ヴラスタ・チハーコヴァー『プラハ幻景 東欧古都物語』プラハはなぜこんなにも美しいのか

カフカの街プラハとチェコ文学

ヴラスタ・チハーコヴァー『プラハ幻景 東欧古都物語』プラハはなぜこんなにも美しいのか

今回ご紹介するのは1993年に新宿書房より発行されたヴラスタ・チハーコヴァー著、村山恒夫訳『プラハ幻景 東欧古都物語』です。

早速この本について見ていきましょう。

プラハはなぜ美しい?

無血のビロード革命を遂げた市民の目がとらえる古都の現在。「ハヴェル大統領のプラハ」を新たに収録。好評のロングセラー、待望の新版発行

錬金術師が、パタフィジシャン(空想科学者)が、カフカが生きた街プラハ。

古代・中世・現代が交錯する、百塔の都プラハ。

プラハっ子の美術評論家がその魅力をあますことなく語る。

東欧の古都プラハの新しいロマンティック・パノラマ


新宿書房、ヴラスタ・チハーコヴァー、村山恒夫訳『プラハ幻景 東欧古都物語』帯より

この本は言葉に尽くせぬほど美しい街プラハの魅力とその秘密を余すことなく解説してくれる作品です。

そして驚きなのが、あの松本清張がこの本の紹介文を書いているということです。

ボヘミアの名は日本では早くから抒情的な連想をともなって知られている。

だがこの地へ日本人の訪間者は少なく、まとまった紀行文が出ていない。

著者はプラハ生れの女性ジャーナリストで、東京に長く生活したこともあって、日本人の感情性格を親友のように理解している。

この本には、プラハを中心に「霧の多い国」から生れたファンタジーに富むさまざまな説話が語られている。

未知のボヘミアの神秘を、著者は近代感覚で表現する。

その流麗な文章に、だれもがこの国のとらわれびととなろう。

作家 松本清張

新宿書房、ヴラスタ・チハーコヴァー、村山恒夫訳『プラハ幻景 東欧古都物語』より

この紹介文のなんと味わい深いこと・・・!

この本は上の目次にもありますようにプラハの街の成立時の伝説や神話から、中世、現代へとつながるプラハの知られざる歴史や文化を見ていくことになります。

私も2019年にプラハを訪れ、その美しさに魅了された一人です。

ただ、その時はまだまだ勉強しきれなかったこともあり、見逃してしまった場所や素通りしてしまった場所が多々あったのでした。

この本を読んでいると、「あっ!ここ見たことある!」「ちょっと足を延ばせば行けたのになぁ・・・!」という場所がいくつも出てきました。

写真やイラストも豊富で、読んでいてとても好奇心がそそられる内容となっています。

そして建物や歴史的スポットの興味深い歴史もさることながら、プラハの伝統工芸のガラス細工の奥深さも読んでいてとても面白かったです。

また、当ブログでも紹介してきたチャペック、ハシェクなどの文学者の話や、プラハにおける文学、芸術、精神性の解説もかなり詳しく語られるのでこちらも非常に参考になります。

巻末の「ハヴェル大統領のプラハ」というコラムも素晴らしいです。現地のことを詳しく知る著者ならではの視点から見た新生チェコの姿が語られます。一見華々しく見えるビロード革命の成功の影で難しい舵取りが要求されている微妙な政治状況をここで知ることができます。

ハヴェル大統領についてはこれまでも当ブログで紹介してきました。彼の主著『力なき者たちの力』は驚くべき名著です。そんな彼の違った側面をこのコラムから感じることにもなりました。

チェコをもっともっと知りたい方にとてもおすすめな1冊です。かなりディープなプラハを知ることができる作品です。

以上、「ヴラスタ・チハーコヴァー『プラハ幻景 東欧古都物語』プラハはなぜこんなにも美しいのか」でした。

前の記事はこちら
大鷹節子『チェコとドイツ 愛と憎しみの関係』今も続く大国ドイツによるチェコへの圧迫

関連記事
大鷹節子『私はチェコびいき 大人のための旅案内』ープラハに行くならぜひおすすめしたい1冊!
クラウス・ヴァーゲンバッハ『カフカのプラハ』カフカゆかりの地巡りのお供におすすめ!ファン必見のプラハ案内
海外旅行に絶対オススメ!百塔の街プラハ 世界一周記チェコ編一覧
『鉄のカーテン 東欧の壊滅1944-56』戦後のソ連体制下の東欧を知るのにおすすめ!
ヴィクター・セベスチェン『東欧革命1989 ソ連帝国の崩壊』共産圏崩壊の歴史を学ぶのにおすすめ!
『「連帯」10年の軌跡 ポーランド・おしつぶされた改革 チェコスロバキア 』~プラハの春の流れを知るのにおすすめ

ジョセフ・クーデルカ『プラハ侵攻1968』傑作写真集!プラハ市民はいかに戦車と向き合ったのか!
クンデラ『存在の耐えられない軽さ』あらすじと感想~プラハの春以後の共産主義支配の空気を知るために
春江一也『プラハの春』あらすじと感想~これを読めばプラハが好きになる!
驚異の名著!V・ハヴェル『力なき者たちの力』チェコ大統領による必読エッセイ~知らぬ間に全体主義に加担する私たち
ローラン・ビネ『HHhH』あらすじと感想~ナチス占領下プラハでのナチ高官暗殺作戦を描く傑作小説!

HOME