さよならタンザニア ありがとうアフリカ~次の目的地はイスタンブール!タンザニア編⑨

タンザニア編

さよならタンザニア ありがとうアフリカ~次の目的地はイスタンブール! 僧侶上田隆弘の世界一周記―タンザニア編⑨

3月31日早朝、ホテルを出発しキリマンジャロ空港へ。

次の目的地はトルコ、イスタンブールだ。

1年半も前からずっと楽しみにしていたアフリカとも、もうおさらばだ。

名残惜しさがこみ上げてくる。

そんなぼくを見送ってくれるかのように、朝日に染まったキリマンジャロ山が顔を出す。

最後の最後まで美しい景色をありがとう、タンザニア。

そして今回のタンザニアでは「みんなのサファリ」というツアー会社さんに入国から出国までの全日程をコーディネイトしていただいた。

ぼく一人だけでは絶対にこの旅は不可能だったと、現地に来て改めて思った。

日本とはあまりにも環境が違い、とまどうばかりだった。

そんな時にもずっとサポートしてくださる人たちがいる。

このことがどれだけ心強いことか。

今回の日程でぼくをサポートしてくれたドライバーのエマニュエルさん(左)と日本語ガイドのラマさん(右)。

エマニュエルさんは穏やかな方で、いつもぼくの体調を気にかけてくださり、その心遣いがとてもありがたかった。

初めてのアフリカで緊張していたぼくがリラックスして楽しめたのも、エマニュエルさんの優しい心配りがあったからこそだ。

ラマさんはとにかく日本語が上手。そしてびっくりするほど目がいい。

僕が双眼鏡を使っても見えないような場所にいる動物も見つけてしまう。

「あそこにいるのがサイですよ~見えますか~?」

の一言には度肝を抜かれた。正直、双眼鏡で眺めたあれが本当にサイだったのか、ぼくには今でもわからない。

ラマさんの解説のおかげでタンザニアのことをより深く学ぶことが出来た。

ただ雄大な景色を見るだけではなくて、ラマさんがいることでそこに知識も与えてくれる。

さらに、何を見るべきかのアドバイスも的確だ。漠然と見るよりずっと見え方がクリアになる。

やはりガイドさんの存在は大きい。依頼して本当によかった。

そして何より、「みんなのサファリ」を立ち上げた斎藤 裕美(ヒロミ)さん。

ぼくにとってこの方の存在は今回「みんなのサファリ」さんに依頼する上で決定的に重要だった。

というのも、こちらの「みんなのサファリ」さんのHPをご覧になっていただきたい。(※残念ながら2020年8月をもって閉店されたそうです・・・)

特に「サファリビジネスの裏側」と「サファリを通して伝えたいこと」というメッセージがぼくにとってはとても大きなものだった。

これらはサファリという話に限るものではなく、僕たち日本人に向けての強烈なメッセージであるように僕は感じた。

斎藤さんの仕事に対する理念は本当に素晴らしいと思う。

海外でこういう形で活躍している方がいることにとても刺激を受けた。

だからこそ、「みんなのサファリ」さんにコンタクトを取った。

そしてその選択は間違っていなかった。

本当に素晴らしい時を過ごすことが出来た。

この場を借りて改めて心よりお礼申し上げたいと思います。

ありがとうございました。

そしてここまで記事を読んでくださったみなさんにも感謝申し上げます。

ここから先も、現地での体験を言葉にしてお伝えできるように精一杯頑張ります。

これからもお付き合い頂ければ嬉しい限りです。

さあ、いよいよアフリカの地を離れる。

これから先、どんな旅になるのだろうか。

さよならタンザニア。ありがとうアフリカ。

続く

次の記事はこちら↓

関連記事

HOME