Ian Johnson, Faith in Modern China - A look at the reality of religious life under the Communist regime! A non-fiction book that questions what faith is all about!

Faith in Modern China Chinese Buddhism, Thought and History

イアン・ジョンソン『信仰の現代中国 心のよりどころを求める人々の暮らし』概要と感想~共産党政権下における宗教生活の実態に迫る!信仰とは何かを問うノンフィクション!

今回ご紹介するのは2022年に白水社より発行されたイアン・ジョンソン著、秋元由紀訳の『信仰の現代中国 心のよりどころを求める人々の暮らし』です。

Let's take a quick look at the book.

宗教と伝統行事を通して見えてくる中国社会の姿

 弾圧から緩和、引き締め、そして包摂へ―毛沢東以来、共産党支配下における政治と宗教の関係は常にある種の緊張状態にある。本書は、この緊張状態の根源にあるものを掘り起こし、信仰と伝統行事のあり方を通して中国社会のもう一つの姿を描いたノンフィクションである。


 物質的な欲望と拝金主義にまみれ、もはや伝統的な信仰心など消えてしまったかのように見える中国社会だが、旧暦に基づく季節の行事や古くからのしきたりが今も脈々と息づいている。いくら繁栄しても何かが足りない―その何かを求めて多くの人びとが信仰や伝統行事に目を向け実践するありさまを描くため、著者は約一年半、こうした活動に携わる家族や団体などと行動をともにしてきた。各種の行事を観察し、ときには自ら瞑想法・呼吸法の講習会に参加する。登場するのは、妙峰山の参拝客を相手に香会を営む倪家、農村で道教の儀式や占いをする李家、地方都市で地下活動を続ける牧師など、さまざまなバックグラウンドを持つ人びとである。


 本書は二十四節気に沿った章立てで、季節の移り変わりとともにストーリーが立体的に展開する仕組みとなっている。海外の主要紙誌が絶賛した傑作だ。

AmazonProducts Page.

The book is a work that follows the situation of religion in Communist China, where it was forbidden.

本書について訳者あとがきでは次のように述べられています。

もともと中国では宗教が政治体制を含む社会全体と一体となり、日常生活にも溶け込んでいたが、そのような伝統的な形の宗教は近代国家としての前進を阻むものとして非難され、共産党が権カを掌握する前から破壊が始まっていた。宗教に関係する場所や人に対する攻撃は一九六〇年代から激化し、家庭内の祭壇までも含めて礼拝の場のほとんどが破壊され、聖職者も追放された。一九七六年に毛沢東が死去したときには、公の場での宗教生活は消えていた。

ところがその後、経済発展が始まり、数世代ぶりに衣食住が足りて社会が比較的平和で安定するようになると、人びとは物質的でない何かを信じたい、人生により深い意味が欲しいと思うようになり、宗教生活がよみがえり始めた。これは政府の政策や支援に後押しされた動きではなく、ごく普通の市民がそれぞれ自主的に行動を起こした結果だった。本書でジョンソンは「中国で宗教生活が復活したのは、このような一人ひとりの目覚ましい行いの積み重ねによる」と述べている。

ジョンソンは数年かけてそんな人たちと行動をともにし、さまざまな行事に参加して、その人たちの行いや考えていることを丁寧に描き出した。本書は、現代中国を舞台に、社会には共通の価値観があるべきだ、何か超越したものに導かれていたい、という思いに突き動かされた人たちに寄り添う、臨場感あふれる作品である。同時に、中国を超えて、「経済を大半の決定の根拠としてきた社会に連帯と価値基準を回復させるにはどうしたらいいか」(「エピローグ」より)という普遍的な問いを投げかけ、本書に登場する人たちが持っているような「天を求める」思いが広く社会や世界にどんな影響を及ぼしうるかを考えさせられる一冊でもある。

白水社、イアン・ジョンソン、秋元由紀訳『信仰の現代中国 心のよりどころを求める人々の暮らし』P416

ここで述べられるようにかつての中国では共産党当局による厳しい宗教弾圧が行われていました。この宗教弾圧については以前当ブログでも高橋保行著The Russian Church Under Persecution: 70 Years of Orthodoxy in an Atheistic State."という本を紹介しました。

この本でもソ連における激しい宗教弾圧の実態を知ることになりましたが、本書『信仰の現代中国 心のよりどころを求める人々の暮らし』を読んで改めて共産党における宗教への対応について考えさせられることになりました。

ただ、本書においてはかつての宗教弾圧が主題ではなく、それが緩んだ現代中国における宗教事情が語られます。上の引用で述べられていたように近年の中国では「当局の監視の下」という制限はありますが信仰の自由が認められるようになりました。それによって一度は失われかけていた信仰が人々の間で取り戻されつつあることが本書で語られます。

「中国の宗教とは何なのか」

中国の隣人である私たちにとって、わかるようでわからない中国の存在。

私自身も最近中国の歴史を学ぶまでこの国がどのような宗教の国なのかわかっていませんでした。漠然と道教や儒教、仏教などは浮かぶものの、それぞれがどのように信仰されているかほとんどわかりませんでした。まして現代中国となると共産党のイメージばかりでその他はさっぱりわかりませんでした。

そんな私にとって現在の中国の宗教事情を知れたのは非常に興味深いものがありました。

However, as was mentioned in this book, it was very scary to know that we do not know what will happen in the future because of the tight control that the Communist authorities have been exercising in recent years.

This book will give you an eye-opening glimpse of a China we never knew existed. It is full of information because the author actually did long-term, in-depth interviews. I highly recommend this book to learn about the religious situation in modern China. Why not pick up a copy?

以上、「イアン・ジョンソン『信仰の現代中国』~共産党政権下における宗教生活の実態に迫る!信仰とは何かを問うノンフィクション!」でした。

Next Article.

Click here to read the previous article.

Related Articles

HOME