西永良成『『レ・ミゼラブル』の世界』~レミゼとナポレオン、革命の関係を解説した1冊

『レ・ミゼラブル』とドストエフスキー

レミゼとナポレオン、革命の関係を解説した1冊―西永良成『『レ・ミゼラブル』の世界』

前回の記事はこちら

今回ご紹介するのは2017年に岩波書店より発行された西永良成著『『レ・ミゼラブル』の世界』です。

早速本紹介を見ていきましょう。

世界的な名作『レ・ミゼラブル』を通読した読者は少ない。原因はその長大さばかりでなく、「哲学的部分」と呼ばれるユゴーの膨大な「蘊蓄」にある。しかし、「哲学的部分」こそ実は一番面白い。作品の成立の過程を辿り、歴史的背景を参照しつつ、作品に込められたユゴーの思想を読み解く。大作にチャレンジしたくなる一冊。

岩波書店、西永良成『『レ・ミゼラブル』の世界』

この本の特徴はなかなか通読されることの少ない『レ・ミゼラブル』の原作に込められたユゴーの思いを明らかにしていくところにあります。

著者はまず次のように述べます。

『レ・ミゼラブル』Les Miserables(貧しい人びと・惨めな人たち)は、貧しい労働者を題材とした『クロード・グー』(一八三四年)以後、二八年ぶりに公刊したユゴー六冊目の小説である。この畢生の大作は発表されるや空前のべストセラーになったばかりか、今日でもなおフランスで読まれている本のうち、『聖書』に次いで第二位の位置を占めている。文字通り、ユゴーの代表作である。

しかし、きわめて有名なこの「世界の名作」は、長大かつ複雑きわまる小説であり、ともすれば初めて読む読者の意気を削いでしまう。じっさい、ジャン・ヴァルジャンが銀の食器を盗み、それを司教に許されるという冒頭のくだりはどこかで読んだり、あるいは映画やミュージカルで内容は知っているという人が多くても、最初から最後まで一気に読み通したという読者は少ないだろう。

なぜこの小説は読みづらいのか。もちろん、その理由のひとつは、これがきわめて長大な小説だからである。拙訳では五〇〇頁前後の文庫本で五冊の分量にもなる。また、登場人物が一〇〇名を超え、主要な人物のみならず、副次的な人物の生い立ち、容貌、性格まで一人ひとりできるだけ丁寧に描き出され、作品世界を多重、多彩にする反面、ストーリーの展開を複雑にしている。さらに、さきに述べたように、小説のなかに「哲学的な部分」、つまりかなり長い逸脱、余談が相当数挿入されているので、しばしば途方に暮れることがある。

これらの困難を乗りこえるには、あらかじめ作品の構造のパースぺクティブ、つまり大体のアウトラインを心得ておくことが有益だと思われる。登山をするにも地図があったほうがいいのと同じことだ。

岩波書店、西永良成『『レ・ミゼラブル』の世界』P3ー4

レミゼの原作はとにかく長いです。しかも以前当ブログでも紹介しましたが、一見ストーリーとは関係ないように思える内容が延々と続きます。

レミゼを初めて読んだ人がまず驚くのは、主人公のジャン・ヴァルジャンが全く出てこないことです。上の記事では次のようにお話ししました。

この作品で最初に描かれるのはミリエル司教という人物。

彼は高潔な高位聖職者で、一言で言うならばいい人過ぎるほどいい人なのです。

この物語は最高に善良な司教ミリエル氏がいかなる人物であるかというお話からスタートします。

彼はいつも自分の手元にあるお金のほとんどを貧しい人たちに分け与え、人知れず街のために身を捧げます。

そんな彼の善良さを語る物語がなんと、111ページまで続きます。

つまり、主人公が登場するまでに100ページ以上も一見ストーリーとは全く関係なさそうな司教のエピソードを見せられることになるのです。

『レ・ミゼラブル㈠ 第一部 ファンチーヌ』あらすじ感想―偉大なる主人公ジャン・ヴァルジャンとは!

正直、こうしたメインストーリーとは一見無関係な文章が延々と続くのは読む側からするとかなり苦しい展開です。

しかし著者の西永良成氏によればこうした箇所にこそレミゼの面白さがあり、これらの記述の背景を知ることでレミゼがもっと面白くなるということを教えてくれます。

そして先ほどの引用のすぐあとでレミゼの簡潔なあらすじが語られていきます。原作のエッセンスがコンパクトかつ絶妙にまとめられていてとてもわかりやすいです。このあらすじは非常にありがたいです。

こうしてレミゼの全体像をまず掴んだ上で著者はユゴーの思想やレミゼに込められた背景について解説していきます。

1789年のフランス革命からナポレオンの台頭、そこから1830年七月革命などフランスの歴史とレミゼが繋がっていきます。こうした背景を知るとレミゼがこれまでとは違って見えてきます。

特にナポレオンの存在はレミゼにとって非常に大きな意味を持ちます。この本ではその点が非常にわかりやすく解説されていますのでとてもおすすめです。

レミゼを学ぶ参考書としてぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

以上、「西永良成『『レ・ミゼラブル』の世界』~レミゼとナポレオン、革命の関係を解説した1冊」でした。

次の記事ではこの本を参考にレミゼの時代背景を見ていきます。

次の記事はこちら

関連記事

HOME