Yoshio Sugimoto, "Becoming a Fatalist in Sri Lanka: An Island of Buddhism and Caste" - recommended for learning about Theravada Buddhist funerals and local religion and life!

Become a fatalist in Sri Lanka Buddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

杉本良男『スリランカで運命論者になる 仏教とカーストが生きる島』概要と感想~上座部仏教の葬儀や現地の宗教と生活を知るのにおすすめ!

今回ご紹介するのは2015年に臨川書店によって発行された杉本良男著『フィールドワーク選書14 スリランカで運命論者になる 仏教とカーストが生きる島』です。

Let's take a quick look at the book.

仏縁か、それとも運命なのか――
奇蹟的な出会いを繰り返し、はからずも人類学者は運命論者となる。スリランカ、インドでの30年の実地調査で足を踏み入れたのは、権謀術数うずまくイデオロギーと政治の世界だった。社会の基礎をなす言語、宗教、カースト制度を読み解きながら、南アジア地域を覆うナショナリズムの趨勢とその生活に迫る。

AmazonProducts Page.

This book is a valuable work that provides an insight into the religion of Sri Lanka and the real lives of the local people.

The religion of Sri Lanka is Theravada Buddhism, which is different from the Mahayana Buddhism that was introduced to Japan. The Theravada Buddhism itself is not discussed here, but it is often said that Theravada Buddhism is characterized by its beliefs being close to the teachings of the primitive Buddhism that originated in India.

Sri Lanka is often seen as a so-called holy land of Theravada Buddhism, but this book discusses how Buddhism is actually practiced there and how the local people interact with the Buddhist cult.

本書は書名にもありますように「フィールドワーク」を中心にした作品です。このことについて著者は「はじめに」で次のように述べています。

人類学は、「いまそこ」に暮らす生身の人間の生活のリアリティを唯一無二の「根拠」とする学問であるから、「フィールドワーク」によって、異郷の生身の身体をもつ人間と直接交流することが不可欠である。そして、人類学は、人との出会いと別れを繰り返す学問でもある。人類学は、研究者が見知らぬ土地で、見知らぬ人びととつながりを持ち、ひいては人類、人間が抱えるさまざまな問題を考えようとする学問だからである。人類学者の思考はつねに、調査地から出発し、調査地に足場をおき、調査地に帰る。そして、自分の故地に帰ってもさらに考え続けている。「フィールドワーク」とは、単に資料を蒐めるための営みなのではなく、人類学にとってのアルファでありオメガなのである。(中略)

本書の各章では、一九八一年からのスリランカでの経験を中心に、その後のインドでの調査の経験も「比較」材料として示しながら、三章九節にわたってお話することにしたい。

臨川書店、杉本良男『フィールドワーク選書14 スリランカで運命論者になる 仏教とカーストが生きる島』P8-10

著者は実際に現地に赴き、そこで人々と接しながら現地の宗教や生活文化そのものについて見ていきます。文献だけではわからない現地の微妙な問題や曖昧な部分まで見ていけるのが本書の魅力です。

特にスリランカにおける葬儀や結婚などの儀礼についてのお話は非常に興味深かったです。

よく「原始仏教では葬式をしないのだから日本の仏教はおかしい。そんなのは仏教ではない。タイやスリランカなどの上座仏教を見習わなければならない」という批判がネットやSNS上では出回るのですが、タイもスリランカも仏教教団が葬儀を行っています。特にこのスリランカでは年忌法要も行われており、死と仏教が強く結びついていることが明らかにされます。

「葬式仏教はだめだ」という批判がかねてからされがちではありますが、本来、「生と死」は一体のものです。死があるから生があり、生があるから死もあるのです。その「死」を通して生のあり方を問うていくというのは大切な営みです。葬儀はその「死」を通して「生」を問うていく大切な場です。葬式仏教への批判もありますが、これは人生において最も厳粛な「死」という問題に真っ向から向き合った結果でもあるのです。

It was very interesting to see from the perspective of fieldwork that Buddhism is deeply connected to the issue of "life and death" in Sri Lanka as well.

Another gratifying aspect of this book is that you can learn about Sri Lanka's religion and real life not only from a religious perspective, but also from a political and economic one. If you look at Sri Lanka only as "a devout Buddhist country," you will be mistaken. In fact, the background of Sri Lanka is quite complex. It is also fascinating to learn about the complexity of the society.

This is a good book I have come across. It has made me more and more interested in Sri Lanka. I think this book will be a great inspiration for those who actually visit Sri Lanka.

ぜひおすすめしたい一冊です。ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

以上、「杉本良男『スリランカで運命論者になる 仏教とカーストが生きる島』~上座仏教の葬儀や現地の宗教と生活を知るのにおすすめ!」でした。

Next Article.

Click here to read the previous article.

Related Articles

HOME