必見!言葉に尽くせぬ美しさ!カンポ・デ・クリプターナの夕焼けの風車 スペイン編⑨

スペイン編

必見!言葉に尽くせぬ美しさ!カンポ・デ・クリプターナの夕焼けの風車 僧侶上田隆弘の世界一周記―スペイン編⑨

風車の丘で雄大な景色を楽しんだ後は一旦宿に戻って待機。

今回カンポ・デ・クリプターナに宿を取った理由は、なんと言っても夕日に照らされた風車を見るためだ。

カンポ・デ・クリプターナの風車の丘は夕陽で有名・・・というわけではない。

しかし、真っ白な風車が夕陽で真っ赤に染まっていく景色をぜひとも見てみたいとぼくは旅を始める前から考えていたのだ。

クエンカでもそうだったがスペインでの日没時間は日本と比べてかなり遅い。

夕焼けが始まる21時過ぎ頃までまずは待機。

そして21時15分頃、いよいよ出発。

風車の丘まで徒歩5分。

一度通った道なので気楽に歩くことができた。

そして間もなく到着。

すると想像をはるかに超える光景がそこには広がっていた。

写真では伝わりにくいが、夕陽に照らされて昼間には緑の絨毯のようだった野原が黄金色に輝いていたのだ。

まるでナウシカに出てくるワンシーンのよう。

昼間見た景色とはまったく別物だ。

はるか彼方まで広がる、ラ・マンチャの大地。

遮るもののない黄金色の野原を眺めながら、ゆっくりと散歩する。

いよいよ日が傾きだしてきた。

夕陽のオレンジ色が強くなってきたのを感じる。

つい先ほどまで黄金色だった野原が徐々に赤い色へと近づいていく。

風車の白い壁もオレンジ色に染まり始めてきた。

いよいよ日没が迫ってくる。

夕陽の赤が最も強くなる瞬間だ。

黄金色だった草原が今や真っ赤な大地に。

目に見える世界全てが赤色に染まる。まるで赤いヴェール越しに世界を眺めているかのよう。

日没間近の風車の丘は言葉に尽くせぬほどの美しさだった。

地平線に沈んでいく夕陽、そして真っ赤に染まった風車。

世界の色彩が時間と共に刻々と変化していく。

夕暮れの始まりから日没の瞬間までゆっくりと、そして確実に変わり続けていく景色。

そして自分がこの雄大な世界にぽつんと一人で立っているという事実。

自分がこの世界に飲み込まれてしまったかのような不思議な感覚。

うまく言葉にできないが、何かを感じずにはいられない。そんな体験だった。

ここに来て本当によかった。

日帰りではなく1泊という決断は大正解だった。

この日はこれにて風車の丘も終了。真っ暗になる前に宿に帰還する。

住宅街を歩いて行くと、住民の方達が道路わきにテーブルと椅子を出し、食事やお酒を囲んで楽しそうに話していた。

スペインの田舎町らしい風景。

帰る道すがら何軒もそういう家庭に出会った。きっとこうして夜の時間を家族や仲間とわいわい過ごすのが文化の一つなのだろう。

そしてこんな時間に一人で歩いている東洋人が珍しいらしく、彼らはものすごく不思議そうにぼくを眺めていた。

思い切って「オラー!(こんにちは)」とあいさつすると、笑って手を振って返してくれたのには思わず嬉しくなった。

ちょっとしたことだけれども、一人旅をしているとこういう何気ないあいさつだけでずいぶんと心がうきうきするものだ。

薄暗い中ぼくは温かい気持ちになりながら宿へと帰っていくのであった。

絶景を堪能!クエンカとカンポ・デ・クリプターナを動画でご紹介 スペイン編⑬の記事でも紹介しますが、動画でも撮影しましたのでこちらもご覧ください

そして翌朝、カンポ・デ・クリプターナを出発する前にもう一度風車の丘へ。

朝は朝でこれがまた素晴らしい。

スペインの強烈な日差しとカラッとした空気。

そして早朝の爽やかな風がなんとも心地よい。

道もないラ・マンチャの大地をあてもなく散歩する。

人もほとんどいない。

この雄大な大地を独り占めしている気分。

朝はほとんど観光客もいない。信じられないくらい静かだ。

有名な場所の割にはあまりに観光地っぽさがない。

だが、それが逆に素晴らしい。

それにしても、なぜこんなにも人がいないのだろう。

いくらなんでもいなさすぎだろうと思う。

もしかしてここは欧米人にとってはそこまで観光地として人気がないのではないだろうか。

カンポ・デ・クリプターナ近辺はドン・キホーテの風車で有名ではあるが、その他には良質なワインの産地としても有名だ。

現地のオプショナルツアーを見ても、風車の丘よりもワインのテイスティングの方に力点が置かれているようにも思える。

う~む、もしかしたらやはり根本的に風車に対して欧米人は思い入れがないのかもしれない。

あるいは小説の舞台に出てきた場所を巡るという習慣がないのかもしれない。

日本人は映画やドラマ、小説やアニメで出てきた場所を巡る「聖地巡り」が大好きな国民だと言われている。

たしかにぼくも「水曜どうでしょう」のロケ地を巡ったり、まさしくこのカンポ・デ・クリプターナも『ドン・キホーテ』のゆかりの地だからこそ勇んでここまでやってきた。

そして『ドン・キホーテ』に思いを馳せ、大満足をしていた。

しかしこれが欧米ではそこまで馴染み深い楽しみ方ではないということなのだろうか。う~む、わからない。

まあたしかに、カンポ・デ・クリプターナは来るのも一苦労な場所だ。

普通はマドリードに来ればそこに滞在して美術館や王宮巡りをして、そこから少し足を伸ばしてトレド観光というのが王道だろう。

ただでさえ日程はそれで埋まってしまうのにそこからわざわざ在来線を乗り継ぎして2時間もかけてここに来るとなるとよっぽどのことだ。

ましてや現地ツアーもほとんどないので個人でなんとかして行くしかない。

となるとなかなかここは観光客が訪れないのも頷ける話だ。

なぜここは観光客が少ないのか、正確なところはぼくにもわからない。

でもぼくはカンポ・デ・クリプターナが大好きだ。

ここの景色は自信を持っておすすめできる。

特に夕焼けの風車の丘は絶品だ。

黄金色に染まる平原を一人であてどなく歩き、そして日没間近の真っ赤な世界を独り占めできる体験などそうそうできるようなものではない。

はっきりとぼくは言いたい。

せっかくここまで来たのにぱっと風車だけ見て「こんなものか」とさっさと帰ってしまうのは本当にもったいない。

ゆっくりと時間をとって風車の丘を歩き景色を堪能する。

これは言葉に尽くせないほどの感動をもたらしてくれる。

これこそこの丘の最大の魅力だとぼくは思う。

カンポ・デ・クリプターナでの体験はぼくの旅の中でも屈指の思い出としてはっきりと残っている。

本当にすばらしい時間を過ごすことができた。

マドリード宿泊の1泊分をこちらに割く価値はまちがいなくある。

たしかに交通の便も不便だし宿泊設備も十分とは言えないかもしれない。

だが、旅を終えてしまえばそれも逆にいい思い出にもなる。

もしスペイン・マドリード旅行を考えている方がおられるならば、ぼくはカンポ・デ・クリプターナでの1泊を強く皆さんにお勧めしたい。

続く

次の記事はこちら↓

関連記事

HOME