2020年4月

親鸞とドストエフスキー

私とドストエフスキーの出会い⑶ 世界一周の旅とドン・キホーテの理想、そしてドストエフスキーへ

前回の記事では私とドストエフスキーの出会いについてお話ししました。 当時、私は20歳の大学二年生でした。 『カラマーゾフの兄弟』の大審問官の問いは私の中に鮮烈に刻まれることになりました。 しかし、やはり私にはまだあまりに…