまざまの点から明らかになった。このことは、今度は大小乗を断絶的、二項対立的に捉える見方がどこから生まれ、どのように定着したかという、新たな問題を生むことになる。小乗と対立する、いわば純大乗主義は、おそらく日本において、最澄によって確立されたのではないか、というのが、私の推測であるが、それはまた別の機会に検討したい。

春秋社『シリーズ大乗仏教 第三巻 大乗仏教の実践』Pⅰ-ⅴ

このはしがきで語られるように、大乗と小乗の実践面には繋がりがあり、明確に異なる存在ではなかったことが本論集で語られます。

これまで紹介してきたA History of Buddhism in New Asia 02 India II: The Formation and Development of Buddhism.、『シリーズ大乗仏教 第二巻 大乗仏教の誕生』でも大乗と小乗が共存していたことが語られましたが、本作ではその実践面でも共通点が多々あることを学ぶことになります。

この論集の中で特に印象に残ったのは第四章「大乗仏教の禅定実践」の章で語られた、

一見非常に大乗的なものと思える観仏の修行も、原始仏典以来の不浄観の修行の延長線上にあったということになるだろう。

春秋社『シリーズ大乗仏教 第三巻 大乗仏教の実践』P104

という言葉や、第五章「仏塔から仏像へ」の章で語られた、

以上、具体的な作例を挙げながら仏像の聖化の事例を見てきた。これらの例から窺えるのは、仏像が単なる形像ではなく、仏陀そのものとして扱われる上で、遺骨に代表される伝統的な礼拝物との結びつきが重要な役割を果たしたということである。すなわち仏像への信仰は、仏涅槃以来の舎利信仰を排する形で発展したのではない。むしろそれは伝統的な舎利や聖遺物への信仰を基盤とし、仏像をそれらと同義の礼拝対象と看做すことで定着したと考えられるだろう。

春秋社『シリーズ大乗仏教 第三巻 大乗仏教の実践』P144

This is the word.

大乗仏教では摩訶止観や浄土教の観仏三昧などの瞑想法が有名ですが、こうした大乗的な観仏修行も実はその根は原始仏典にあり、伝統教団と全く異なる修行ではなかったということ。

そして仏像崇拝に関しても、ブッダの遺骨である舎利への信仰が大きな影響を与えていたということ。これも見逃せません。原始仏教は墓を造らなかった、死者を祀ることはしなかったと言われることも多いですが、実際の所はブッダの聖遺物や高弟たちの遺骨に対する崇拝がなされていたということがこの本で説かれます。それが仏塔、仏像信仰へ繋がっていったというのは非常に興味深い指摘でした。

しかも次のような驚くべき解説もなされています。

仏陀像をはじめとする多様な仏教尊像が礼拝対象として定着したことは、それまでの仏塔を中心とした仏教徒の信仰形態に大きな変化をもたらし、尊像を用いた様々な儀礼の発達を生んだ。仏陀像に関していえば、そのような儀礼の典型として、法顕や玄奘がコータンやパータリプトラやカナウジで見たという行像を挙げることができる。法顕がパータリプトラで見た行像は、仏塔を模したニ〇基ほどの山車と共に、仏[=仏像]が都城内外を巡ったというもので、人々は美しく飾られた塔や仏像に音楽と踊りを奉納し、香華を捧げたという。玄奘が見たという、ハルシャヴァルダナ王(戒日王)がカナウジで主催した行像はさらに大規模なもので、等身大の金の仏像を安置する伽藍と仏像を沐浴させる宝壇をガンガー河の西岸に建てた後、そこから一四、五里離れたところに行宮を建て、二一日間の布施行をなした後、行像を行っている。(中略)

この行像において、仏陀像は象に乗り、王を従え、香水で沐浴し、布施を受ける仏陀そのものとして扱われている。奈良康明が指摘したように、このように仏像を仏陀そのものと看做す儀礼は、『ボーディチャルヤ・アヴァターラ』や『アヴァダーナ・シャタカ』などのサンスクリット仏典にも記されており、そこでは仏像を洗浴し、香を薫じ、身体を拭い、衣を取替え、飲食を与えるという、ヒンドゥー教の神像礼拝(プージャー)と基本的に同じ方法で仏像の供養が行われている。また、同様の記述は、『大乗造像功徳経』や『灌洗仏形像経』や『浴像功徳経』など、紀元後四世紀~八世紀頃に漢訳された、仏像供養の福徳を説く仏典にも認められるところである。涅槃経に説かれる仏塔供養から窺われるように、同様の儀礼はおそらく仏像出現以前より、仏塔や様々な舎利を用いて行われていたに違いない。しかしグプタ時代以降、仏像という具体的かつ身近な礼拝対象が定着したことにより、このようなバクティ的かつ個別的な礼拝形式が一層の発達を遂げたことは、容易に想像されるであろう。

春秋社『シリーズ大乗仏教 第三巻 大乗仏教の実践』P146-147

「そこでは仏像を洗浴し、香を薫じ、身体を拭い、衣を取替え、飲食を与えるという、ヒンドゥー教の神像礼拝(プージャー)と基本的に同じ方法で仏像の供養が行われている。」

Pooja (Prayer)Wikipedia.

仏教も人々の生活レベルではヒンドゥー教の祭式と混じり合って信仰されていたというのがここからうかがえます。

文献や深遠な哲学体系だけが宗教ではありません。そこにはそこに生きる人々の宗教的実践、生活実践もあります。西欧的な文献研究のみで推し量ろうとする仏教研究に対する反省もこの本では語られます。

これ以上は専門的になりますので私の方からはお話しできませんが、興味のある方はぜひ読んで頂きたいなと思います。ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

以上、「『シリーズ大乗仏教 第三巻 大乗仏教の実践』~仏道修行の原点や仏塔、仏像、遺骨崇拝の展開を学べる一冊!」でした。

Next Article.

Click here to read the previous article.

Related Articles

HOME