The History of China 03: The Legacy of the First Emperor, The Qin-Han Empire - Recommended for learning about the birth of the Chinese emperors and their historical background.

Chinese History 03 Chinese Buddhism, Thought and History

『中国の歴史03 ファーストエンペラーの遺産 秦漢帝国』概要と感想~中国皇帝の誕生とその時代背景を学ぶのにおすすめ

今回ご紹介するのは2004年に講談社より発行された鶴間和幸著『国の歴史03 ファーストエンペラーの遺産 秦漢帝国』です。

Let's take a quick look at the book.

英雄・美姫の夢と野望が織りなす絢爛たる古代中国の歴史
瞠目の兵馬俑坑。項羽vs劉邦の激突。

死後なお地下帝国に君臨せんとした秦始皇帝の想像を絶する野望。高祖劉邦に始まり、王莽の反乱をはさんで前後440年にわたり中原を支配した大漢帝国。荒ぶる英雄・梟雄が闊歩し、美妃が嫣然と微笑む、波瀾万丈、陰翳深い古代中国。

AmazonProducts Page.
始皇帝陵兵馬俑坑1号坑 Wikipedia.

previous work『中国の歴史02 都市国家から中華へ 殷周 春秋戦国』では秦の始皇帝が生まれるまでの時代を見ていきましたが、今作ではいよいよ中国史の花舞台が始まってきます。

In this book, you will learn about the history of Qin, where the First Emperor was born, and the Han and Later Han dynasties, which also appear to have connections with Japanese history.

秦の始皇帝は人気漫画『キングダム』によってここ最近特に存在感が高まっているように感じます。私も『キングダム』を読んでいましたので、その始皇帝がどんな国を作りどんな統治体制を取ったのか非常に興味深く読むことになりました。そして秦という国が20年ももたずに滅亡してしまったという事実に改めて驚くことになりました。

またその後に生まれてきた漢という国は何と言っても「漢委奴国王印」の金印です。「金印コナゴナ57年」という語呂で小学生の時に暗記したのを今でも覚えています。

漢委奴国王印の金印 Wikipedia.

ですがこの金印そのものの記憶は強烈だったもののいざ漢の国がいつ生まれてどのような経過をたどって栄えた国だったのかということは正直ほとんどわかりませんでした。

私は高校時代日本史選択でしたのでこの辺りは特に疎いです。ですのでこの本で改めてじっくり漢の歴史を学べたのはとても刺激的な読書になりました。

そしてこの漢の時代の次にやってくるのがあの「三国志」の時代です。私も昔横山光輝先生の漫画を貪るように読んでいた記憶があります。

In this book, you can learn the background of the prehistory of the Three Kingdoms Period. It is precisely because of the existence of the Qin and Han dynasties that the epic battle to unify all of China took on a realistic form.

I was also pleased to learn about how history has been compiled in China. It is often said that the First Emperor was a "burning books and burying Confucian scholars," and I appreciated learning the background of this discourse.

この本は「歴史とは何か」を考える上でも大きな示唆を与えてくれる一冊です。

Why not pick one up?

以上、「『中国の歴史03 ファーストエンペラーの遺産 秦漢帝国』~中国皇帝の誕生とその時代背景を学ぶのにおすすめ 」でした。

Next Article.

Click here to read the previous article.

Related Articles

HOME