British and German Literature, History and Culture

恐怖の谷British and German Literature, History and Culture

Conan Doyle's "Valley of Fear" Synopsis and Comments - My favorite in the Sherlock Holmes series!

タイトルにも書きましたが今作『恐怖の谷』はシャーロック・ホームズシリーズの中で私が最も好きな作品です。

この本の巻末解説に「一般にはドイルの代表作と見なされている『バスカヴィル家の犬』よりも、この作のほうに愛着をもつ評者もあるらしいのである」と書かれていましたが、まさに私もその一人です。

It is true that "The Hound of the Baskervilles" is probably better known and more popular. Until I read "The Valley of Fear," I too thought of Holmes as "The Baskervilles.

But after reading "Valley of Fear," I was completely hooked on the fun of this work, and that is exactly why I read it over and over again.

バスカヴィル家の犬British and German Literature, History and Culture

Conan Doyle's "The Hound of the Baskervilles" Synopsis and Thoughts - The best of the best mystery novels! One of the most popular Holmes series!

今から100年以上も前に書かれた『バスカヴィル家の犬』ですが、この作品は今なお多くのファンに愛され続け、ホームズの長編小説において最も高く評価されている作品でもあります。

まず、そもそも本のタイトルがいいですよね。『バスカヴィル家の犬』という何ともミステリアスでキャッチーなフレーズ。

そして話の冒頭から謎が謎を呼び、ホームズですら苦戦する厳しい展開。敵はあのホームズを煙に巻くほどの相当な手練れです。

また、物語の舞台もこれまた秀逸です。いかにも何か起きそうな不気味な空間。自然環境と人為が絡み合った恐ろしい舞台装置は読者を常にハラハラさせます。

これは読んで間違いなしの名作です。

シャーロック・ホームズの冒険British and German Literature, History and Culture

Conan Doyle's "The Adventures of Sherlock Holmes" - The first short story collection with gems such as "The Ugly Tales of Bohemia" and "The Red Hair Guild".

今作『シャーロック・ホームズの冒険』は『緋色の研究』、『四つの署名』で大ヒットしたシャーロック・ホームズシリーズの最初の短編集になります。

最初の短編集でありながらそのクオリティは折り紙付き。これからいくつも短編集が出るのでありますが、その中でも今作はベストなのではないかと思うほど面白いです。

My favorite case among them is still "The Ugly of Bohemia". First of all, the title is ridiculously stylish. I take my hat off to the translator's sense of word choice.

You can read the book at a leisurely pace, one a day, or read it all at once, and enjoy it in different ways.

読書初心者にも自信を持っておすすめできる名作短編集です。ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

Four SignaturesBritish and German Literature, History and Culture

Conan Doyle's "The Four Signatures" Synopsis and Comments - The Great Thames Chase! The second film that defined the Holmes series serial!

シャーロック・ホームズシリーズはこの『四つの署名』の誕生によって連載への道筋が開かれていくことになります。

この作品も前作同様ホームズの名推理が冴えわたるのですが、今作では手に汗握るアクションシーンも登場し、よりエンタメ感の強い作品となっています。犯人との直接対決であるテムズ川での追跡シーンは臨場感たっぷりで映像的な楽しさも味わうことができます。川での追跡というと同じイギリスの文豪ディケンズの『大いなる遺産』が有名ですが、その名シーンをオマージュしたかのような迫力ある追跡です。

ホームズ・シリーズ連載のきっかけとなった『四つの署名』はエンタメ感満載の名作です。ぜひこちらもおすすめしたい一冊です。

A Study in ScarletBritish and German Literature, History and Culture

Conan Doyle's "A Study in Scarlet" Synopsis and Comments - The memorable first novel in the Sherlock Holmes series!

Recently, I have been asked more and more often, "I don't usually read books, but are there any interesting novels that are easy to read even for me?

特にこの『緋色の研究』はシリーズ第一作目ということで次に繋がる作品でもあります。この作品を入り口にシャーロック・ホームズシリーズやミステリーに手を伸ばして頂ければ私としては何より嬉しく思います。ミステリー小説の面白さを知るにはこの作品は最適です。

mountain where monsters roamBritish and German Literature, History and Culture

Thomas Mann's "The Devil's Mountain" Synopsis and Comments - What is life? A hodgepodge of strong personalities! A masterpiece of German literature!

この小説は私にとって非常に大切な作品です。私の「十大小説」を選ぶとすれば『魔の山』は確実にその中に入ることでしょう。それほどこの作品は力強く、強烈なインパクトがあります。とにかくスケールの大きな作品です!

I first read this book when I was a graduate student. I had been wanting to read a profound novel about life issues, and this was the one I suddenly came across. I was originally interested in Thomas Mann, having read "Death in Venice" as a student and having heard his name mentioned in connection with Goethe.

そしてこの本と出会い、私は忘れられない一節を心に焼き付けることになったのです。

British and German Literature, History and Culture

Harumi James, "The Scarlet Queen" - Recommended biography to learn about the life of Mary, Queen of Scots, a tragic, too tragic woman.

悲劇的、あまりに悲劇的!

この伝記を読んで私は思わず頭を抱えてしまいました。

こんなに悲劇的な人生があるだろうかと思わず涙が出そうになってしまいました。

この伝記で描かれるメアリ・ステュアートがあまりに魅力的で、こんな偉大な人物がどうしてここまで悲劇的な目に遭わなければならないのかと運命を恨みたくなります。

この伝記はぜひぜひおすすめしたいです。ジェイムズ治美さんの語り口も素晴らしく、あっという間に引き込まれてしまいました。この本を読めばイギリス・スコットランドの見え方が変わってくるほどです。ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

British and German Literature, History and Culture

リチャード・キレーン『図説 スコットランドの歴史』~写真多数!イギリス・スコットランドの関係性を知れるおすすめの参考書

この本の特徴はまず何といっても写真や絵が豊富で、歴史をイメージしやすいこと。そしてイングランドとの関係性に力点を置いている点が挙げられます。特にシェイクスピアが好きな私にとっては16世紀から17世紀にかけてのイギリス王家の流れに興味があったので、スコットランドという違う視点からイギリスを見れたのでこれは非常に興味深いものでした。

British and German Literature, History and Culture

新井潤美『ノブレス・オブリージュ イギリスの上流階級』~イギリス上流階級の実態を解説するおすすめ作品!

知っているようでほとんど知らないイギリス上流階級。

彼らは一体いかなる存在なのか。

貴族の称号はどのような仕組みなのか、遺産相続の仕組みはどうなっているのか、カントリーハウスの成り立ちや今それをどのように維持しているのかなどなど、刺激的な情報が満載です。これは面白いです!イギリス文化を知る上で非常に興味深い作品です。ぜひぜひおすすめしたい1冊です。

British and German Literature, History and Culture

Junichi Tsujimaru, "England = Lake District: A Tale of Four Seasons" - A book with many photos of the beautiful English countryside!

この本はピーターラビットや詩人ワーズワースで有名なイギリスの湖水地方を写真家辻丸純一氏が旅し、たくさんの写真と共にその魅力をお伝えする作品です。

先に申しておきますがこの本は危険です。

読んだらものすごく現地に行きたくなります。

思わず「うわ~」と声が漏れてしまうような素晴らしい写真が満載です。ぜひおすすめしたい作品です!