Emile Zola, the blog author's favorite author.

Emile Zola, the blog author's favorite author.

Emile Zola's "Paris" Synopsis and Comments - From Lugon McCall to Beyond! This is Zola! How does a serious confrontation with religion end!

Paris" is the culmination of Zola's work on the "Lugon McCall Series. It is a work that is full of Zola's character, and one might be tempted to call it "THE Zolaism.

I feel that Zora is exactly what Japan needs today.

Perhaps no other writer has analyzed the workings of society as dispassionately as Zola and sought justice and truth.

Paris" is the best work I've ever seen. It made me love Zola even more. I hope it will spread to many people.

Emile Zola, the blog author's favorite author.

Synopsis and Comments on Zola's untranslated work "Rome" - Zola's indictment of the Vatican, which criticized the corrupt Vatican and inspired religious figures to rise to the occasion.

ゾラはルルドの泉での体験から『ルルド』、『ローマ』執筆へと向かっていくことになります。

そしてバチカンによって『ルルド』が公式に禁書目録に載せられたにも関わらずわざわざローマまで赴き、改革を直訴しに行くゾラ。ここに彼の本気さや、いかに彼が真剣に宗教に対して思う所があったかがうかがわれます。

今作はそんなゾラの思いが込められた作品であり、「三都市双書」最終巻『パリ』へと繋がっていく作品になります。

Emile Zola, the blog author's favorite author.

Synopsis and Impressions of Zola's Untranslated Work "Lourdes" - How Zola, who values scientific analysis, viewed the "Miracle of the Fountain of Lourdes".

さて、今回ご紹介する『ルルド』は実はまだ邦訳がなされておりません。

なぜこの作品を読んでもいないのにあえて紹介しようとしたのかといいますと、この『ルルド』を含む「三都市双書」がゾラの宗教観を考えていく上で非常に重要なものとなっているからなのです。

「三都市双書」は最終作『パリ』だけが邦訳されていて、前二作は未だ邦訳されていません。ぜひぜひ邦訳されることを願ってという意味もこの記事に込めています。

Emile Zola, the blog author's favorite author.

Alain Pagès, "The Dreyfus Affair: Truth and Legend" - Falsification of documents and fabrication of evidence by the state - This is the book to learn more about the Dreyfus Affair!

この作品では多種多様な観点からドレフュス事件を見ていきます。

エミール・ゾラとドレフュス事件についてのつながりもこの本では知ることができます。

そして嬉しいのは映画『オフィサー・アンド・スパイ』についても言及がある点です。この映画はフランスで2019年に公開されたものなので、その映画の内容も踏まえて加筆されたのが邦訳出版された今作になります。

映画を観た時の記憶と重ね合わせながらこの本を読むのは非常に興味深いものがありました。これはぜひおすすめしたいです!

Emile Zola, the blog author's favorite author.

Zola Fan's Must-See Movie "Officer and Spy" Synopsis and Comments - "I Impeach! A masterpiece about the famous Dreyfus Affair in the

文書改竄 証拠捏造

‟あなたが知らない世紀のスキャンダル”

巨大権力と闘った男の命がけの逆転劇

この作品はフランスの文豪エミール・ゾラによる「私は弾劾する!」の言葉で有名なドレフュス事件を描いた映画になります。

ぜひ観に行きましょう!ゾラファンは必見です!そうでない人にも、特に若い世代にも見てほしい作品です!

Emile Zola, the blog author's favorite author.

Kazuo Ozaki, "Zola: Person and Thought 73" - Recommended biography to learn about Zola's life, characteristics, and the Dreyfus Affair!

文学史上、ゾラほど現代社会の仕組みを冷静に描き出した人物はいないのではないかと私は思っています。

この伝記はそんなゾラの生涯と特徴をわかりやすく解説してくれる素晴らしい一冊です。ゾラファンとしてこの本は強く強く推したいです。ゾラファンにとっても大きな意味のある本ですし、ゾラのことを知らない方にもぜひこの本はおすすめしたいです。こんな人がいたんだときっと驚くと思います。そしてゾラの作品を読みたくなることでしょう。

Emile Zola, the blog author's favorite author.

Kimiko Shinseki, "Cézanne and Zola: Their Art and Friendship" - A recommended work that examines whether his best friend Cézanne Zola really abstained!

この本はゾラとセザンヌに造詣の深い著者が、親友であったゾラとセザンヌが本当に絶交していたのかということを検証していく作品です。

この本ではそのことについて驚きの事実が語られます。私もこの本を読んで仰天しました。

印象派絵画に興味のある方にも、ゾラの小説に興味のある方にもぜひぜひおすすめしたい作品です。印象派とゾラがつながる素晴らしい作品です。

Emile Zola, the blog author's favorite author.

Read "Department Stores Finally Enter 'Era of Great Store Closures,' Tokyo Shoko Research Explains" on Yahoo!

ゾラの『ボヌール・デ・ダム百貨店』と鹿島茂氏の『デパートを発明した夫婦』を読めば百貨店の誕生の過程やその繁栄の秘密をかなり詳しく知ることができます。

私は経済学者でもビジネスの専門家でもありませんのでこうしたことを言うのは僭越なこととは思いますが、文学、思想、社会という視点から百貨店を見ていくのも非常に興味深いことなのではないかと思います。

ニュースを見て改めてゾラの視点というのは現代にも必ず生きてくると感じた今日この頃でありました。

Zola and DostoevskyEmile Zola, the blog author's favorite author.

Emile Zola and Dostoevsky Summary - Reading the "Lugon McCall Series

この記事ではゾラとドストエフスキーについての所感をまとめています。

I myself never thought I would go this far with France, so I am very satisfied with the unexpected harvest, even though I feel that I have come a long way.

To be honest, I never really liked France, but now I find myself rather liking it. I am ashamed to say that I now have an itch to go to Paris.

It is not that I did not like to eat, but the experience reminded me that when you get to know a person well, you can see unexpected good points.

Taiji KimuraEmile Zola, the blog author's favorite author.

Taiji Kimura, "The Revolution of Impressionism" Zola and French Impressionism: Cézanne, Manet, and Monet

In the previous articles, we have considered various aspects of "why Zola is minor and Dostoevsky is popular in Japan," but this time we will change our perspective a bit and talk about Zola and French Impressionist paintings.

私はゾラに興味を持ったことで印象派絵画に興味を持つことになりました。

それとは逆に、印象派絵画に興味を持っている方がゾラの小説につながっていくということもあるかもしれません。ぜひともおすすめしたい記事です