Gombrich, Ovesekara, "Buddhism in Sri Lanka" - Is Sri Lankan Buddhism new? A Shocking and Famous Book!

Buddhism in Sri Lanka Buddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

ゴンブリッチ、オベーセーカラ『スリランカの仏教』概要と感想~スリランカ仏教は新しい?衝撃の名著!

今回ご紹介するのは2002年に法藏館より発行されたリチャード・ゴンブリッチ、ガナナート・オベーセーカラ著、島岩訳の『スリランカの仏教』です。

Let's take a quick look at the book.

なぜスリランカでは今なお仏教が宗教として機能しているのか。現地の宗教事情から、急激な近代化・都市化の影響まで具体例をもとに探究。

近代化、都市化といった社会の急激な変動が、伝統的な宗教生活にもたらした驚くべき変化とは何か。その歴史的背景、諸外国の影響から、神霊信仰との交渉、現代のカルト問題まで、仏教学と文化人類学の権威が、それぞれの観点から、緻密なフィールドワークに基づき、宗教のダイナミズムを明らかにする画期的共同研究。

AmazonProducts Page.

Although Sri Lankan Buddhism may be associated with Theravada Buddhism, which adheres to strict precepts, modern Sri Lankan Buddhism itself was actually a recent construction. Sri Lankan Buddhism is sometimes said to be the closest to the primitive cult, but that was actually an image that was created in the last few centuries. This book will certainly surprise you. I believe that your impression of Sri Lankan Buddhism will change drastically.

The obi of this book says, "Why does Buddhism, which died out in its birthplace, India, continue to live on in Sri Lanka?" and this is precisely the reality of modern Sri Lankan Buddhism that will be examined in detail in this book.

Since Sri Lanka became a British colony in 1815, the traditional village society that had existed until then was in decline, and Colombo experienced rapid urbanization. Furthermore, English-speaking elites actively absorbed British culture. In particular, they brought English Protestant religious views into the world of Sri Lankan Buddhism. This would have a decisive influence on modern Sri Lankan Buddhism.

Also not to be overlooked is the movement on the Buddhist side at the sacred site of Kataragama in southern Sri Lanka. This was originally the sacred site of the Hindu god Skanda (popularly known in Japan as Vikiten). Sri Lankan Buddhists are now flocking there in droves. This is a contradiction in terms of Sri Lanka's Theravada teachings, which claim to be faithful to primitive Buddhism. But this is clearly a trend. This is clearly a major trend, and it is also largely due to the political and economic problems in Sri Lanka.

This book does not simply look at Sri Lankan Buddhism from an ideological perspective, but makes use of the knowledge gained from fieldwork in the area. The reality of Sri Lankan Buddhism can be seen only from what I have actually seen in the field. This is very interesting. I was so excited that I read this book in one sitting. It is very interesting.

ただ、巻末の訳者あとがきで次のような指摘があったのも事実です。

全体としては、基本的にはマックス・ウェーバーの近代化論に基づきつつ、剥奪理論等の宗教社会学の諸理論や、エーリッヒ・フロム流の社会心理学的解釈、結婚式に花嫁が用いる白い布に浄化の象徴を見るというような象徴人類学的解釈等、さまざまな手法と理論を駆使しながら、都市化によるスリランカの宗教の変容という現象が読み解かれており、実にスマートで見事な分析が行われていると言えるであろう。しかしながら、あまりにスマートで見事な分析であるだけに、「都市化によるスリランカの宗教の変容という複雑な事象が、本当にこんなふうに見事に分析しきれるのだろうか」という、素朴な疑問がわいてくるのである。以下若干の疑問点を指摘していきたい。

法藏館、リチャード・ゴンブリッチ、ガナナート・オベーセーカラ、島岩訳『スリランカの仏教』P730

「しかしながら、あまりにスマートで見事な分析であるだけに、「都市化によるスリランカの宗教の変容という複雑な事象が、本当にこんなふうに見事に分析しきれるのだろうか」という、素朴な疑問がわいてくるのである。」

まさにその通り!私も本書を読みながらまさにそのように思ってしまったのです!笑 お見事すぎる!この本の欠点はあまりに面白過ぎる点にあるのです。

ですが上の引用にありますように、訳者によってこの後丁寧に著者への疑問について解説されていきますのでご安心ください。この解説部分を読むだけでも本書のエッセンスがぎゅっと詰まっていますのでこの箇所を熟読することをおすすめします。

何はともあれ、この本は非常に刺激的です。日本人が抱くスリランカ仏教像がいかにその実態とずれているかがよくわかります。そしてそのスリランカ仏教がいかにして出来上がっていったかを社会とのつがなりから見ていけるのは実に興味深いです。700頁超の大ボリュームの一冊ですが全く飽きません。とてつもない本です。

これは日本仏教を考える上でも非常に有益な一冊となること間違いなしです。ぜひぜひおすすめしたい一冊です。ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

以上、「ゴンブリッチ、オベーセーカラ『スリランカの仏教』~スリランカ仏教は新しい?衝撃の名著!」でした。

Next Article.

Click here to read the previous article.

Related Articles

HOME